« スーパー・チューズデー | トップページ | メトロポリタン通い・4 »

2008年2月 7日 (木)

『4マンス・3ウィークス・アンド・2デイズ(4 Months, 3 Weeks and 2 Days )』

4months2

暗く、淋しく、しかしどこに誰の目が光っているか分からない不気味さを感じさせる街。そんななかを、不安を抱えてさまよい歩く主人公の姿が圧倒的だ。

チャウシェスク独裁政権下のルーマニア。ブカレストの学生寮で、2人の女子学生が同室で暮らしている。その1人、ガビータ(ローラ・バシリュー、写真右)が妊娠してしまい、非合法の堕胎をしようとしている。

もう1人の女子学生、オティリア(アナマリア・マリンカ)がそれに協力する。恋人から闇の医者を紹介してもらい、ホテルの部屋を取る。監視されているフロントを通過して医者を部屋に連れてきたものの、所持金が不足していて、その分を体で支払うことを強いられる。

ストーリーそのものも辛いけど、そうしたことが学生寮やホテルや街路や路面電車の、何とも寒々とした風景のなかで進行する。『善き人のためのソナタ』もそうだったけど、社会主義政権下の、冷気が肌に沁みこんでくるような気配が実感できる。その冷たい空気感が、この映画のひりひりするような魅力だ。

手術直後のガビータを部屋に残して、オティリアは恋人の誕生日を祝いに彼のアパートを訪れなければならない。残されたガビータは無事なのか? 堕胎はうまくいったのか? このあたりはサスペンス・タッチで、見る者をはらはらさせる。

恋人の家にいたたまれず、暗い道を走ってホテルに戻るオティリア。堕ろした胎児をバスタオルにくるみ、処分する場所を求めて街をさまよい歩くオティリア。その姿を捉えるカメラは、彼女の動揺が乗りうつったように揺れ動く。そのカメラワークが素晴らしい。

2007年カンヌ映画祭のパルムドール受賞作。クリスチャン・ムンギウ監督の2作目だけど、前作はコメディーだったそうだ。1作目を見てみたい。

|

« スーパー・チューズデー | トップページ | メトロポリタン通い・4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

以前こちらにTBさせていただいたのですが
なぜかリンク切れとなっていたため、改めてもう一度させていただきました。申し訳ありません。
相互TB、どうもありがとうございました。

投稿: mameyamori | 2008年3月 4日 (火) 23時28分

いただいたTBがなぜか私の承認が必要なカテゴリーに分類されてしまい、日本にいる間ほとんど自分のブログを覗かなかったので失礼しました。

mameyamoriさんのブログ、楽しく拝見。映画や本の趣味がけっこう似ているかもしれませんね。外国生活という共通点もあるし、これからもちょくちょく訪問させていただきます。

投稿: | 2008年3月 5日 (水) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/40000905

この記事へのトラックバック一覧です: 『4マンス・3ウィークス・アンド・2デイズ(4 Months, 3 Weeks and 2 Days )』:

» ムンギウ監督『4ヶ月、3週と2日』レビュー:痛みと誤解と苦みの社会派リアリズム [Yamori on an Elephant's Back]
いつものごとくネタバレ満載。すでに見終わった方が読むことを想定して書かれた批評です。 ※ ※ ※  1987年、ルーマニア。大学の寮に住む女子学生二人が、せわしなく、どことなく神経質に、自室で時間をすごしている。二人はルームメイトなのだ。気の強そうなオティリアと、どうも不安げで頼りなげなガブリエラ。若者には似つかわしくない額の札束がふたりの間を行き交っている。  オティリアは外出し、恋人と会う。彼女にベタ惚れの様子の恋人だが、ふたりのあいだにはどこかすれ違いが感じられる... [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 06時14分

» 『4ヶ月、3週と2日』〜丸投げスパイラル〜 [Swing des Spoutniks]
『4ヶ月、3週と2日』公式サイト 監督:クリスティアン・ムンジウ 出演:アナマリア・マリンカ ローラ・ヴァシリウ ヴラド・イヴァノフ ルミニツァ・ゲオルジウほか 【あらすじ】(goo映画より)1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月15日 (土) 11時01分

» 4ヶ月、3週と2日 [シャーロットの涙]
第60回カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞したルーマニアのクリスティアン・ムンジウ監督作品 [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 16時39分

» 『4ヶ月、3週間と2日』 [ラムの大通り]
(原題:4 mois 3 semaines 2 jours) ----この映画、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したんでしょ。 変わったタイトルだよね。 「実は、このタイトルに意味があるんだけどね…。 すでにいろんなところで、ネタバレチックな紹介がされているけど、 ボクはこの映画は、あまり前情報を知らないで観た方がいいと思うな」 ----じゃあ、STORYも知らない方がいいの? 「うん。今日はここだけ抑えていればいいという ポイントを話そうかな。 舞台はチャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。 ... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 19時02分

» 4ヶ月、3週と2日/ 4 mois 3 semaines 2 jours [我想一個人映画美的女人blog]
カンヌ国際映画祭で、 最高の賞であるパルムドール受賞! おまけに、アカデミー賞外国語映画賞ルーマニア代表でノミネート。 3月に観たいリストに入れ忘れてたけど、それ聞いて興味がわいた。 妊娠中絶をテーマにした話ということしか知らずに観たけど、、、、、。 ちょっとネタバレあり{/kaminari/} どんなことがあっても、私は前を向いて歩きたい。全女性必見の勇気あるヒロインの物語。 なんて、劇場のポスターには書いてある。 けど、これちょっと違うんじゃない?? 観終わって思ったけど勇気... [続きを読む]

受信: 2008年3月23日 (日) 22時52分

» 『4ヶ月、3週と2日』 4 Luni, 3 Saptamani si 2 Zile [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
傷痕。 1987年のルーマニア、チャウシェスク独裁政権末期、女子大生のオティリアは、ルームメート、ガビツァの違法中絶を手助けする。これは、4ヶ月と3週と2日という期間が描かれているのではなく、長い長い1日の物語だった。去年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した時に、本作のあらすじを知り、ヘヴィーな題材のドラマであることは承知の上だったけれど、たった1日を描いている映画というのは予想外だったな。ほんの1日の出来事が、徹底したリアリティをもって描かれている。そして、私たち観客は、主人公オティリ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 23時42分

« スーパー・チューズデー | トップページ | メトロポリタン通い・4 »