November 22, 2017

松浦寿輝『名誉と恍惚』を読む

Meiyo_matuura

松浦寿輝『名誉と恍惚』(新潮社)の感想をブック・ナビにアップしました。

http://www.book-navi.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2017

国実マヤコ『明日も、アスペルガーで生きていく。』をいただく

1711171w

かつての仕事仲間だった国実さんから初めての著書をいただいた。

アスペルガー症候群という名前を聞いたことはあっても、どんな症状のどんな病気なのかは知らなかった。アスペルガー症候群と診断され、さまざまな形の「生きづらさ」を抱えて生きる8人にじっくり話を聞き、それをもとに彼ら彼女らの物語がフィクションに仕立てられている。

「記憶する女」「こだわりの強い男」「喜ばれたい女」「婚活の終わらない男」「演じ続ける女」「愛を表現できない男」「捨てられない女」「部屋から出ない男」── 五感が過敏で、得意なことと苦手なことの差が極端に大きく、人と調和するのが苦手。それぞれの物語が短篇小説を読むようにくっきりと立ち上がる。

アスペルガー症候群はここから先が病気で、この手前は健康とはっきり線が引けるものではない。読んでいて、これは自分のことだと感ずる人も多いのではないか。フィクションの部分には、著者自身の体験も投影されているかもしれない。だけでなく、この病気の専門家に解説してもらうことで医学的な正確さも担保している。

書籍編集者をしていたとき、国実さんとは一冊だけ写真関係の文庫を一緒につくったことがある。初めて彼女の机に行ったとき目に入ったのは、ガラスの下に入れられた若尾文子の映画の一シーン。今どきの若い女性が若尾文子か、と驚いた。僕も若いときからの若尾文子ファンで、しかも作品の好みが一緒だったので、『刺青』や『清作の妻』について年齢差を忘れて盛り上がった記憶がある。そんな個性的な彼女らしさが十分に発揮された本です。

国実マヤコ『明日も、アスペルガーで生きていく。』(四六判並製、本体1,200円+税、ワニブックス刊)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2017

『黒い瞳のブロンド』を読む

Photo
The Black-eyed Blonde(reading book)

ベンジャミン・ブラック『黒い瞳のブロンド』(早川ポケット・ミステリ)の感想をブック・ナビにアップしました。

http://www.book-navi.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2017

宮崎学・小原真史『森の探偵』を読む

Morino_miyzaki

宮崎学・小原真史『森の探偵』(亜紀書房)の感想をブック・ナビにアップしました。

http://www.book-navi.com/


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2017

桐野夏生『デンジャラス』を読む

Dangerous_kirino

桐野夏生『デンジャラス』(中央公論新社)の感想をブック・ナビにアップしました。谷崎潤一郎を主役に、その「四角関係」を主題にしたモデル小説。

http://www.book-navi.com/


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2017

『田中陽造著作集 人外魔境篇』を読む

Tanaka_tanaka

ブック・ナビに『田中陽造著作集 人外魔境篇』の感想をアップしました。奇書(?)です。

http://www.book-navi.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2017

『僕たちの本棚 ブック・ナビ 2001-2016』を刊行しました

1706181w

友人2人とやっている書評サイト「ブック・ナビ」を単行本にまとめました。16年間で360本以上の書評のなかから約100本を選んだものです。新刊を毎月1冊、勝手に選んで勝手に書いているだけなので、好奇心のおもむくまま、取り上げた本はあきれるほど幅広いというか、ばらばらというか。580ページの分厚い一冊になってしまいました。章タイトルを書き写すと、

ジャズを聞いたり映画を見たり
古代に旅し、昭和の戦争を考える
言葉が豊かにしてくれる、この世界
右手に世界地図、左手にグラス
小説の快楽に溺れて
僕たちの社会、昨日と今日

21世紀初頭に世界で何が起こり、どんな本が出て、団塊世代がそれにどう反応し、どう読んだか。そんなことのささやかな記録になるのではないかと考えました。

カバーには友人の写真家・平地勲さんが素敵な写真を提供してくれました。やはり友人のデザイナー・神田昇和さんが銀の箔押しで洒落た装幀をしてくれました。中味はともかく、外側は間違いなく一級品です。ちなみに本文組みは小生がイン・デザインという組版ソフトを勉強して半年がかりで仕上げました。

仕様 四六判上製 576ページ
発行所 ブック・ナビ
価格 2,000円(含送料、本体1,800円)

興味をお持ちの方はメールでご連絡いただければ幸いです。
pea01052@nifty.com


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2017

小林由美『超一極集中社会アメリカの暴走』を読む

Tyouikkyoku_kobayasi

小林由美『超一極集中社会アメリカの暴走』(新潮社)の感想をブック・ナビにアップしました。

http://www.book-navi.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2017

『騎士団長殺し』を読む

Kisidan_murakami

村上春樹『騎士団長殺し』の感想をブック・ナビにアップしました。


http://www.book-navi.com/


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2017

『セカンドハンドの時代』を読む

Second_svetlana

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ『セカンドハンドの時代』(岩波書店)の感想をブック・ナビにアップしました。

http://www.book-navi.com/


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧