« 『怒り』 クールな小説、ホットな映画 | Main | アンジェイ・ワイダを悼む »

October 08, 2016

『オーバーフェンス』 鈍色の空の下

Photo
Overfence(viewing film)

冒頭、北国の鈍色をした曇天を飛ぶ海鳥がスローモーション気味に映し出されたとき、既視感があった。オダギリジョーと蒼井優が言い合いのケンカをする長いシーンも既視感があった。既視感とともに懐かしい感じもした。

それはどこから来たんだろうと考えて思いついたのが、1970年代に神代辰巳がつくった何本かの文芸映画。『櫛の火』(古井由吉)、『赫い髪の女』(中上健次)といった映画は、成瀬巳喜男や今井正の古典的な文芸映画や、増村保造や川島雄三の60年代ふうに重厚な文芸映画ともちがって、手持ちカメラや長回し、役者の即興的な演技を重視して、ある種の軽みと浮遊感を出していた。

『オーバーフェンス』は佐藤泰志の小説を原作にした函館3部作の最後の作品。前2作の『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』が重苦しい映画だったのに比べると、この映画には軽やかさと明るさがある。もちろん文芸映画だから、流行りの映画の底抜けの軽さと明るさとは違うけれど。その軽みや明るさやユーモアがじわっと滲みでてくるのが山下敦弘監督の個性。

話は単純で、ボーイ(中年男だけど)・ミーツ・ガール。離婚して故郷へ戻った白岩(オダギリジョー)はアパート暮らしで職業訓練校に通い、コンビニで缶ビール2本と弁当を買って日々を送る。訓練校の仲間、代島(松田翔太)に誘われてクラブに行き、鳥の真似をするエキセントリックな聡(蒼井優)という女に会う。聡は自分を「壊れた女」と呼び、白岩は自分を「壊す男」だと言う。二人は惹かれあい、親しくなり、夜を過ごし、喧嘩し、別れ、でも互いに気になり、会いに行き……。

そこに職業訓練校の人間模様がからむ。若いのに偉ぶった教師の生徒いじめ。教師より年上で、社会経験のある生徒が教師に絡む。白岩は、それらを距離を置きながら眺めている。無関心。それが聡を知ることで少しずつ変わってくる。訓練校が今の社会の比喩になっているあたりは、ちょっと古風というか文芸映画の臭みを感ずる。

学内対抗の草野球や昭和ふうな遊園地・動物園が背景になるあたりは、地方都市のゆるく澱んだ空気がたゆたっている。そんな舞台装置とオダギリジョーと蒼井優の存在感でできている映画だった。『どんてん生活』や『リアリズムの宿』以来の学生映画ふうの実験精神は希薄になったけど、そのぶん成熟し、山下監督の体温が感じられて悪くない。


|

« 『怒り』 クールな小説、ホットな映画 | Main | アンジェイ・ワイダを悼む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/64304699

Listed below are links to weblogs that reference 『オーバーフェンス』 鈍色の空の下:

» オーバー・フェンス ★★★★ [パピとママ映画のblog]
近年再評価が進む不遇の作家・佐藤泰志の小説を、大阪芸術大学出身の気鋭監督で映画化する「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館三部作”最終章。人生に挫折し、将来の展望のないままに孤独で無気力な日々を送る主人公が、キャバクラで働くヒロインや職業訓練校の仲間たちと織りなす不器用な交流を通して少しずつ変わっていく姿を描き出す。主演はオダギリジョー、共演に蒼井優、松田翔太。監督は「苦役列車」「...... [Read More]

Tracked on October 08, 2016 at 04:18 PM

» オーバー・フェンス [映画的・絵画的・音楽的]
 『オーバー・フェンス』をテアトル新宿で見ました。 (1)『FOUJITA』(2015年)で好演したオダギリジョーの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、カモメが空を飛ぶ映像が少しあって、タイトルが流れます。  そして、函館職業訓練校の...... [Read More]

Tracked on October 08, 2016 at 09:20 PM

» 『オーバー・フェンス』 その瞬間のみ光輝く [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 佐藤泰志原作の『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章。  監督は『どんてん生活』『リンダ リンダ リンダ』などの山下敦弘。  出演陣にはオダギリジョーや蒼井優以外にも個性的な面々が。舞台となる職業訓練校の仲間には松田翔太や満島真之介など。一番年上の勝間田を演じた鈴木常吉がいい味を出している。  離婚して地元に戻ることになった白岩(オダギリジョー)...... [Read More]

Tracked on October 08, 2016 at 11:14 PM

» 『オーバー・フェンス』('16初鑑賞91・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月23日(金) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 12:25の回を鑑賞。 [Read More]

Tracked on October 09, 2016 at 08:40 PM

» 「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流 [大江戸時夫の東京温度]
映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目と [Read More]

Tracked on October 20, 2016 at 10:25 PM

« 『怒り』 クールな小説、ホットな映画 | Main | アンジェイ・ワイダを悼む »