« 梅の実 | Main | 国会前へ »

April 14, 2017

『哭声/コクソン』 國村隼の悪霊ぶり

Image
The Wailing(viewing film)

韓国・全羅南道の山間に谷城(コクソン)という村がある。映画の舞台はここ。タイトルの『哭声(原題:곡성)』と同じ発音になる。地名と哭声という言葉が掛けられているわけだ。哭声とは辞書によれば「人が死んだときに大きな声で泣く声」。そのとおりに、谷城に哭声が響きわたる。

のどかな山あいの村に、ひとりの日本人(國村隼)が住みついたことからなにかが変わりはじめる。住民が家族を惨殺する事件が連続して起こる。家族を殺した男は肌が赤くただれ、家の柱には見たこともない茸が生えている。住民たちは、日本人の仕業ではないか、日本人が裸で鹿の死体を食っているのを見たなどと噂する。村の警官・ジョング(クァク・ドウォン)が捜査に当たるが、ある日、自分の娘の肌が赤くただれているのを発見する……。

ジョングの母は、孫が悪霊に憑かれたと祈祷師(ファン・ジョンミン)を呼んで祈祷の儀式を行う。共同体によそ者が侵入したことから生まれる疑惑という社会派的な物語と、悪霊憑きと除霊といった『エクソシスト』ふうな物語が絡まりあって進行する。怪しげな若い女(チョン・ウヒ)が出てきたり、真っ赤な目をした國村隼がジョングの夢に現れたり、なにが起こっているのかわからないが、不安と恐怖が村に充満していく。もっともジョングは娘にまで馬鹿にされる頼りない警官で、太めのクァク・ドウォンが笑いとユーモアもかもしだす。いろんな要素がつめこまれすぎ、やや未消化で、ナ・ホンジン監督の『チェイサー』や『哀しき獣』にくらべると完成度はいまひとつだったが。

ところでこの映画、ネトウヨから反日映画などと騒がれるものかと一抹の不安があったけれど、そんなテイストはまったく感じなかった。

ひとつには、國村隼の役が「日本人」ではなく、共同体の外部から来た「よそ者」と設定されているからだろう。実際、ナ・ホンジン監督は最初、この役に中国人か日本人を考えたという。歴史的にいろいろあった日本人という設定ではなかった。國村の掌に釘を打たれた跡のある(イエスのように)ショットも挿入されていた。もうひとつは、國村隼が素晴らしいから。村人の妄想のなかで膨らんでゆく悪霊を身体を張って演じ、彼がいなければこの映画は成り立たなかったろう。青龍賞で男優助演賞と人気スター賞を得ている。

このところ『お嬢さん』や『暗殺』など日本の植民地時代を舞台にしたり、『哭声』のように日本人が登場する映画が公開されている。いま政治的に日韓は緊張しているけれど、これらの映画にそうした緊張はまったく反映していない。逆に、植民地に生きる悲しみを描いたり(『暗殺』)、日本が倒錯した憧憬の対象になったり(『お嬢さん』)、日本人としてでなくもっと普遍化して描かれたり(『哭声』)、韓国映画の成熟を感ずる。國村が韓国の映画賞を受賞したことも、そこに数えてもいいだろう。日本映画での韓国と韓国人(在日も含めて)の描かれ方(あるいは不在)を考えると、むしろ韓国映画のほうが成熟の度合いが高いのかもしれないな。

|

« 梅の実 | Main | 国会前へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65141993

Listed below are links to weblogs that reference 『哭声/コクソン』 國村隼の悪霊ぶり:

» 哭声 コクソン→國村? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。韓国映画。英題:The Wailing。ナ・ホンジン監督。クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ。変なことに気づいた。「國村」を音読みすれば「コクソン ... [Read More]

Tracked on April 14, 2017 at 12:43 PM

» 哭声/コクソン [映画的・絵画的・音楽的]
 韓国映画『哭声/コクソン』をシネマート新宿で見ました。 (1)評判がかなり良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ルカによる福音書第24章第37-39節が、字幕で映し出されます(注2)。  次いで、男(國村隼)が、大きな川の川岸の岩に腰掛けを置いて座り、本格的な長い釣り竿を使って釣りをしています。釣り針に餌をつける様子が、大写しにもなります。  場面が変わって、ある家の寝室。外は雨。  夫婦が布団を敷いて寝ているところ、夫のジョング(警察官:クァク・ドウォン)が起き... [Read More]

Tracked on April 14, 2017 at 09:19 PM

» 哭声 コクソン/THE WAILING [我想一個人映画美的女人blog]
THE WAILING 声をあげて泣く、泣き叫ぶ。 「チェイサー」「哀しき獣」などのナ・ホンジン監督作品。 ってことで、楽しみにしてた本作。 監督をしている弟の翔はこの作品が今のところ、今年のナンバーワンだそうで。 初日だったかな、に観たんだけどわたしもかなり好みで、早くレビュー書きたかったのだけど今になっちゃった もうとにかく、異国人である(日本人役)の國村隼さんの、 語らない顔だけ(表情)の演技の説得力と怖さがすごい 國村さんといえば、園子温監督作などでも認... [Read More]

Tracked on April 14, 2017 at 10:18 PM

» 『哭声/コクソン』 信じた者にはそう見えてしまう [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督の最新作。  よそ者の日本人役を演じる國村隼は、韓国の映画賞・青龍映画賞で外国人俳優として初受賞となる男優助演賞と人気スター賞のダブル受賞を果たしたとのこと。  警察官ジョング(クァク・ドウォン)の住む韓国の平和な村で一家惨殺事件が起きる。ある男が狂ったように自らの家族に手をかけたのだ。犯人には湿疹ができ、目はうつろ、正気を失って...... [Read More]

Tracked on April 15, 2017 at 12:23 AM

» 『哭声 コクソン(the wailing)』ナ・ホンジン脚本・監督、クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『哭声 コクソン』the wailing 脚本・監督:ナ・ホンジン出演 : クァク・ドウォンファン・ジョンミン國村隼、チョン・ウヒ、他物語・警察官ジョング(クァク・ドウォ... [Read More]

Tracked on April 15, 2017 at 01:16 AM

» 哭声/コクソン ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督が、静かで平和な村を舞台に贈る戦慄のサスペンス・スリラー。謎の日本人中年男性の出現と相前後して原因不明の不気味な殺人事件が立て続けに発生する中、捜査を担当する地元の平凡な警察官を待ち受けるおぞましくも不条理な...... [Read More]

Tracked on April 27, 2017 at 08:46 PM

« 梅の実 | Main | 国会前へ »