« 紅い花と青い実 | Main | 今朝の花 »

June 26, 2017

『セールスマン』 増幅される不安

Salesman
The Salesman(viewing film)

家族──それがアスガー・ファルハディ監督の映画を一貫している主題だ。

『彼女の消えた浜辺』から『別離』『ある過去の行方』、そして『セールスマン(英題:The Salesman)』まで、それは変わらない。近代化とイスラム教がぶつかりあうイラン社会のなかに生きるさまざまな家族。なんらかの問題をきっかけに、彼らが引きずり込まれる心理的葛藤を、ミステリー的な手法で映画にしてきた。その問題とは、男と女の性的な問題であることが多い。日本社会にいると気がつかないけど、性的な問題に厳しい戒律のあるイスラム社会では挑戦的な映画づくりだと思う。

主人公は都会に住むインテリ夫婦。夫のエマッド(シャハブ・ホセイニ)は高校教師で劇団に所属する俳優。妻のラナ(タラネ・アリドゥスティ)も女優で、2人でアーサー・ミラーの「セールスマンの死」に主演している。舞台初日の夜、ラナは自宅のアパートでシャワーを浴びているとき何者かに襲われる。

冒頭から、2人を襲う不安を予感させる出来事がつづく。2人が住んでいたアパートが隣の建設工事で傾き、住民は我先に外へと逃げる。壁とガラス窓に亀裂が入る。劇団仲間から新しいアパートを紹介されるが、鍵のかかった一室には前の住人の荷物や派手な女ものの靴が残されている。事件が起きて、前の住人は娼婦で、男たちが部屋を訪れていたことを2人は知ることになる。ラナを襲ったのは、前の住人の客だったのか。

エマッドは警察に届けようと言うが、ラナはそれを拒否する。このあたりから、夫婦の間に細かい亀裂が入りはじめる。エマッドは自力で犯人を突き止めようと動き出す。部屋には、犯人が置いていったらしい札が残されていた。そのとき何が起こったのかは、怪我をしたラナは気を失って覚えていないと言う。エマッドは疑心暗鬼におちいる。観客にも、もちろん分からない。女性の肌の露出を嫌うイスラム社会では、妻の裸を見られたというだけでも夫にとっては大きな侮辱だろう。

現実の出来事と並行して、「セールスマンの死」の舞台稽古から本番が進行している。時代から取り残された夫婦の物語。シャワーを浴びた女がバスタオルで登場する場面で、役者は真紅の分厚いコートを着ている。イランではバスタオルでの登場は許されないのだろう。そういえばイラン映画はセミヌードも性的な場面も見た記憶がない。「裸なのにコート着てる」と稽古している役者が笑う。

赤は「禁止」を意味する色。この場面での赤いコートは、演出家の抵抗の意思表示なのかもしれない。それに対応するのかどうか、日常生活でのラナも真紅のヘジャブを着用している。こちらの赤は、ラナが性的な視線の対象にされたとことの比喩か。どちらも印象的な赤。

意外な犯人がわかったときの2人の表情もまた複雑だ。夫のエマッドは、インテリらしく極めて抑制された怒りを示す。被害者であるラナは、悲し気に事態を見守るだけ。夫婦の間の亀裂は、犯人が分かってもなお修復されないように見える。わかりやすい起承転結でなく、これからこの2人はどうなるのかと観客も不安させて終わる。

ファルハディ監督は、かつてモフセン・マフマルバフ監督が亡命せざるをえなかったことに抗議して、イラン政府から映画製作を禁止された経歴を持つ。アカデミー外国映画賞を受賞した今回は、トランプ政権の反イスラムの姿勢に抗議してタラネ・アリドゥスティとともに受賞式をボイコットした。芯の通った映画監督だ。

|

« 紅い花と青い実 | Main | 今朝の花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65451897

Listed below are links to weblogs that reference 『セールスマン』 増幅される不安:

» 『セールスマン』 もやもや感がクセになる? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『別離』『ある過去の行方』などのアスガー・ファルハディの最新作。  アカデミー賞では『別離』に続いて二度目の外国語映画賞を受賞した。  夫婦が新しく引っ越した家で、ある事件が起きる。妻のラナ(タラネ・アリドゥスティ)は夫のエマッドが帰宅したと勘違いをし、玄関の鍵を開けてしまうのだが、実は訪ねてきていたのは別の男で、ラナは頭部にケガを負うことになる。  その事件によって夫婦...... [Read More]

Tracked on June 26, 2017 at 06:19 PM

» セールスマン〜過去の妻を襲う? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。イラン映画。英題:The Salesman。アスガー・ファルハディ監督。シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ、ババク・カリミ、ファリド・サッジャディホセイニ、ミナ・サ ... [Read More]

Tracked on June 26, 2017 at 08:58 PM

» セールスマン [あーうぃ だにぇっと]
セールスマン@ユーロライブ [Read More]

Tracked on June 26, 2017 at 09:51 PM

» セールスマン [象のロケット]
イランの首都テヘラン。 若き教師エマッドと妻ラナが暮らすアパートが、倒壊の危機に晒される。 地元の小さな劇団に所属する二人は、劇団仲間の紹介で賃貸物件に引っ越すが、そこには前の住人である女性の荷物が大量に残されていた。 ある日、その家でラナが正体不明の侵入者に襲われてしまう。 ラナは心身共にダメージを負い、エマッドは犯人探しに奔走することに。 ある日、犯人と思われる一人の男が浮かび上がった…。 サスペンス。... [Read More]

Tracked on June 27, 2017 at 08:27 AM

» セールスマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『セールスマン』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、テヘランの小劇場における戯曲『セールスマンの死』の舞台風景。  あるアパートの一室が前面に広がって...... [Read More]

Tracked on June 30, 2017 at 08:50 PM

» セールスマン★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「別離」「ある過去の行方」のイランの名匠アスガー・ファルハディ監督によるアカデミー賞外国語映画賞受賞の心理ミステリー・サスペンス。ひと組の劇団員夫婦を主人公に、妻が自宅で何者かに襲われた事件をきっかけに、表沙汰にしたくない妻と犯人を見つけ出すことに執念を燃やす夫の間に思わぬ感情のすれ違いが生じていくさまと、事件の衝撃の顛末を緊張感あふれる筆致でスリリングに描き出していく。主演は「彼女が消えた浜辺」でも共演しているシャハブ・ホセイニとタラネ・アリシュスティ。 あらすじ:夫婦で小さな劇団に所属するエマッ... [Read More]

Tracked on July 05, 2017 at 04:18 PM

» 「セールスマン」:人間の謎と複雑さ [大江戸時夫の東京温度]
映画『セールスマン』は、アスガー・ファルハディ監督らしく骨太な心理サスペンスにし [Read More]

Tracked on July 20, 2017 at 11:30 PM

« 紅い花と青い実 | Main | 今朝の花 »