July 07, 2020

在監者合葬の墓

Img_1424-2

さいたま市役所から西へ、市役所通りを数分歩いた住宅地の一角にフェンスで囲まれた墓地がある。中へは入れないが、3基の墓が建っていて、いちばん新しい墓に「在監者合葬之墓」と彫られているのが読める。裏には「明治四十四年 浦和監獄」とある。明治初期、埼玉県の県庁が浦和に置かれ、県庁や裁判所とともに監獄ができた。その獄中で亡くなった人たちを合葬したのがここだった。県庁に近い監獄から歩いて10分ほど。大宮台地の端、鯛ケ窪と呼ばれる谷の崖上にあり、今はびっしり住宅が建っているが、当時は畑か草原のなかだったろう。

古い2基の墓の横面と裏面にはびっしり人名が彫られている。調べると、そのなかに「村上泰治」「南関蔵」という名前があるかもしれない。2人は明治17年、「浦和事件」と呼ばれる事件の被告で浦和監獄で獄死した。

「浦和事件」といっても浦和で裁判が行われたからこう呼ばれたので、事件は群馬と秩父にまたがる。当時、自由民権運動が激しくなり、関東でも群馬、茨城、埼玉(秩父)の自由党員が急進化して政府転覆を訴え、武装蜂起を計画するグループも出た。そんななか、群馬の上毛自由党では党の機密がしばしば漏れる事態が起き、密偵が潜り込んでいるのではないかとの疑いが生じた。その疑いは、上毛地方にひんぱんに姿を現す自由党員・照山俊三に向けられ、ひそかに彼の殺害計画が練られた。上毛自由党の幹部は秩父の自由党員・村上泰治に、照山を秩父に誘い出して計画を実行することを依頼。村上はこれを引き受け、同志の南関蔵らと村上の自宅で照山を殺害した。逮捕された村上と南は浦和監獄に収監されたが、二人とも裁判中に獄死している(二人がこの墓に合葬されたかは分からない)。

この事件の後、群馬事件、秩父困民党事件、加波山事件など自由党員の蜂起が相次ぎ、いずれも弾圧された。秩父困民党事件で捕われた者も浦和監獄に収監されたという。

表示や説明が一切ないので、どんな場所かまったく分からない一角。散歩の途中で足をとめ、フェンスの外から手を合わせる。

 

| | Comments (0)

July 06, 2020

線路脇

Img_1407-2


散歩でよく歩く北浦和駅付近のJRは3複線で、京浜東北線、上野・東京ライン、新宿・湘南ライン、それに特急や貨物が走っている。線路際にはよく鉄道ファンがカメラを構えて列車を待ってる。今日はとりわけ多いので聞いてみたら、150メートルのロングレールを運ぶ貨物が来るんだそうだ。その瞬間をひとつ、と思ったら、皆さんが望遠レンズをつけシャッターを押してるときは、こちらのカメラに列車が写らない。列車が近づいたときには皆さん既に撮影を終えていた。

| | Comments (0)

June 30, 2020

アオサギ

Img_1403


雨が降りだす前にと散歩に出て高沼用水路を歩いていたら、遊歩道の脇にアオサギが立っていた。3本の用水路が走るこのあたりシラサギやアオサギがいるが、こんな近くで見たことはない。3メートルほどに近づいても微動だにしない。人慣れしてるというか。小魚か昆虫でも狙ってるんだろう。めったにない機会なのでしばらく眺めていたら、やおらとことこと歩きだした。

| | Comments (0)

June 23, 2020

元三大師の護符

Img_1390-2


京都に住むNさんから、「元三大師疫神病除」のお札が送られてきた。Nさんからは、去年私が病気だったときも道成寺の平癒祈願のお札をいただいた。ありがたく頂戴して、さっそく玄関の柱に貼りつける。

元三大師(十八代天台座主)誕生の地である玉泉寺(滋賀県長浜)の護符。歴史のなかで繰り返し襲ってきた疫病を退散させるため、元三大師自らが夜叉神になった姿をかたどっている。コロナ禍のなかで、そのお札を復刻したそうだ。もっと自由に旅行できるようになったら、いちど寺を訪れてみたい。

| | Comments (0)

June 20, 2020

力石

Img_1384-2


昨日一日の雨のあと、朝からこの時期にめずらしく空気の澄んだよい天気。与野・大宮方向へ散歩する。

国道17号沿いに中里稲荷神社がある。浦和宿と川越を結ぶ街道にあった中里の鎮守で、境内に「力石」が2つ置かれている。村人が力くらべした石で、「明和二乙酉(1765) 二十六貫目(97キロ)」と刻まれている。もうひとつの石には「二十七貫目(101キロ)」。米俵1俵が60キロだから、かなりの重さ。石の挙げ方にも片手さし、両手さし、肩上げなどのやり方があったという。

40年ほど前、司馬遼太郎さんとバスクを旅したとき山村で祭りに出会い、誰がいちばん早く斧で丸太を割れるか、男たちが力比べをしていたのを見物したことがある。ヨーロッパ古層の文化を残すバスクでは、たぶん今もこの競争がおこなわれているだろう。この神社の力石挙げは、いつごろまでやられていたのだろうか。

| | Comments (0)

June 02, 2020

青梅のハチミツ漬

Img_1337-2


今日は青梅のハチミツ漬をつくる。青梅のヘタを取り、フォークで穴を開ける。熱湯消毒した瓶に詰め、ハチミツを入れれば、あとは待つだけ。梅雨明けには飲めるようになるだろう。暑いとき、これを炭酸で割って飲むと美味。

| | Comments (0)

June 01, 2020

梅ジャムをつくる

Img_1326-2


梅ジャムをつくる。今年はわが家の梅の実がほとんど成らなかったので、市販の青梅を使って。ヘタを取り、柔らかくなるまで煮て種を取り、包丁でペースト状になるまで叩く。砂糖(てんさい糖)を加えて弱火でじっくり煮詰める。砂糖をレシピの半分ほどにしたので、かなり酸っぱいジャム。これが旨い。瓶4つできたので、3つは冷凍して秋まで食べられそう。

Img_1332-2

| | Comments (0)

May 30, 2020

今年のミニ畑

Img_1321-2

今年の畑にはミニトマト、ゴーヤ、春菊を植えてある。畑に種を直播きするので発芽が遅く、トマトはまだ20センチほど、ゴーヤは発芽して10日しかたっていない。実がなるのは7月か。春菊は成長が早く一度収穫した。ほかにシソ、ミント、レモングラスもある。写真には写ってないが、今年は初めて枝豆を育てている。今年の夏は冷えたビールと採りたての枝豆といけるかどうか。

| | Comments (0)

May 28, 2020

高沼用水路西へ

Img_1298

非常事態宣言は解除されたけれど、高齢者で病後リハビリ中の身としては、まだ出歩く気になれない。

というわけで、いつもの散歩道を少し遠くまで。30分近く歩いて上越・東北新幹線(埼京線)のガードを越えると、高沼西縁用水路が流れている。大宮から浦和にかけては、この用水路に沿って新幹線が建設された。ガキのころの行動半径の外縁に当たり、この水路を三番川と呼んでザリガニを採りにきた。かつて一面の水田だったこの一帯には高沼東縁用水路(一番川)、鴻沼川(二番川)、そしてこの西縁用水路と3本の灌漑用水が流れている。写真のあたりは市とNGOによって林が保存され、昭和30年代の風景が残っている数少ない場所。今も子供たちが蝶を追いかけたり、ザリガニ釣りをしている。

| | Comments (0)

May 24, 2020

高沼用水路へ

2005241w


わが家は大宮台地の端にある。自宅から荒川方向へ歩くと、いくつかの上り下りがあって台地が終わり、広い低地に出る。かつては一面の水田だったが、今は埼京線が通って住宅地になっている。そこに3本の小さな川が流れている。最初に渡るのが、この高沼用水路。徳川吉宗の時代に新田開発のため掘削された、長さ10キロほどの用水路だ。ガキのころは、「一番川」と呼ぶここまで遊びにきて鮒釣りをしていた。今は灌漑用水としての役割はとうに終わり、遊歩道として整備されている。流れのなかを、50センチ近い鯉が何匹も泳いでいる。


今週は日照がほとんどなかった。久しぶりに太陽が顔をのぞかせたので、用水路を散歩。とはいえ気になるニュースを聞いてしまったので、気分はいまひとつ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧