« 『アレクサンドラ(Alexandra)』 | トップページ | ブルックリンご近所探索・21 »

2008年4月 9日 (水)

ブルックリンご近所探索・20

0804061w

日曜の午後、今日から新しくフリーマーケットが始まるというので、散歩がてら出かけてみた。アパートから歩いて10分ほどの住宅街にある、ビショップ・リンカーン・ハイスクールの校庭。寒さが戻り、今にも冷たい雨が降り出しそうな空だったけど、100軒近い露店が思い思いに店を広げている。

0804062w

(後ろは高校の校舎)

古着、照明器具、レコード、陶磁器、家具、カメラ、食器、絵葉書、シューズ、天井の飾り板を細工した鏡、一枚板のドア(3500ドル! の値がついてた)……。あらゆる日用品が売られている。なかには、そのへんで拾ってきたんじゃないの? ってな品物もあるけど、こちらの人が古いものをうまく使いまわしするのには感心するね。

友達に譲ってもらったんだろうか、古くて大きな家具や家電を重そうに運んでいる姿に地下鉄や路上でよく出会うし、レストランやライブハウスへ行っても、不揃いの椅子やテーブルを使っている店がよくある。手づくり感覚で、それをお洒落に見せるセンスが憎い。

プロ化(?)しているマンハッタンのフリーマーケットと違って、売り手も素人の雰囲気をただよわせているのには好感が持てた。

|

« 『アレクサンドラ(Alexandra)』 | トップページ | ブルックリンご近所探索・21 »

ブルックリンご近所探索」カテゴリの記事

コメント

今後徐々に古い小物(ガラクタ?)のお店がもっと増えるそうです。
私が$3で買ったFire Kingのグレイビーソースボードは日本のサイトで¥7800の値が付いていましたよ。
それにしても寒かったですね。

投稿: yucca | 2008年4月 9日 (水) 21時40分

私もちょっと心惹かれた陶器の花瓶があったのですが、あと数カ月で帰国することを考えると踏んぎれず、部屋に帰ってザクロ・ジュースの瓶のラベルをはがして花を活けました。

三寒四温という言葉はこちらの春にも当てはまりますね。

投稿: | 2008年4月10日 (木) 05時48分

>私もちょっと心惹かれた陶器の花瓶があったのですが

え・・、NYの思い出に買っとけばよかったのに・・。船便とか宅急便?とか、荷物はまとめて送れないんでしょうか?
帰ってから、NYのフリマグッズで一商売するなんてどうでしょう。

投稿: aya | 2008年4月12日 (土) 23時52分

考えてみれば、そうですよね()。なにせこちらでは倹約生活が身についてる(?)から、身軽でいたいという思い込みが先行して。

知り合った韓国人の男の子は、スケボーとかシューズとかでそういう商売してますよ。

投稿: | 2008年4月15日 (火) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルックリンご近所探索・20:

« 『アレクサンドラ(Alexandra)』 | トップページ | ブルックリンご近所探索・21 »