« 春風亭一之輔を聞く | Main | 八ヶ岳山麓の旅 »

November 01, 2016

『永い言い訳』の幸福感

Photo

西川美和監督の映画は『ゆれる』が見事にそうだったように、いつも相対する人と人の微妙な感情の揺れを丁寧に掬いあげる。

バス事故で互いに妻を失った幸夫(さちお、本木雅弘)と陽一(竹原ピストル)が、陽一の息子・娘とともに初めて食事をした夜、娘の灯(あかり)がアレルギーを起こして陽一は病院に駆け込み、幸夫は陽一の息子・真平を陽一のアパートに連れ帰る。陽一が帰ってきたとき、幸夫は真平が成績がよく中学受験を考えていることを真平から聞いた、と陽一にしゃべる。そのときの陽一の反応。

長距離トラックの運転手で、いかつい風貌の陽一が、「今日はじめて会ったのに」と言って一呼吸おく。そんなプライバシーまで踏み込んで、と陽一が怒るのかと観客は不安になる。ところが陽一は、「あいつはサチオ君にそんなことまでしゃべったんですか」と顔をくしゃくしゃにして笑う。幸夫と陽一が友人関係になる瞬間だ。

あるいは、その後の展開にいろんな種をまく、陽一と妻・夏子(深津絵里)の映画冒頭の会話。ことあるごとに妻を思いだして泣く父の陽一に距離をおく真平の、父に対する感情。真平は幸夫に対してもはじめ口が重いが、やがて信頼して父への批判めいた言葉も口にしはじめる。灯もはじめは幸夫に口もきかないが、やがてべたっとしてくる。そんな、それぞれのちょっとした心の動きの描写が積み重ねられて、幸夫と陽一の子供たちとの交流が深まってゆく。いささか強引な設定だけど、その幸福感がこの映画のすべてと言っていいくらいだ。

幸夫が灯を自転車に乗せて息をきらせて坂道を上がるシーン。寝過ごし降りそこねた真一の乗るバスを追って、幸夫と灯が自転車で追いかけるシーン。幸夫と真一が机をはさんで会話するシーン。どれも心に残る。

もっとも、売れっ子作家の幸夫は善意でそうしているわけではない。妻がバス事故にあったそのとき、編集者の智尋(黒木華)と不倫していた。その罪悪感から妻の死に向き合えない。仕事で家にいられない陽一の代わりに子供たちの世話をするのは、妻の死に向き合えないことから目をそらす自分への「言い訳」であり、小説のネタにしようという下心でもある。酒を飲めばエゴイストの本音が出るし、陽一一家との交流を追うTVドキュメンタリーに出演しても、カメラに向かってキレてしまう。夏子が幸夫宛てに書いたメールの下書きに残した「もう愛してない。ひとかけらも」の言葉は、どう受け取ったらいいのか。

そのあたりの幸夫の内心の亀裂が深まっていくのかと思っていたら、一家との交流を描いた小説が賞をもらい、そこで幸夫は夏子の死を受け入れる、予定調和のエンディングになってしまったのはいささか肩透かし。印象的なシーンはたくさんあるけど、『夢売るふたり』なんかに比べてドラマの骨格が弱いように思えた。


|

« 春風亭一之輔を聞く | Main | 八ヶ岳山麓の旅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/64424477

Listed below are links to weblogs that reference 『永い言い訳』の幸福感:

» 永い言い訳〜自家中毒的作家論 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。西川美和原作・監督。本木雅弘、深津絵里、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子、池松壮亮、黒木華、山田真歩。のっけから何か是枝裕和監督の「そして父にな ... [Read More]

Tracked on November 01, 2016 at 06:11 PM

» 「永い言い訳」:厄介なダメ男の系譜 [大江戸時夫の東京温度]
映画『永い言い訳』は、西川美和監督らしいシニシズムと毒気を孕みながら、物語の先へ [Read More]

Tracked on November 01, 2016 at 09:49 PM

» 永い言い訳 [映画的・絵画的・音楽的]
 『永い言い訳』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)西川美和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、椅子に座った衣笠幸夫(小説家の筆名は津村啓:本木雅弘)の髪の毛を、妻の夏子(深津絵里)がハサミを入れて切っています。  TV画面には、幸夫が出演しているバラエティ番組が映し出されていて、それを見ながら夏子が笑います。  すると、幸夫は「もう消せよ、くだらない」「ヌエ(鵺)のことなんか語ってどうすんだって思ってるんだろ?」と詰りますが、夏子は「思ってません」... [Read More]

Tracked on November 01, 2016 at 09:55 PM

» 永い言い訳 [あーうぃ だにぇっと]
永い言い訳@よみうりホール [Read More]

Tracked on November 01, 2016 at 10:20 PM

» 『永い言い訳』 “他者”とは誰のこと? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ゆれる』『夢売るふたり』などの西川美和監督の最新作。  原作は西川美和自身の書いた同名小説で、これは直木賞候補にも選ばれた作品。  テレビのバラエティ番組にも出演したりもする人気小説家の幸夫(本木雅弘)は、ある日突然、妻・夏子(深津絵里)を事故で亡くすことになる。その知らせを受けたとき、幸夫は妻の居ぬ間に自宅に愛人(黒木華)を連れ込んでいたところであり、世間の同情をよそに...... [Read More]

Tracked on November 01, 2016 at 11:41 PM

» 永い言い訳 ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「ディア・ドクター」「夢売るふたり」の西川美和監督が、直木賞候補ともなった自身の同名ベストセラーを映画化したヒューマン・ドラマ。妻が不慮の事故で亡くなったにもかかわらず悲しむことができなかった主人公が、同じく事故で妻を亡くした男性とその子どもたちと出会...... [Read More]

Tracked on November 02, 2016 at 12:47 PM

» 永い言い訳 [象のロケット]
人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、妻・夏子が旅先でバスの事故に遭い、親友ゆきと一緒に亡くなったという知らせを受ける。  ちょうどその時に不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできなかった。  ある日、ゆきの夫でトラック運転手の大宮陽一と顔を合わせた幸夫は、ふとした思いつきから、陽一の子どもたちの世話を買って出ることに…。 ヒューマンドラマ。... [Read More]

Tracked on November 02, 2016 at 05:16 PM

« 春風亭一之輔を聞く | Main | 八ヶ岳山麓の旅 »