« 浦和の海抜最高地点 | Main | 『ダブル・サスペクツ』 地方都市の日常  »

October 07, 2020

民家の蕎麦屋

Img_1542


散歩で手づくりの看板を見るたび気になっていた蕎麦屋にようやく入った。

常盤公園近くの「あまの」。路地のどんづまりにある住宅がそのまま店になっている。ふつうの民家のドアを開け、玄関で靴を脱いで左に入るとダイニングと続きのフローリングの3畳間に4つテーブルが据えてある。3畳間には蕎麦打ち台もある。営業は週に5日で、昼は20食限定。夜は予約があるときのみ営業。何度か来たのだが、いつも閉まっていた。店は上品な老紳士が一人でやっている。おそらく十数年前は実直な勤め人だったんじゃなかろうか。

せいろは一人前で二枚。今日は桧枝岐と会津山都の蕎麦。量も十分で満足しました。

|

« 浦和の海抜最高地点 | Main | 『ダブル・サスペクツ』 地方都市の日常  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 浦和の海抜最高地点 | Main | 『ダブル・サスペクツ』 地方都市の日常  »