« メトロポリタン通い・5 | トップページ | 『パラノイド・パーク(Paranoid Park)』 »

2008年3月17日 (月)

スティーブ・キューンを聴く

0803151w

スティーブ・キューン(Steve Kuhn)は、僕がいまいちばん好きなジャズ・ミュージシャンだ。スタンダードをリズミカルに弾くときも、自分の曲をやや実験的な音使いで演奏するときも、いつも新鮮なフレーズで型にはまらず、しかも楽しいジャズを聴かせてくれる。

東京で2度ほど聴いたことがあるけど、そのときのトリオは若いメンバーで、しかも1度は女性ヴォーカルのバックだった(もったいない)。この日バードランドに出たトリオは、ベースにロン・カーター、ドラムスがアル・フォスターと、これ以上は望めないメンバーで、2年前に出たアルバム「Live at Birdland」と同じ場所、同じトリオ。

濃紺の地味なスーツでステージに上がったスティーブは2年前のライブにさらりと触れ、来年もまたここへ戻ってこられるといいんだけど、と淡々とした口調で加えた。

ロン・カーターは、スティーブの紹介と客席の拍手にもほとんど表情を変えず、目をつむったまま顔をベースの棹に近づける。シャイな彼らしい。アル・フォスターもちょっと笑顔を見せただけで、いかにも大人のトリオといった印象。さりげなく、静かに演奏が始まる。

「ライク・サムワン・イン・ラブ」などスタンダード2曲から入り、スティーブ・スワローの曲で「レディ・イン・メルセデス」。これがとてもリズミカルな曲で客席が乗る。次の自作曲では、低音で語るような歌をちょっとだけ披露し、アドリブも早弾きのフレーズを繰り返しながら次々に変化させてゆく表情豊かなもの。素晴らしい。

スティーブ・キューンのピアノを何と形容したらいいんだろう? 知的な抒情? 冷たい官能? うまく言い表せないけど、アフリカ系ピアニストのノリとはまったく別系統のクールな音。

アフリカ系ピアノのノリが聴き手の身体を直に揺さぶり、気がつけば身体が自然に動いているのに対して、スティーブの音を聴いているとまず脳が反応し、身体より先に脳が陶酔して、その後じわっと体全体に沁みてくる、と言ったら少しは分かっていただけるだろうか。彼のピアノに身も心も預けて聴いているのは無上の快楽なのだ。

このところ日本ではピアノ・トリオのスタンダード集が大人気で、毎月必ず何枚かの新譜が出る。スティーブ・キューンも例外じゃないけど、ほかのピアニストのアルバムは10回ほども聴くと飽きがくることが多いのに対して、彼のアルバムはこの10年ずっと聴いているけど、聴くたびに新鮮な感動をおぼえる。

ステージは一転してロン・カーターの静かな曲「リトル・ワルツ」。印象的なテーマをもった曲で、ロンのベースは相変わらずよく響く。アル・フォスターは控え目ながら、決めるべきところでびしっとと決める。

つづけてビリー・ホリデイが愛唱した「ドント・エクスプレイン」。最後は、自分が最初に働いたバンドのリーダーの曲と紹介して、ケニー・ドーハムの「ロータス・ブロッサム」。50年代ハードバップふうな曲が、スティーブの手にかかるととても現代的に聞こえるから面白い。

7曲、1時間半。なんとも贅沢なナイト・アト・バードランドでした。

ところで、彼はブルックリン生まれのブルックリン育ちらしい。そう聞くと、いっそう親近感が増す。

|

« メトロポリタン通い・5 | トップページ | 『パラノイド・パーク(Paranoid Park)』 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

若い頃、色んな音楽を聴いたけれど、最近はジャズが気分にしっくりくることが多々あって、年のせいとは思いたくないけど何なんでしょうか。。。少し古いけど「ノー・カントリー・フォー・オールドメン」の映画評を沢木耕太郎さんが新聞に書いてたけど、雄さんの評の方が、ずっとよかったですよ

投稿: aya | 2008年3月17日 (月) 13時41分

やっぱりジャズは大人の音楽だからじゃないでしょうか。若いころは背伸びしてそれに憧れたけど、今は身の丈に合っているというか。

お誉めの言葉ありがとうございます 僕は「ノー・カントリー」はアカデミー作品賞を取れない(暗いし、暴力的だし)と予想したんですが、取ってしまいましたね。こういう作品がアカデミー賞を取るとは、今のアメリカのなにごとかを反映しているのかも、という気がします。 

投稿: | 2008年3月18日 (火) 08時30分

僕は、今月70になりました。15年くらい前から、はまっております。最初に買ったCDが、STANDARDSでした。2年くらい放置しておりましたが、ある時、思い出したように聴き返して、非常に好きになりました。以来、ほぼ毎日、スティーブキューンとセションしています。長いことJAZZや音楽に携わってきましたが、良い所はもちろん、ちょっと薄い所(笑い)も含めて大好きなミュージシャンは彼をおいて他にはいないといった感じです。とんでもない所から始めるフレーズ、サックスの様な割り切れないリズムも魅力的です。そして何といっても超センスの良いハーモニーが堪りません!
特に好きな作品は、レイ・ドラモンデと演奏しているものですかね、、、ご覧になったセションでのステーブキューンは、やや、分が悪い感じが、、、前述のtrioは、本当に伸び伸びです(爆)!
ではでは。

投稿: ponpokodrums | 2020年5月 1日 (金) 01時50分

スーパーコピー
*当店の信用の第一
*商品の品質第一
*在庫情報随時更新!
*新品種類がそろっています。
*品質がよい、価格が低い、実物写真!
*100%品質保証 !
*全品送料無料
シャネル スーパーコピー n https://www.kopi567.com/goods-87873.html?from=rss

投稿: シャネル スーパーコピー n | 2022年8月27日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・キューンを聴く:

« メトロポリタン通い・5 | トップページ | 『パラノイド・パーク(Paranoid Park)』 »