« 『帰れない二人』 現代史を凝縮したメロドラマ | Main | 『ジョーカー』 不穏でもあり優雅でもあり »

October 12, 2019

『マインドハンター』 ネトフリ廃人?

Mindhunter2

「ネトフリ廃人」という言葉があるそうだ。ネットフリックスの、主に連続ドラマにはまってネットフリックスを延々と見つづけ、廃人のようになってしまった人間を言う。僕はネットフリックスで単発の映画やドキュメンタリーを見ているので無縁だと思っていたけれど、この1週間、「ネトフリ廃人」になりかけた。

その罪深いドラマは『マインドハンター(Mindhunter)』。『セブン』の映画監督デヴィッド・フィンチャーと女優のシャーリーズ・セロンが製作し、フィンチャーが19話中7話を演出している。かつて一世を風靡したデヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス』のフィンチャー版といった感じ。

主人公は1970年代のFBI捜査官二人。猟奇的な犯罪を犯した連続殺人犯に聞き取り調査をし、後にプロファイリングと呼ばれる手法を確立する男たちの物語だ。と書くと、よくある猟奇犯罪ものか、と思われるかもしれないが、このドラマが面白いし凄いのは猟奇的な残酷描写やアクションがほとんどなく、徹頭徹尾会話劇であるところ。

なかでも実在の犯罪者エド・ケンパー(キャメロン・ブリットン)と主人公フォード捜査官(ジョナサン・グロウ)が獄中で何度も対話するシーンはシリーズ1の白眉だ。シリーズ2ではチャールズ・マンソンも登場する。ケンパーやマンソンの語る言葉によって、猟奇犯罪を犯した男の心のうちがじわりじわりあぶり出され、世間の掟に従って日常生活を送っている私たちの奥底にも同じものが潜んでいるのに気づいてぞくぞくっとする。シリーズ2ではフォード捜査官もケンパーの言葉に感応し、抱きしめられてパニックを起こしてしまう。

もうひとりの主人公は、FBIに行動科学科というセクションをつくったベテランのテンチ捜査官(ホルト・マッキャラニー)。テンチは古い体質の組織や上司とつきあいつつ、若いフォードが時に暴走するのを抑える。そして二人に勧誘され大学の研究者からFBIに転身したウェンディ(アナ・トーヴ)。黒いスーツに身を固めたウェンディがクールな目で男二人を見据えて皮肉をとばすシーンがどのエピソードにも出てきて、なんとも恰好いい。

この三人を中心に、何人もの連続殺人犯へのインタビューが繰り返される。各地の警察署から連続殺人事件捜査への協力を要請される。三人それぞれのプライベートな生活が挿入されるのもドラマに彩りを与えてる。シーズン2の終わりでは、フォードは大学院生の恋人と、テンチは妻と、ウェンディは同性の恋人と、それぞれ破局を迎えてしまったようだ。

このドラマのもうひとつの魅力は、1970年代のアメリカが見事に再現されていること。街並み、自動車、ファッション、髪型、音楽……。この時代、ヒッピーやカウンター・カルチャーが話題になっていたとはいえ、そういうものと無縁な中西部や南部が舞台で、合衆国の多数派の人びとが登場するドラマ。中産階級が多く豊かだった時代の地方都市の空気が実によく描かれている。

 

|

« 『帰れない二人』 現代史を凝縮したメロドラマ | Main | 『ジョーカー』 不穏でもあり優雅でもあり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『帰れない二人』 現代史を凝縮したメロドラマ | Main | 『ジョーカー』 不穏でもあり優雅でもあり »