« 自主製作のCDが完成 | Main | カンナヒロコを聞く »

April 19, 2017

『午後8時の訪問者』 ミニマルな映画

La_fille_inconnue
The Unknown Girl(viewing film)

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の『午後8時の訪問者(原題:La Fille Inconnue)』には、いっさいの無駄がない。無駄な映像がなく、無駄なセリフがなく、無駄な音楽がない。カメラは登場人物の傍らにはりついて、そこから離れようとせず、風景などのショットは挿入されない。殺された少女がどんなふうにこの国にやってきたのかや、主役の医師の家庭環境なども説明されない。音楽はいっさい入らず、終始、高速道路を走る車の音だけが流れている。必要最小限の要素でつくられた、ミニマリズムの映画。

もっとも一般論で言えば、それが即いい映画という訳でもない。心を揺さぶる映像の迫力。ジョークや洒落たセリフ。適度な説明。ぴたりとはまった音楽。そういう遊びがあってこそ、映画の快楽はいよいよ大きくなる。でもダルデンヌ兄弟は、そうした遊びを引き算して映画をつくることを自分たちのスタイルとして選んだ。

ベルギーのリエージュ。医師のジェニー(アデル・エネル)は引退する老医師の診療所で、研修医とともに代診をしていた。帰り支度をしていた午後8時、誰かがベルを鳴らす。研修医がドアを開けようとするが、ジェニーは診療時間外だからと止める(彼女には、勤務することが決まった病院の歓迎パーティーの予定があった)。翌日、近くの川で身元不明の若い女性の死体が発見される。防犯カメラには、女性が診療所のベルを鳴らす姿が映っていた。医師として罪悪感にさいなまれたジェニーは、女性が誰なのかを調べはじめる……。

リエージュはダルデンヌ兄弟が生まれ育った土地であり、彼らの過去の映画の舞台でもある。殺風景な工業都市。診療所は、労働者階級や移民が暮らす貧困地区にある。ジェニーが手掛かりを求めて家々を訪ねはじめると、労働者家庭の現状や、移民が集まるカフェ、若者がたむろする廃工場、移民の売春組織などが浮かびあがってくる。

とてもぶっきらぼうな映画なのに最後まで引き込まれるのは、女性が誰なのか、なぜ殺されたのかの謎を追う、サスペンスの要素だけは引き算の果てに残しているからだろう。『ある子供』や『ロルナの祈り』もそうだったように。小生、サスペンスやミステリーなどのジャンル映画が好きなので、そこに惹きつけられる。

ドキュメンタリー出身らしく、ひたすら主人公を追うカメラと、カメラの動きによって徐々に謎が見えてくるジャンル映画の要素が溶けあってる。それが、似たようなテイストをもつケン・ローチやミヒャエル・ハネケと違うダルデンヌ兄弟のスタイルなんだろう(もっとも隣で見ていた中年夫婦は文字通りジャンル映画を期待していたらしく、見終って「なに、この映画」と文句を言っていた。邦題はそういう誤解を意図的に誘導してる)。

最後にジェニーは、決まっていた病院勤務を辞退し診療所を引き継ぐことを決意する。前作『サンドラの週末』でもマリオン・コティヤールが全編すっぴんだったけど、この映画でもアデル・エネルは化粧っ気なしで、にもかかわらず魅力的な女性医師を演じている。


|

« 自主製作のCDが完成 | Main | カンナヒロコを聞く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65154756

Listed below are links to weblogs that reference 『午後8時の訪問者』 ミニマルな映画:

» 『午後8時の訪問者』 何がジェニーに起ったか? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ロゼッタ』『サンドラの週末』などのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作。  原題は「La fille inconnue」。「見知らぬ女の子」といった意味らしい。  この作品でもダルデンヌ兄弟作品の常連役者があちこちに顔を出している。  ある夜、診療時間を1時間も過ぎたころに鳴ったベルを、女医のジェニー(アデル・エネル)は無視してしまう。翌日、ベルを無視した...... [Read More]

Tracked on April 19, 2017 at 06:15 PM

» 午後8時の訪問者 [象のロケット]
もうすぐ大病院へ移ることが決まっている若き女医ジェニー。 入院中の老医師の代理で小さな診療所を診ていた彼女は、午後8時過ぎのドアベルに答えようとした研修医ジュリアンを制止する。 もうとっくに診療時間は過ぎていたのだ。 ところが翌日、近くで身元不明の少女の遺体が発見される。 午後8時に診療所のドアホンを押す彼女の姿が、監視カメラに写っていたという。 ショックを受けたジェニーは、少女の身元を調べることに…。 ミステリー。 ≪あの時、ドアを開けていれば―。≫... [Read More]

Tracked on April 20, 2017 at 08:28 AM

» 『午後8時の訪問者』('17初鑑賞38・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月19日(水) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 14:15の回を鑑賞。 [Read More]

Tracked on April 22, 2017 at 06:09 PM

» 午後8時の訪問者 [映画的・絵画的・音楽的]
 『午後8時の訪問者』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『ロルナの祈り』や『少年と自転車』で印象深かったダルデンヌ兄弟の作品ということで映画館に行ってきました〔補注〕。  本作(注1)の冒頭は、都市郊外にある小さな診療所の診察室(注2)。  主人公の女医・ジェニー(アデル・エネル)が、患者の背中に聴診器を当てて診ています(注3)。研修医のジュリアン(オリヴィエ・ボノー)も聴診器を当て、「肺気腫では?」と言います。  ジェニーは、再度聴診器を当てて、「気管支炎による喘息かも」「レントゲンを見ましょ... [Read More]

Tracked on April 28, 2017 at 06:12 AM

« 自主製作のCDが完成 | Main | カンナヒロコを聞く »