« 玄関の内 | Main | 『ブレードランナー 2049』 LAに降る雪 »

October 31, 2017

『あゝ、荒野(後篇)』 現実から幻想へ離陸せず

4988021026086_1l

『あゝ、荒野』後篇を期待して見にいったのだが、ちょっとがっかり。ふたつの孤独な魂がボクシングを介して結びついてゆくさまを緊迫した映像で見せた前篇に比べ、熱量が足りなかった。物語としては新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が対決する後篇のほうが盛り上がるはずなのに。

なぜだろう。僕の考えでは、原作の小説から映画のために何を掬いあげるかについて、どこか齟齬があったんじゃないかと思う。寺山修司の『あゝ、荒野』は普通の小説というより、いろんな要素が積めこまれた実験小説といってもいいような作品だ。1960年代新宿の風俗を取り込み、哲学書から歌謡曲、ジャズまでの断片や歌詞を引用し、長谷川伸ふうな親子の因果が古風に絡み合い、新次と建二はそれぞれ寺山流人生論を肉体化したような観念的存在でもある。寺山の言葉を借りれば、「手垢にまみれた言葉を用いて形而上的な世界を作り出す」ことを目指した。

新次は「街に出て」、すべてを憎み突っかかり、人を傷つけ、傷つけられることでこの世界とかかわりあおうとする。建二は街から孤立して閉じこもり、ひたすら年下の新次に憧れ、新次と殴り合うことによってのみ新次だけと繋がろうとする。そこには同性愛的な空気も漂い、だから建二は知り合った恵子(今野杏南)に誘われベッドで裸になっても、「僕はつながれません」と言うしかない。

小説では最後のボクシングの場面はリアリズムでなく、建二の妄想あるいは陶酔を叙述する幻想小説のような味わいになっている。そして映画は、リアリズムから幻想や観念へと映像が離陸しそこねたんじゃないだろうか。二人の対決のある時点から観客がいなくなるという描写で現実から幻想への飛躍を描いているのかもしれないけど、もっと寺山ふうの幻想世界を現出させてほしかった。中途半端なリアリズムだから、試合が終わった後にまた殴り合いを始めるあたりはいかにも不自然。最後に建二の死体を映すなど、最後までリアリズムの尻尾がつきまとう。

とはいえ前後篇合わせて5時間以上の長尺を、まったく飽きさせずに見せた岸善幸監督の腕力はすごい。


|

« 玄関の内 | Main | 『ブレードランナー 2049』 LAに降る雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65974681

Listed below are links to weblogs that reference 『あゝ、荒野(後篇)』 現実から幻想へ離陸せず:

» あゝ、荒野 後篇★★★★ [パピとママ映画のblog]
演劇実験室「天井棧敷」を設立した劇作家で歌人の寺山修司の小説を映画化した青春ドラマの後編。ボクシングを通じて絆を育んできた二人の男の姿を描く。『二重生活』などの岸善幸が監督を担当。主演を『セトウツミ』などの菅田将暉と『息もできない』などのヤン・イクチュ...... [Read More]

Tracked on October 31, 2017 at 05:18 PM

» 『あゝ、荒野 後篇』 ボクシング≒生きること [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 寺山修司原作、岸善幸監督の『あゝ、荒野 前篇』の続き。 ◆親と子の関係  冒頭は競馬のシーン。競馬では血統というものが重要視されるらしい。優秀な血筋の親から生まれた子ならば、子も優秀である可能性が高いということだろう。それでもそうした血に抗おうとする子だっている。鳶(トンビ)から生まれても鷹(タカ)になろうともがくのだ。  前篇から引き続いてこの後篇でも多くの親子関係が描...... [Read More]

Tracked on October 31, 2017 at 07:45 PM

» 「あゝ、荒野 後篇」:またもや失速の後篇 [大江戸時夫の東京温度]
映画『あゝ、荒野 後篇』は、あの素晴らしかった前篇の続きだけに楽しみにしておりま [Read More]

Tracked on October 31, 2017 at 10:28 PM

» 『あゝ、荒野 後篇』 [真紅のthinkingdays]
 (承前) 『あゝ、荒野 前篇』  「新宿新次」 「バリカン建二」 としてプロデビューした新次(菅田将暉)と建二(ヤン・ イクチュン)は、相変わらずトレーニング漬けの日々を過ごしていた。そして遂に、新次 は復讐を誓った裕二(山田裕貴)との対戦が決まる。 「新次、殺してもいいぞ」  後篇を待ちに待った二週間。初日の初回に観て来ました。前篇は157分、こちらも 147分の長...... [Read More]

Tracked on November 02, 2017 at 05:18 PM

» 「ああ、荒野 後編」☆女人禁制の男の美学 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
あれだけ続編が気になって、楽しみにしていた作品だったのに、間に「ブレードランナー」やら「ゲットアウト」などインパクトの強い作品を観てしまったせいか、やや気持ちがトーンダウン。 もうDVDまで観なくていいか…と揺らいだ心を立て直して観に行ってきたyo テンションがダダ下がりだったせいもあるかもだけど、女性には決して理解出来ない部分で熱く盛り上がる男たちに、映画の中の女たちの様にどこか相いれない疎外感を感じずにはいられず・・・... [Read More]

Tracked on November 03, 2017 at 10:04 PM

» あゝ、荒野 4話~6話(後篇) [ネタバレ映画館]
殺せ!殺せ! [Read More]

Tracked on November 12, 2017 at 06:15 PM

« 玄関の内 | Main | 『ブレードランナー 2049』 LAに降る雪 »