« 『カメラを止めるな!』の社会現象 | Main | 真藤順丈『宝島』を読む »

August 22, 2018

『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』 55歳、どこまで突っ走る?

Fallout_2
Mission: Impossibule- Fallout(viewing film)

映画の撮影現場で監督が撮影開始を告げる「ヨーイ、ハイ!」は、英語なら「Action!」だ。クリント・イーストウッドが映画監督に扮した『ホワイトハンター、ブラックハート』で、最後のセリフは「Action!」だった。

アクションが映画の原型的な魅力であることは言うまでもない。無声映画時代、バスター・キートンのアクロバティックなアクションは超人的で、崖をころがり落ちたり走る列車の屋根を走ったり、アクション映画の原点みたいなものだった。1980年代にフランス映画社が連続公開したのを見たんだけど、そのころはまたジャッキー・チェンの全盛時代だった。小学生だった息子と見た『プロジェクトA』や『ポリス・ストーリー』は、竹竿ひとつでビルの上階から飛び降りたり、これまた身体を張ったアクションの連続で子供と一緒に興奮した。

『ミッション・インポッシブル』シリーズは、VFXによってどんなインポッシブルなアクションも可能になったデジタル時代に、あえて生身の身体を張ることを売りものにしてきた。それがかつての二枚目、55歳のトム・クルーズというのがおかしい。『フォールアウト』はその6作目。

物語にそってアクションするというより、アクションのためにストーリーがつくられている感がある。撮影中、トムがロンドンでビルから跳んでくるぶしを骨折、6週間休んだというおまけつき。wikipediaによるとその間、8000万ドル払って役者とスタッフを他の映画に取られないよう拘束したそうだ。もっともこの金は保険でまかなわれたそうだから、トムが事故に遭う可能性は織りこみ済みということか。

「陸上選手さながらのビルジャンプ」「ヘリコプターにしがみつき、落下するアクション」「2000時間の飛行訓練を経たヘリコプター操縦」「高度7620mからのヘイロージャンプ」と売りものシーンがつづくなかで、いちばんすごいのは最後の断崖絶壁でのヘリコプター対決。まさかこれ全部実写じゃないよね。VFX使ってるよね。と思いながら、どこまで本当にやってるんだろうとはらはらしてしまう。設定はカシミールだが、ノルウェーの有名な絶壁で撮影したらしい。

パリ市街の狭い道路でのカーチェイスも、実際に撮ってるんだろうなあ。すごい。

イーサン(トム・クル―ズ)を中心に、メカ(と笑い)を担当するベンジー(サイモン・ペッグ)、ルーサー(ヴィング・レイムス)、美女のスパイ、イルサ(レベッカ・ファーガソン)とチームが固定されてきて、いかにもシリーズものらしくもなってきた。今回はシリーズ3作目に出てきた婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)も再登場する。レベッカ・ファーガソンとミシェル・モナハンが同じタイプでどことなくトムの元妻ニコール・キッドマンと雰囲気が似てるのは、トム(プロデューサーでもある)好みの美女ってことなんだろうか。

アクション映画にしては上映時間が長すぎて(切れなかったんだろう。148分)、ロンドンのシーン、ちょいと中だるみする。個人的には、ジェレミー・レナーが相手役になった『ゴースト・プロトコル』(レア・セドゥも女殺し屋で出てきたし)と『ローグネイション』のほうが好みかも。

とはいえ猛暑には、やはり何も考えないで楽しめるこういう映画もいい。監督は前作につづいてクリストファー・マッカリー。「フォールアウト」は公式HPでは「余波」と訳してたけど、プルトニウムの争奪戦だから「死の灰(fallout)」のことかな?


|

« 『カメラを止めるな!』の社会現象 | Main | 真藤順丈『宝島』を読む »

Comments

トムの女性の選球眼がもしかしてこのシリーズ最大の目玉、かもですね(笑)

Posted by: onscreen | September 16, 2018 at 09:51 AM

ウッディ・アレンみたいに惚れた女ばかり(しかも個性派)を起用するのもどんなもんかと思いますが、トムは美女好みですから見ていて気楽に楽しめます。なかでレベッカ・ファーガソンが私の好みです(笑)。

Posted by: | September 17, 2018 at 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/67083821

Listed below are links to weblogs that reference 『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』 55歳、どこまで突っ走る?:

» 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 どこまで高みを目指すの? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが活躍する『ミッション:インポッシブル』シリーズの第6弾。  監督・脚本は前作と同じクリストファー・マッカリー。  本作は前作を引き継ぐような形となっている。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』で最後につかまえた悪役ソロモン・レーンが再登場し、同時にそのレーンの部下という設定で敵か味方かでイーサンを惑わせたイルサ(レベッカ・...... [Read More]

Tracked on August 22, 2018 at 11:14 PM

» 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」:ザ・最高峰アクション [大江戸時夫の東京温度]
映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』は、シリーズ第6作。うーん、凄 [Read More]

Tracked on August 22, 2018 at 11:45 PM

» 「ミッションインポッシブル/フォールアウト」☆原点回帰 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
往年のスパイ映画に原点回帰した単純明快カーアクションに、追って追われてが手に汗握るアクション超大作と呼ぶに相応しい作品♪ 悪い人の名前を混同して、途中?になるものの、どれが本物でどれが偽物か、誰が味方で誰が敵か判らなくなってしまうのはスパイ映画ならでは。 ただ、平たく言うとトムちんのアクション発表会と言えなくもないような?(笑)... [Read More]

Tracked on August 26, 2018 at 04:10 PM

» ミッション:インポッシブル フォールアウト [象のロケット]
IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームが回収しようとしていた3つのプルトニウムが、何者かに奪われてしまう。 “同時核爆発を未然に防がねばならないが、敵は正体不明。 更に、イーサンを疑うCIAは敏腕エージェントのウォーカーを監視役として同行させる。 手掛かりは“ジョン・ラーク”という男と“ホワイト・ウィドウ”と名乗る女の存在だった…。 人気スパイアクション第6弾。... [Read More]

Tracked on September 08, 2018 at 02:41 AM

« 『カメラを止めるな!』の社会現象 | Main | 真藤順丈『宝島』を読む »