« 『別れの朝 夭折のDIVA・前野曜子』 | Main | 明けましておめでとうございます »

December 21, 2020

原武史『「線」の思考』を読む

Senno_hara

原武史『「線」の思考』(新潮社)の感想をブック・ナビにアップしました。

|

« 『別れの朝 夭折のDIVA・前野曜子』 | Main | 明けましておめでとうございます »

Comments

線の思考 が図書館に 新書コーナーに有りました。田舎の図書館に、選考する人が居て、失礼ながら驚きました。
 最初タイトルから サスペンスと勘違いしておりました。
中国地方の路線から読み、何と各宗派が多い地方ですね。周りにそれぞれの信者さんが居られます。 成り立ちを興味深く読みました。 医科学でも 解決しないことは 何かに縋りたい気持ちも良くわかります。
 この項を読んだ後、表紙のサブタイトル見て
何の本かわかりました。 時々、ブログを拝見しますが、難解な本が多いですね。
 でも、また楽しみにしております。

Posted by: 荒木吉一 出雲 | February 05, 2021 04:58 PM

原さんは鉄道マニアですから、このタイトルも松本清張『点と線』が頭にあったでしょうね。好き勝手に選んでいる本で、あまり一般的でないのもありますが、読んでいただいてありがとうございます。

Posted by: | February 07, 2021 11:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『別れの朝 夭折のDIVA・前野曜子』 | Main | 明けましておめでとうございます »