« 『夜明けの祈り』 信仰と命と | Main | 福島でJアラートに遭遇 »

August 27, 2017

『ベイビー・ドライバー』 車とダイナーと美少女

Baby_driver
Baby Driver(viewing film)

冒頭の5分間に目をみはった。大音量のパンク・ロックが流れている。真っ赤なスバルの運転席に座るベイビー(アンセル・エルゴート)が音楽に合わせて身体や唇や指先を動かす。ギアを入れたり、アクセルを踏む動作も音楽のリズムに乗っている。銀行強盗を働いた仲間が車に走りこんでベイビーが車を急発進させ、ドリフトし、スピンターンし、高速道路を縫うように逃走する。その動きもセリフのタイミングもすべてリズムに乗っている。それだけではない。カットとカットのつなぎも、音楽のリズムと同期している。まず音楽があり、すべてが音とリズムに合わせてつくられている。

これが全編つづいたらすごいと思ったら、さすがにそこまではいかない。物語を動かさなければいけないから説明的な会話も入るわけだし。とはいえ、カーチェイスの場面になると音楽と画面がシンクロすることは変らない。ほとんどの画面に音楽が鳴っている。

ベイビーは幼い頃の事故で耳鳴りがし、音楽を聞くと耳鳴りが消えるのだ。すると、天才的なドライブ・テクニックが発揮される。強盗団のボス、ドク(ケビン・スペイシー)に雇われ、逃走車のドライバーとして分け前をもらっている。仲間は強面のバッツ(ジェイミー・フォックス)、バディ(ジョン・ハム)とその愛人。

音楽はほとんど知らない曲ばかりだった。1960年代くらいからのソウル、ロック、パンク、ダンス・ミュージックなど。聞いたことがあるような音が数曲あり、調べてみるとビーチ・ボーイズ、デイブ・ブルーベック、T・レックス、サイモン&ガーファンクル(タイトルの「ベイビー・ドライバー」は彼らの曲)だった。時代もジャンルもさまざまで、どの世代が見ても、ああ、これ知ってるなと感ずる曲があるだろう。それも計算のうちか。

ベイビーの耳鳴りは、両親が運転中に事故死したとき、同乗して衝突の瞬間を目撃したトラウマによるらしい。母親への思慕が、バッツやバディからは「ベイビー」と呼ばれるキャラクターをつくっている。子どものように押し黙り、打ち解けようとしない。そんなベイビーが、母親が働いていたダイナーでウェイトレスのデボラ(リリー・ジェームズ)に出会う。デボラに若かった母の面影が重なる。

監督のエドガー・ライトはイギリス出身の若手。映画フリークらしく、過去のいろんな映画の記憶が感じ取れる。ギャングのお抱え逃走運転手という設定が『ザ・ドライバー』を受けていることは言うまでもない。ほかにも、ダイナーと車と美少女、1950年代ふうファッションは『アメリカン・グラフィティ』、バディとベイビーが仲間割れして車同士ぶつかりあうシーンは、銃を車におきかえた『レザボア・ドッグズ』といった気配だ。ベイビーとデボラが車で逃げるのは『俺たちに明日はない』だし(通行人が2人を見て「ボニーとクライドか」と叫ぶ)、最後は『バニシング・ポイント』のシチュエーションになる(スバル、トヨタ、三菱と日本車が出てくるけど、最後はやっぱりシボレーでした)。

もっとも、バニシング・ポイントと思った観客は肩透かしをくらって、ベイビーは投降してしまう。1970年代ニュー・シネマとは違い、ベイビーは良い子なんだ。ラストは50年代ふうの車とデボラに迎えられてハッピーエンド。その、しれっとしたあたりが今どきなのかも。楽しめました。

|

« 『夜明けの祈り』 信仰と命と | Main | 福島でJアラートに遭遇 »

Comments

お久しぶりです!
前のようにブログに時間を割くことがあまりできなくなり・・・ というか、映画感想アプリからSNS投稿できるようになっていて、そこで手短に書いてしまう方がどうしてもお手軽なのです。全く何も書いてない訳ではないのですが、どうしても楽な方に流れてしまいますね。

最後、そうですよね。割といい子でした。
ただ破天荒だけだと確かに70年代で時が止まってしまいますが、そうすることで先に進めるというのが今時の若い子たちの生き方かもしれませんね。

Posted by: rose_chocolat | August 27, 2017 at 11:15 PM

お久しぶりです。SNSに書いておられたのですか。roseさんのレビューが読めなくて寂しく思っていました。

70年代ニューシネマをどう越えるか。ひとつの試みとして楽しみました。ベイビーがいかにも頼りなさげなのがよかったですね。

Posted by: 雄 | August 28, 2017 at 04:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65712697

Listed below are links to weblogs that reference 『ベイビー・ドライバー』 車とダイナーと美少女:

» ベイビー・ドライバー [あーうぃ だにぇっと]
ベイビー・ドライバー@神楽座 [Read More]

Tracked on August 27, 2017 at 01:07 PM

» 『ベイビー・ドライバー』 現実逃避のススメ [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ショーン・オブ・ザ・デッド』などのエドガー・ライト監督作品。  幼いころの交通事故で耳鳴りが続き、それを消すために常にiPodで音楽を聴き続けている青年ベイビー(アンセル・エルゴート)。ベイビーは天才的なドライビング・テクニックで犯罪組織の「ゲッタウェイ・ドライバー(逃がし屋)」として活躍中だが、ある日、デボラ(リリー・ジェームズ)という女の子と出会い……。  カー・チェイス...... [Read More]

Tracked on August 27, 2017 at 03:33 PM

» 『ベイビー・ドライバー』音楽と映像の融合がひたすら心地よく [Nice One!! @goo]
珍しくというか久しぶりに試写会に行ってました (*^_^*) すごいよかったので早くUPしたいと思いつつも公開後・・・(笑) そしてこれまた久しぶりにブログ開いたら! テンプレが雪のまんまだwww そうだ半年前に書いたっきり・・・ もうすぐブログ12周年だという...... [Read More]

Tracked on August 27, 2017 at 11:11 PM

» ベイビー・ドライバー [象のロケット]
大物犯罪者ドクの指示の下、銀行強盗犯のドライバーをしている青年ベイビー。 幼い頃の交通事故で両親を亡くし唯一生き残った彼は、後遺症の耳鳴りを音楽で紛らわせていた。 ドクへの借りをすべて返し晴れて自由の身になる日も近づいたある日、彼は行きつけのダイナーのウェイトレス、デボラに一目ぼれしてしまう…。 クライム・アクション。... [Read More]

Tracked on August 28, 2017 at 12:15 PM

» "Music and ROAD"『ベイビー・ドライバー(Baby Driver)』エドガー・ライト監督、アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ベイビー・ドライバー』Baby Driver 監督: エドガー・ライト出演・ベイビー : アンセル・エルゴートドク: ケヴィン・スペイシーデボラ: リリー・ジェームズダーリン: エイザ・ゴンザレスバ... [Read More]

Tracked on August 29, 2017 at 01:06 AM

» 「ベイビー・ドライバー」:巷の高評価ほどでは・・・ [大江戸時夫の東京温度]
映画『ベイビー・ドライバー』は、あのエドガー・ライト監督作品とは思えぬ「お笑い抜 [Read More]

Tracked on September 04, 2017 at 11:21 PM

» 95『ベイビー・ドライバー』期待の斜め上を行く傑作 [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
カー&ガンアクション×ミュージック=純度の高いラブストーリー エドガーライト監督最新作! 『ベイビー・ドライバー』 ~あらすじ~ 幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(...... [Read More]

Tracked on September 04, 2017 at 11:28 PM

« 『夜明けの祈り』 信仰と命と | Main | 福島でJアラートに遭遇 »