« 『タレンタイム~優しい歌』 多民族国家の青春 | Main | 小林由美『超一極集中社会アメリカの暴走』を読む »

May 13, 2017

『ノー・エスケープ 自由への国境』

Desierto
Desierto(viewing film)

『捜索者』や『死の谷』といった古典以来、西部劇の定番のひとつに砂漠(西部劇では「荒野」と呼ぶのがお約束)での追う者と追われる者との追跡劇、あるいは逃避行がある。その定番のパターンを踏襲しながらハリウッド製西部劇とはまったく異なる現代の追跡劇(逃避行)にしたのが『ノー・エスケープ 自由への国境(原題:Desierto、砂漠)』。88分と短い映画だけど、張りつめた緊張が見事なサスペンスだ。

追うのは、貧しい白人の一匹狼サム(ジェフリー・ディーン・モーガン)。追われるのは、国境を越えてアメリカに密入国したモイセス(ガエル・ガルシア・ベルナル)ら15人のメキシコ人。砂漠の国境には有刺鉄線が張られているだけ。モイセスたちは、いとも簡単に歩いて国境を越える。見渡す限りの荒野と岩山(ロケはカリフォルニア)。

サムはライフルをもちジャーマン・シェパードの猟犬とともにピックアップトラックで砂漠を走っている。警官に職質されると、ウサギ狩りに許可証はいらないだろう? と反問する。砂漠で食料にするウサギも撃つが、サムが狩っているのは密入国した人間たちだ。現実に南部や西部には密入国者を捕らえる私設警察集団があるけれど、サムには彼らのような反移民のイデオロギーはなさそう。ウサギを狩るのと同じ感覚で人間を狩っているらしい(そのほうが怖い)。

サムが砂漠を歩く密入国者を発見し、丘の上からガイドら11人を容赦なく狙い撃って殺す。一行に遅れていたモイセスとガイドの助手、男女のカップルの4人だけが生き残る。逃げるモイセス(この名前はモーゼとエクソダスに重ねられているのか)らに気づいたサムは彼らを追う。

人を拒む乾いた谷と乾いた岩山の風景が圧倒的だ。そのなかを武器を持たない4人が逃げ、サムと猟犬が追う。逃げ遅れたカップルの男が猟犬に喉を食い破られる。ガイドの助手は岩山から落ちて死ぬ。モイセスと残った女は、サムの裏をかいてトラックを盗むが、撃たれて車は横転し、女は重傷を負う。モイセスは自分をおとりに猟犬とサムを引きつけようとする。鋭い棘のあるサボテンの群落や、そそり立つ岩山での猟犬対モイセス、サム対モイセスの対決。

主役やスタッフはメキシコ勢だけど、サムがただの悪漢でなく、社会からはじきだされた男の哀しみをにじませている。だから結末にカタルシスはなく、むしろ重苦しい。

脚本・監督のホナス・キュアロンは、アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』)の息子。『ゼロ・グラビティ』のアイディアもホナスで、父と一緒に脚本も書いていた。『ノー・エスケープ』も『ゼロ・グラビティ』も、ごくシンプルな設定からハラハラドキドキの物語をつくりあげることでは共通している。また目を離せない監督がひとり増えた。


|

« 『タレンタイム~優しい歌』 多民族国家の青春 | Main | 小林由美『超一極集中社会アメリカの暴走』を読む »

Comments

こんにちは。

本当に手に汗握る作品でした。
いよいよこんなことが現実となるのでは…?!という恐ろしさも手伝って、緊張しまくった作品でした。
短い尺でしたが、それが故に緊張感の密度も濃かったのかもしれません。

Posted by: ここなつ | May 31, 2017 at 03:49 PM

昔は90分というのがひとつの基準でした。そのなかにどれだけの人間関係と時間の流れを織り込めるかが脚本と監督の腕だったわけですが、久しぶりに90のサスペンスが新鮮でした。

Posted by: | June 01, 2017 at 11:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65262691

Listed below are links to weblogs that reference 『ノー・エスケープ 自由への国境』:

» 『ノー・エスケープ 自由への国境』 砂漠のゼロ・グラビティ [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ゼロ・グラビティ』の共同脚本を担当していたホナス・キュアロンの監督デビュー作。  父のアルフォンソ・キュアロンはプロデュースのほうに関わって息子ホナスをサポートしたものらしい。  この作品を一言で言えば砂漠を舞台にした『ゼロ・グラビティ』ということになるだろうが、もともとの脚本は『ノー・エスケープ』のほうが先にできていたということで、父のアルフォンソ・キュアロンは危機また危機というア...... [Read More]

Tracked on May 13, 2017 at 02:36 PM

» ノー・エスケープ 自由への国境 [象のロケット]
メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境付近。 モイセスら15人のメキシコ人は、密入国斡旋業者の車でアメリカへ不法入国しようとしていた。 ところがエンジントラブルにより、荒れ果てた砂漠を徒歩で越えることになってしまう。 そんな彼らに突然、銃弾が襲いかかる。 襲撃者は国境警備局の巡視員ではなく、正体不明の白人男だった。 摂氏50℃。 水なし。 武器なし。 通信手段なし。 “自由の国”を目指す命懸けの逃走劇が今、始まる…。 社会派ドラマ。... [Read More]

Tracked on May 13, 2017 at 02:47 PM

» ノー・エスケープ 自由への国境★★★ [パピとママ映画のblog]
『ゼロ・グラビティ』などのアルフォンソ・キュアロンがプロデューサー、息子のホナス・キュアロンが監督を務めたサバイバルスリラー。砂漠の国境地帯を舞台に、メキシコからアメリカへ不法入国を試みる移民たちと、彼らを狙う襲撃者の攻防を描く。主人公を『天国の口、終...... [Read More]

Tracked on May 13, 2017 at 08:33 PM

» ノー・エスケープ 自由への国境(2015)**DESIERTO [銅版画制作の日々]
 正体不明の襲撃者。水なし、武器なし、逃げ場なし。希望はあるか――。 migさんのブログで知り、早速東宝シネマズにて鑑賞。この日が初日でした。プレミアスクリーンでゆったり鑑賞。マイナーな作品だと思いますが、結構お客さん、多かったかな? さて感想、はいかなり面白かったです!追いかけられ、追いかけるという終始緊迫した映像はラストのラストまで続き、息を呑んで観るという感じ。久しぶりのガエル・ガルシア・ベルナル君主演。なんでも彼はこの作品出演に熱望したらしいです。今回は製作総指揮にまで参加しているくらい... [Read More]

Tracked on May 14, 2017 at 12:20 PM

« 『タレンタイム~優しい歌』 多民族国家の青春 | Main | 小林由美『超一極集中社会アメリカの暴走』を読む »