June 18, 2020

藤原辰史『カブラの冬』を読む

Kabura_fujiwara


藤原辰史『カブラの冬』(人文書院)の感想をブック・ナビにアップしました。

| | Comments (0)

May 17, 2020

W.H.マクニール『疫病と世界史』を読む

Ekibyou_william


W.H.マクニール『疫病と世界史』(中公文庫)の感想をブック・ナビにアップしました。

| | Comments (0)

May 12, 2020

7日間ブックカバーチャレンジ 7

Photo_20200512140701


[7日間ブックカバーチャレンジ]
#7days#Bookcoverchallenge#day7
7日目。バトンは、一緒に書評サイト「ブック・ナビ」をやっている相棒、内池正名さんに引き継ぎます。

中井久夫『記憶の肖像』(みすず書房)。『分裂病と人類』以来、精神科医である中井の著書を愛読している。専門的なものはハードルが高いけど、数年に一冊出版されるエッセイ集が楽しみ。「徴候」に敏感なこの人の本を読むと、知性というのはこういうものかと納得させられる。カバー写真は著者によるもの。

| | Comments (0)

May 11, 2020

7日間ブックカバーチャレンジ 6

Photo_20200511143701


[7日間ブックカバーチャレンジ]
#7days#Bookcoverchallenge#day6

6日目は色川武大『生家へ』(中央公論社)。阿佐田哲也として知っていた人物が、これや『怪しい来客簿』の作者と知ったときの驚きは今も忘れない。『麻雀放浪記』の背後にはこういう体験や夢魔が潜んでいたのか。装幀は色川が「懇望」して実現した画家の小山田二郎。読んでからカバーを見直すと、すとんと腑に落ちる。

| | Comments (0)

May 10, 2020

7日間ブックカバーチャレンジ 5

Photo_20200510125901


[7日間ブックカバーチャレンジ]
#7days#Bookcoverchallenge#day5

5日目。莫言『白檀の刑』(中央公論新社)は、『水滸伝』の伝統を今に蘇らせるパワフルな中国現代小説。時は清朝末期。処刑人一族の男たち女たちが血と汗と涙と鼻水と体液と糞便にまみれてのたうち回る。数々の処刑法の細密描写に鳥肌が立つ。装幀・渋川育由。

| | Comments (0)

May 09, 2020

7日間ブックカバーチャレンジ 4

Photo_20200509143001


[7日間ブックカバーチャレンジ]
#7days#Bookcoverchallenge#day4

4日目。『魔都の群盲』(北冬書房)は、3冊の単行本を残し38歳で亡くなった漫画家・湊谷夢吉の1980年代の作品集。6編が収録されてるけど、通底するのは1930年代への興味。陰謀渦巻く戦前の上海や旧満州を舞台に、男と女がうごめく。劇画タッチの絵に鋭い歴史意識。映画とメカニズムへの偏愛。ほかに怪奇譚やSFもある。いろんなものが生き急ぐように詰めこまれてるが、成熟して大河のように語る大長篇が読みたかった。装幀は著者。

| | Comments (0)

May 07, 2020

7日間ブックカバーチャレンジ 2

Photo_20200507130001


[7日間ブックカバーチャレンジ]

#7days#Bookcoverchallenge#day2

音楽の魅力を言葉で伝えるのは、自分でやってみて愕然とするけど難しいのなんの。それがジャズの分野でピカイチだと思うのは平岡正明。彼の『昭和ジャズ喫茶伝説』(平凡社)は、昭和のジャズ喫茶にひたっていた時代の青春記。僕もいくつか記憶のあるマッチ箱を装幀に使って懐かしい。ブックデザイン・鈴木成一デザイン室。

| | Comments (0)

May 06, 2020

7日間ブックカバー・チャレンジ 1

Photo_20200506142901

最近、フェイスブックでのやりとりが増えて、ブログの更新が滞りがちです。いま、フェイスブックで「7日間ブックカバー・チャレンジ」という企画がメンバーの間を巡っています。ステイ・ホームの時代に、面白いと思った本のブックカバーを1冊ずつ7日間アップするというもの。巣籠りを少しでも楽しくという趣旨です。私にも友人から回ってきましたので、今日から7日間アップするのを、こちらのブログにも再録します。

[7日間ブックカバーチャレンジ]
#7days#Bookcoverchallenge#day7
西山嘉樹さんからバトンを引き継ぎました。「ブックカバー・チャレンジ」ということで、中身はもちろんですが装幀も記憶に残っているものを選びます。

1日目。ステイ・ホームで面白い小説が読みたいなあ、ということで思い出したのが山田風太郎『幻燈辻馬車』(新潮社)。張り扇の音が聞こえてきそうな快いリズムで語られる明治幻想譚です。小生、高校の授業中に盗み読んだ「忍法帖」シリーズ以来の風太郎ファンなのです。装幀は安野光雅。

| | Comments (0)

April 19, 2020

黒川創『鶴見俊輔伝』を読む

Turumi_kurokawa

黒川創『鶴見俊輔伝』(新潮社)の感想をブック・ナビにアップしました。

| | Comments (0)

March 16, 2020

村田沙耶香『生命式』を読む

Seimei_murata

村田沙耶香『生命式』の感想をブック・ナビにアップしました。

 

http://www.book-navi.com/

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧