« 『あゝ、荒野(後篇)』 現実から幻想へ離陸せず | Main | カンナ・ヒロコのライブ »

November 09, 2017

『ブレードランナー 2049』 LAに降る雪

Blade_runner
Blade Runner 2049(viewing film)

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ロジャー・ディーキンス撮影監督という組み合わせは、いまハリウッドだけでなく世界中を見まわしても、ノワールやサスペンス系の映画を撮らせて最高のメンバーじゃないかな。

この2人が組んだ映画はヴィルヌーヴがハリウッドへ進出して以来の『プリズナーズ』『ボーダーライン』、そして『ブレードランナー 2049』と3本ある(『メッセージ』だけは撮影ブラッドフォード・ヤング)。それぞれにジャンルは違うけど、調和的な世界をかき乱す不穏な映像は共通している。

ディーキンス撮影の映画を初めて見たのはコーエン兄弟の『バートン・フィンク』。以来、兄弟の映画をずっと撮っていて、特に『ノー・カントリー』でアメリカ南部の砂漠と田舎町の映像は素晴らしかった。コーエン兄弟ではないけれど、『007 スカイフォール』の荒涼としたスコットランドの風景も忘れがたい。今回はその2人に加えてハンス・ジマーの音楽が、弦楽器の低音のパターンを繰り返して不穏な気配をさらに増殖させる。

『ブレードランナー 2049(原題:Blade Runner 2049)』は、言わずとしれたリドリー・スコット監督『ブレードランナー』の続編。前作から30年後。大停電があって、かつての記録が失われた世界。ロサンゼルス警察のK(ライアン・ゴスリング)は大停電以前の旧型レプリカントを見つけ出し殺害する、ブレードランナーと呼ばれる警官。ある旧型レプリカントを殺害におもむき、庭に埋められた箱から、出産した形跡のある旧型女性レプリカントの遺骨を発見する。Kは上司から、生まれた子供を発見し殺害されるよう命じられる。

新型レプリカントを製造するウォレス社の断片的な記録から、遺骨はかつてブレードランナーだったデッカード(ハリソン・フォード)の恋人のものだったことがわかる。残された木馬のおもちゃと自身の記憶から、Kは自分がその子どもではないかと疑いはじめる……。

脚本は第1作と同じハンプトン・ファンチャー(マイケル・グリーンと共同)が書いていて、だから第1作とのつながりに不自然はない。常に雨が降るロサンゼルスの高層未来建築群と日本語やハングルの看板が林立する下町、巨大なホログラフィーの宣伝といった前作の映像とノワールな空気を踏襲。未来風景とアジアの下町の喧騒が雑居して、「懐かしい未来」といった感じのテイストも、より大規模に再現されている。加えて今回は廃墟のラスベガスでプレスリーやシナトラやマリリン・モンローのホログラフィーまで出てくる。

今回のヒロインは、Kの恋人になるAIホログラフィーのジョイ(アナ・デ・アルマス)。Kが必要とするときだけ姿を現し、セックスするときは他のレプリカントに同期させて身体を借りる。第1作の旧型レプリカントが不完全とはいえ人間を目標に開発され、人間に反乱を起こしたのに対し、今回の新型レプリカントはより人間に従順に、完全な機械としてつくられているらしい。

第1作でデッカードは人間として描かれていたが、実はデッカードもレプリカントではないかとファンの間で議論があった(後のディレクターズ・カットではそれを匂わせるカットも挿入されていた)。今回の2049版でKは、記憶を移植された新型レプリカントになっている。第1作のテーマは「レプリカントの反乱」と「人間とレプリカントの恋」だった。2049版では、果たして自分は人間なのか記憶を移植されたレプリカントなのか、そして自分は人間とレプリカントの間に生まれた子どもではないのかという、レプリカントが自己存在を疑う哲学的(?)な懐疑がテーマになっている。

旧型レプリカントの生殖機能を盗もうとするウォレス社のウォレス(ジャレッド・レト)と部下のラヴ(シルヴィア・フークス)が「敵」として設定されているけれども、第1作のルトガー・ハウアーのレプリカントのような強力なキャラクターではない。だからアクション映画としては、その分やや弱くなる。そのかわり、第1作であいまいにしか示されなかった主題がくっきりして、ラスト、傷を負ったKが沙漠のLAに降る雪(カナダ生まれのヴィルヌーヴ監督は雪が好きだね)を見上げながら死んでゆくシーンが生きてくる。

あれやこれや前作と引き比べながら、たっぷりと楽しめる映画でした。


|

« 『あゝ、荒野(後篇)』 現実から幻想へ離陸せず | Main | カンナ・ヒロコのライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65994851

Listed below are links to weblogs that reference 『ブレードランナー 2049』 LAに降る雪:

» 『ブレードランナー 2049(Blade Runner 2049)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ジャレッド・レトー、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、ラストシーン、会話など盛大にネタばれしています。『ブレードランナー 2049』Blade Runner 2049 監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ 撮影 : ロジャー・ディーキンス出演 : ラ [Read More]

Tracked on November 09, 2017 at 04:33 PM

» ブレードランナー 2049★★★★ [パピとママ映画のblog]
巨匠リドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」の35年ぶりの続編となるSF超大作。前作から30年後の荒廃した未来世界を舞台に、ブレードランナーとして活動する捜査官Kを待ち受ける衝撃の運命を、圧倒的な映像美とともに描き出す。主演はライアン・ゴズリング、共演にハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス。リドリー・...... [Read More]

Tracked on November 09, 2017 at 04:48 PM

» 映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ブレードランナー 2049(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら75点にします。 なお、1982年制作の映画『ブレードランナー』は鑑賞済み。 ディレクター目線のざっくりストーリー 2049年のカリフォルニア。人間と見分けのつかないレプリカント(人造人間)が労働力と...... [Read More]

Tracked on November 09, 2017 at 07:55 PM

» 「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ [大江戸時夫の東京温度]
映画『ブレードランナー2049』は、前作('82)の35年後に作られた堂々たる続 [Read More]

Tracked on November 09, 2017 at 08:50 PM

» 『ブレードランナー2049』 知りたいことはまだ残っている [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 1982年公開の『ブレードランナー』の続編。  監督は『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴで、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮を担当している。  ちなみに前作の舞台は2019年という設定で、この30年の間に何があったかを示す短編3作品も公開されている。こちらも観ておくと理解の助けになる。  ブレードランナーのK(ライアン・ゴズリング)は逃亡していたレプリカント...... [Read More]

Tracked on November 10, 2017 at 06:51 PM

» 映画:ブレードランナー 2049  大変残念なことに、本年度ワースト候補。何でコウナッタ?!? [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
まず行く前に見直した第1作。 時代設定にまず驚き!だったのが、たった 2年後の 2019年(笑) なぜこのタイミングで、リドリースコットが続編を公開したかったワケがわかったような(笑) 時代に追い抜かれてしまう前に、先に行きたかったのででは?! で内容。 当時うっすら記憶していたイメージに近く「雰囲気を楽しむ映画」という感想。 あと前のアップでは書かなかったが、クライマックスでまた驚き。 ここで、TDKのプレイスメント!?! (まだそんな時代じゃないの... [Read More]

Tracked on November 10, 2017 at 11:58 PM

» ブレードランナー2049  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ [西京極 紫の館]
【出演】  ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス  シルヴィア・フークス  ジャレッド・レトー 【ストーリー】 2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学...... [Read More]

Tracked on November 11, 2017 at 08:42 AM

» ブレードランナー 2049 [象のロケット]
人間と人造人間レプリカントの闘いから30年後の2049年。 レプリカントの製造元タイレル社を買い取ったウォレスは、従順な新型レプリカントの製造を開始した。 旧型で寿命制限のないネクサス8型の残党を追跡し“解任”している捜査官ブレードランナーのKは、ある事件をきっかけに、30年間行方不明となっている元捜査官デッカードを探し始める…。 SFサスペンスアクション... [Read More]

Tracked on November 11, 2017 at 01:27 PM

« 『あゝ、荒野(後篇)』 現実から幻想へ離陸せず | Main | カンナ・ヒロコのライブ »