« ロサンゼルスの旅 | トップページ | サンタフェの旅 2 »

2008年8月26日 (火)

サンタフェの旅 1

0808051w

ニューメキシコ州サンタフェの町は、すべての建物がプエブロ・インディアン・スタイルで統一されている。この家はその原点となるもので、1646年に建てられた「アメリカ合衆国最古の建物」。

日干し煉瓦でつくられ、梁が外壁から飛び出しているのが特徴だ。

0808052w

建物の内部。

0808053w

新しい家もすべてこのスタイル。

もともとプエブロ・インディアンが暮らしていたサンタフェは、その後、スペインやメキシコに侵略された。その結果、3種の文化が混交してサンタフェ独特の雰囲気をつくりあげている。町を歩いていて、なにより白人の匂いがしないのが面白い。

もっとも現在は町なかに住む先住民は少なく、白人の観光客(しかもシニア世代)が多い。

0808056w

いたるところ花がいっぱい。

08080510w

こちらはホテルのベランダ。

0808059w

ホテルの部屋。カーテン越しの柔らかい光で目が覚めた。

0808054w

サンタフェ最古の教会であるサン・ミゲル教会。

0808055w

教会の内部。

0808057w

たそがれ時のメイン・ストリート。

0808058w

町の中央にある広場ではサルサ・バンドが演奏し、人々が楽しそうに踊っていた。小さな女の子がサルサのリズムに合わせてくるくる舞っている。

|

« ロサンゼルスの旅 | トップページ | サンタフェの旅 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/42275695

この記事へのトラックバック一覧です: サンタフェの旅 1:

« ロサンゼルスの旅 | トップページ | サンタフェの旅 2 »