« 門仲から吉原大門 | Main | 梅の実 »

April 07, 2017

天人峡温泉へ

1704071w
a trip to Tenninkyo Spa

北海道・大雪山麓の天人峡温泉へ行ってきた。

忠別川沿いの水車の露店風呂。

1704072w

旭川空港から東川町を経て忠別川に沿って大雪山麓へわけいる。忠別湖をすぎると積雪は1メートル近くなる。旭岳方面とは別の谷に入ると、どんづまりに2軒の宿がある。近くに羽衣の滝という名勝があるが、今は積雪が多くて近づけない。

1704073w

湯は無色だが、空気に触れると緑褐色になる。硫酸塩・炭酸水素塩・.塩化物泉。源泉掛け流しで、40度前後のちょうどいい湯温。肌にぬめりを感じ、心地よくていつまでも入っていられる。

2つの内湯と2つの露天風呂がある。これは大浴場の岩風呂。内風呂だが、幅20メートル、高さ7メートルほどの岩を露出させている。豪快な風呂。

1704074w

飲用できる。わずかに金属の苦みと塩味。胃腸病や腰痛に効くそうだ。

17040710w

温泉は明治末、アイヌの案内でこの谷に入った日本人が発見し、数年後に宿が建てられた。宿泊する建物は現在とは反対側の岸にあり、橋で忠別川を渡って入浴していた。

1704075w

もうひとつの露天。忠別川をはさんだ対岸には涙岩という一枚岩がある。

1704076w

翌日は春のような陽気。涙岩に積もった雪が雪崩となって忠別川に落ち、巨大な一枚岩が姿をのぞかせた。

1704077w

東川方面へ向かうと二つのトンネルがある。

東川では写真甲子園という催しが毎年開催されていて、写真雑誌を編集していた20年前、4回ほど参加したことがある。そのときは、天人峡から5キロほどの旭岳温泉に泊った。

1704078w

トンネルを抜けると七福岩と呼ばれる柱状節理がある。大雪山系の噴火で堆積した凝灰岩が冷えて固まるときに収縮し、柱状になった岩。

1704079w

1000メートルの(歩くには)長い2つ目のトンネルと抜けると、熊出没注意の標識。熊と鉢合わせしてはたまらないので、Uターンして宿へ戻る。

|

« 門仲から吉原大門 | Main | 梅の実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/65120504

Listed below are links to weblogs that reference 天人峡温泉へ:

« 門仲から吉原大門 | Main | 梅の実 »