南仏のアルルへ来た。ゴッホが数多くの名作を描いた町。中心にある広場では昼下がり、ストリート・ミュージシャンがソプラノ・サックスで甘い恋の歌を吹いていた。