« 鶴橋商店街 | Main | 『小名木川物語』上映会 »

February 23, 2017

『マリアンヌ』 美男美女の映画

Allied
Allied(viewing film)

美男美女を主役に第二次大戦中のカサブランカを舞台にしたスパイものと言えば、どうしても名作『カサブランカ』を思い出してしまう。アメリカが参戦した1942年に公開された『カサブランカ』は、ラブロマンスの衣の下でさりげなく反ナチのメッセージを伝える広義のプロパガンダ映画だったけど、『マリアンヌ(原題:Allied)』はそういうイデオロギーは抜きにして楽しめるサスペンス+メロドラマになっている。

カナダ空軍の情報将校マックス(ブラッド・ピット)は、ドイツに占領されたフランス植民地のカサブランカで、レジスタンス「自由フランス」のマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と組んでドイツ大使を暗殺する。恋に落ちた二人はロンドンで結婚するが、マリアンヌにドイツのスパイではないかと疑いがかけられ……。

映画の前半と後半で、多少色合いが違う。前半は、二人が夫婦を装ってドイツ大使館のパーティにもぐりこみ、大使を暗殺するサスペンスとアクション。加えて、夫婦を偽装する二人が互いに演技なのか本心なのかさぐりあっている気配が面白い。マリアンヌは、正体がばれないためには「感情を偽らない」のが大事だと言う。この言葉が、映画の最後まで効いている。

マックスはパリから来たというふれこみなのに、カナダのフランス語圏であるケベック訛りのフランス語を話す。それもまたサスペンスの一要素。マリアンヌがマックスを「ケベック人」とからかう。二人が男と女の駆け引きをしつつ夫婦を装って周囲をだますあたりのリズムは心地いい。

原題のAlliedは、同盟したとか連合したといった言葉で、連合国側のという意味合いと、二人の連合という意味合いをかけてるんだろうけど、いずれにしても男と女の間には使われない硬い言葉を選んでいるところに味がある。

マリアンヌにスパイの疑いがかけられる後半は、メロドラマ+心理サスペンスのタッチ。マリアンヌがスパイかどうかは、観客にもラスト近くで明かされるまで分からない。フランス国歌の「ラ・マルセイエーズ」がサスペンスの鍵になり、決定的なシーンが航空機のそばなのは『カサブランカ』を意識してるからだろう。

マリオン・コティヤールもカサブランカを舞台にした前半は、絹のドレス姿が清純派のイングリッド・バーグマンより色っぽい。ロンドンの後半は、戦時下のつましい主婦といったたたずまい。アカデミー主演女優賞を受賞した『エディット・ピアフ』、ミュージカルの『NINE』、ほとんどスッピンだった『サンドラの週末』、最近の『たかが世界の終わり』と、映画によってずいぶん印象が違う。あの大きな目が魅力なのは共通してるけど。ブラッド・ピッドは、ハンフリー・ボガートのような渋みはないけど八の字眉は健在。

古めかしい美男美女のメロドラマと、CGを駆使して戦時下のカサブランカやロンドンを再現したロバート・ゼメキス監督の職人技。むずかしいことは考えず気持よく楽しめました。


|

« 鶴橋商店街 | Main | 『小名木川物語』上映会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/64919458

Listed below are links to weblogs that reference 『マリアンヌ』 美男美女の映画:

» "I want you to play the piano for me"『マリアンヌ(Allied)』ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞、ラストに触れています。『マリアンヌ』Allied監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ブラッド・ピットマリオン・コティヤールリジー・キャプランマシュー・グッドジャレッド・ハリス、他 ※... [Read More]

Tracked on February 23, 2017 at 03:43 PM

» 劇場鑑賞「マリアンヌ」 [日々“是”精進! ver.F]
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】 [Read More]

Tracked on February 23, 2017 at 04:29 PM

» マリアンヌ~007+カサブランカ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Allied。ロバート・ゼメキス監督。ブラッド・ピット、 マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、マシュー・グード。1942年のモロッコ・カサブランカとなると、 ... [Read More]

Tracked on February 23, 2017 at 05:52 PM

» 『マリアンヌ』 正統派でクラシカルな作品? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』などのロバート・ゼメキス監督の最新作。  主演にはブラット・ピットとマリオン・コティヤール。  原題は「Allied」。これは「同類の」とか「連合国側の」といった意味らしい。  邦題はこの作品のヒロインの名前だが、かつての『わが青春のマリアンヌ』に引っ張られているのかもしれない。『わが青春のマリアンヌ』は、アルフィーの歌とか松本零士の...... [Read More]

Tracked on February 23, 2017 at 06:29 PM

» 「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne [Read More]

Tracked on February 24, 2017 at 11:33 PM

» マリアンヌ [象のロケット]
第二次世界大戦中。 イギリス人諜報員の男性マックスと、フランス人諜報員の女性マリアンヌは、モロッコ・カサブランカでの作戦中に恋に落ち結婚する。 二人はイギリス・ロンドンで幸せな夫婦生活を送っていたが、妻マリアンヌに信じられない疑惑が持ち上がった。 72時間以内に疑いを晴らせなかった場合、マックスは妻の命を奪うようにと命じられてしまう…。 サスペンス。... [Read More]

Tracked on February 26, 2017 at 11:24 AM

» マリアンヌ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
「カサブランカ」と同じ時代設定であり、まさに前半のモロッコ編ではスパイアクションが繰り広げられる。任務を終えて英国に戻ったらもう関係ないと思っていたら、ロンドンも空襲があい落ち着く暇もない。夫婦となった仕事仲間は詰めが甘かったのか、時代の嵐に負けてしまっ... [Read More]

Tracked on February 26, 2017 at 11:34 PM

» マリアンヌ ★★★・8 [パピとママ映画のblog]
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極秘任務を通じて出会った男女が愛し合うものの、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描...... [Read More]

Tracked on February 27, 2017 at 09:29 AM

» マリアンヌ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プロペラ機の音がして、原題の「ALLIED」が映し出...... [Read More]

Tracked on March 01, 2017 at 05:52 AM

« 鶴橋商店街 | Main | 『小名木川物語』上映会 »