« 吉田裕『日本軍兵士』を読む | Main | 『さよなら、僕のマンハッタン』 父と息子の物語 »

April 20, 2018

『レッド・スパロー』 大人になったジェニファー

Red_sparrow2
Red Sparrow(viewing film)

ジェニファー・ローレンス、シャーロット・ランプリング、ジェレミー・アイアンズと気になる3人の役者が出ているとあっては、見ないわけにいかないなあ。しかも好みのスパイ・ミステリーものだし。

ジェニファー・ローレンスを最初に見たのは『あの日、欲望の大地で』。シャーリーズ・セロンの子供時代を演じて、魅力的な少女だった。次の『ウィンターズ・ボーン』では、貧しい白人の村に生きる健気な少女。大人になりかけた意思的な表情が素晴らしかった。『ハンガー・ゲーム』は見てないけど、アカデミー主演女優賞を取った『世界にひとつのプレイブック』でブレイクし、『アメリカン・ハッスル』では、え、こんな色っぽい女優になったの? と驚いた。少女時代とこんなに印象が違うなんて。

『レッド・スパロー』のジェニファーは、セックスと心理操作で敵を絡めとるロシアの女スパイ、ドミニカ。バレエ団のスターだったがケガでバレエを断念し、情報機関で働く叔父(プーチンそっくりなのが笑わせる)によってスパイ養成学校に送り込まれる。与えられた任務は、米のCIA要員ネイト(ジョエル・エドガートン)に接触し、ネイトに内通するロシア高官の名前を掴むこと。

ドミニカがネイトを誘惑し、でも2人は愛しあうようになったように見え、ドミニカは国を裏切ったのか、あるいはスパイとして仕事に忠実なのか、見ていてわからないところからサスペンスが生まれる。といって、あまり内面の葛藤みたいな描写はない。演技派というより、存在が醸しだす魅力で見せる女優かな。ジェニファーを少女時代から見ている身としては、こんな大胆なシーンもやるようになったんだと複雑な気持になる。

シャーロット・ランプリングはスパイ養成学校の校長。グレーのツーピースに身を包み、生徒にハニートラップの仕掛け方を冷たい表情で指導する。似合いの役柄。1960年代の『地獄に堕ちた勇者ども』から見てるけど、50代になって『まぼろし』や『スイミング・プール』あたりから若い頃とは別の年齢を重ねた魅力を発するようになった。見ているだけで満足する女優。

ジェレミー・アイアンズはロシア軍の将軍。出番は少ないけど複雑な役どころを演ずる。『戦慄の絆』以来、いい役者だなあと思って見ている。役者としての格を考えると、内通者は誰か想像がついてしまうけれど……。でも、終盤でもうひとひねりあって、ドミニカは自分をスパイに送り込んだ叔父に復讐する。

最後に飛行場で互いの人質を交換するシーンは、米ソが対立していた時代のスパイ映画の雰囲気。『寒い国から帰ったスパイ』を思い出してしまった。スパイものスリラーとして特に際だった映画じゃないけど、東西冷戦時代のスパイものの雰囲気を出しているのが面白かった。

そういえば、ソ連が崩壊しロシアになってからの話なのに、なんで「レッド・スパロー(赤いスズメ)」なんだろう。「レッド」は共産主義を意味しソ連国旗も赤なのに対し、ロシア国旗は赤・青・白の三色旗。原作(未読)のタイトル通りだけど、ソ連もロシアも体質として同じということか。映画でも小説でもエンタテインメントでは強力で魅力的な敵役が必要で、クリミア半島を強奪したロシアはソ連を引き継いでその資格十分というところ。

|

« 吉田裕『日本軍兵士』を読む | Main | 『さよなら、僕のマンハッタン』 父と息子の物語 »

Comments

こんにちは。
今年に入ってから何故かココログさんにTBをつけられなくなり(ココログさんからのTBは受領しています)、TBが失敗となる可能性もありますので、コメントに足跡残させていただきますね。
私もジェニファー・ローレンスを少女時代から見ていましたが、演技派ではあると知っていたものの、こういう(ある種体当たりの)役柄をこなせるとは…感慨深いです。
ラスト、なかなか好きな終わり方でした。真のハッピーエンドになりそうにないところなど。

Posted by: ここなつ | April 20, 2018 at 05:11 PM

ラストでジェニファー、シャーロット、ジェレミーの3人が揃ったショット、これからどうなるのか想像させますよね。いずれにしろハッピーエンドにはならないわけで。

最近、TBの機能をなくしたブログが増えてますね。これだけSNSが普及すると、もう時代遅れのメディアということでしょうか。私は長文が書けるブログが好きですが。

Posted by: | April 22, 2018 at 12:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/66600249

Listed below are links to weblogs that reference 『レッド・スパロー』 大人になったジェニファー:

» 劇場鑑賞「レッド・スパロー」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201803310000/ 【輸入盤】レッド・スパロー [ レッド・スパロー (Soundtrack) ] [Read More]

Tracked on April 20, 2018 at 03:00 PM

» レッド・スパロー [象のロケット]
怪我のためバレリーナとしての将来を断たれたドミニカは、病気の母に治療を受けさせるためロシア諜報機関の訓練施設へ入所する。 そこは、ハニートラップと心理操作を武器にミッションを遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関。 アメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すことになったが…。 サスペンス。... [Read More]

Tracked on April 21, 2018 at 10:06 AM

« 吉田裕『日本軍兵士』を読む | Main | 『さよなら、僕のマンハッタン』 父と息子の物語 »