« 『凱里ブルース』 現実と夢の狭間で | Main | 『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯へ』 成熟か閉塞か »

November 16, 2020

『掃除婦のための手引き書』を読む

Soujifu_lucia


ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』(講談社)の感想をブック・ナビにアップしました。

|

« 『凱里ブルース』 現実と夢の狭間で | Main | 『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯へ』 成熟か閉塞か »

Comments

こんにちは。拝読いたしました。
素晴らしい書評をありがとうございます。
この短編集、ペドロ・アルモドバルが映画化するそうでめちゃくちゃ楽しみにしています。
シアーシャ・ローナンやケイト・ブランシェットがキャストされているとかいないとか??
アルモドバル初の英語作品らしいですよ。

Posted by: 真紅 | November 18, 2020 05:19 PM

本当ですか? それは楽しみですね。シアーシャ、ケイト、どちらもいいですが、好みでいうとケイトかな。

Posted by: | December 09, 2020 03:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『凱里ブルース』 現実と夢の狭間で | Main | 『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯へ』 成熟か閉塞か »