« 作並温泉から立石寺へ | Main | 『イレブン・ミニッツ』 カタストロフの予兆 »

August 26, 2016

『ミモザの島に消えた母』 干潟の道の風景

Boomerang
Boomerang(viewing film)

『ミモザの島に消えた母(原題:Boomerang)』の舞台はフランス大西洋岸のノアールムーティエ島という小さな島。この島とフランス本土の間は潟になっていて、満潮のときは海だが、干潮のときは陸地になる。潟のなかを島と本土を結ぶ「ゴアの通路」と呼ばれる4キロほどの道が走っていて、潮が満ちると道路は海に没する。この道はグーグル・アースでも見ることができるが、この道路が映画の鍵になる。

かつて島に住んでいた家族をめぐるミステリー。際立つ個性があるわけじゃないけど、楽しめる映画に仕上がっている。

アントワン(ローラン・ラフィット)は離婚したばかりの男。子供のころノアールムーティエ島に住んでいて、30年前に母が不可解な死を遂げたことをいまだに忘れられない。父も祖母も、その話題になると口をつぐむ。ある日、気が進まない妹のアガッタ(メラン・ロラン)を誘って島を訪れる。アントワンは母が死んだ病院で、死体修復師をしているアンジュル(オドレイ・ダナ)と出会って惹かれあい、二人で母の死について聞いて回る。かつて一家の家事手伝いとして働いていた老女は、なにかを隠している……。

「ブーメラン」という原題は、アントワンが30年後にノアールムーティエ島にブーメランのように帰ってきたことを指しているのか。加えて、もうひとつ。アントワンの10代の娘は、女友達を愛していると父に打ち明ける。そのことと、母が美術家の女性に惹かれたことが死の原因になったこと。世代をまたいで、過去が現在にブーメランのように戻ってくることが重ねられている。30年前といえば1980年代。もうフェミニズムの時代だけど、フランスの田舎ではまだ同性愛は許されないことだったんだろうか。

母の運転する車が、潮が満ちてきた「ゴアの通路」を水しぶきをあげて走る。フランソワ・ファブラ監督は、このショットを撮りたかったんだろうな。こんな道路が今も残っているのが、いかにもヨーロッパという感じがする。

|

« 作並温泉から立石寺へ | Main | 『イレブン・ミニッツ』 カタストロフの予兆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/64076426

Listed below are links to weblogs that reference 『ミモザの島に消えた母』 干潟の道の風景:

» ミモザの島に消えた母 [あーうぃ だにぇっと]
ミモザの島に消えた母@エスパス・イマージュ [Read More]

Tracked on August 26, 2016 at 06:21 PM

» 『ミモザの島に消えた母』 2016年7月20日 エスパス・イマージュ [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『ミモザの島に消えた母』 を試写会で鑑賞しました。 深い理解が必要な映画である。 【ストーリー】  30年前に「ミモザの島」という島の海で溺死した母親の事件を、40歳になっても引きずっていたアントワン(ロラン・ラフィット)。アントワンは母の死の真実を調べようとするが、家族は口を閉ざしたままだった。アントワンはミモザの島を訪れ、母のもう一つの顔と家族が封印した、思いも寄らない真実にたどり着く。 ネタバレ的な感想を含んでいますので、まっさらで見たい方は以下読まないでください 言葉に出せな... [Read More]

Tracked on August 26, 2016 at 10:34 PM

» 映画・ミモザの島に消えた母 [読書と映画とガーデニング]
原題 BOOMERANG2015年 フランス パリで暮らす40歳になるアントワン(ローラン・ラフィット)30年前に「ミモザの島」と呼ばれるノアルムーティエ島沿岸で溺死した愛する母への喪失感から抜け出せず妻とは離婚、父や継母ともあまり上手くいっていません唯一、近く...... [Read More]

Tracked on August 27, 2016 at 02:45 PM

» ミモザの島に消えた母 [映画好きパパの鑑賞日記]
 幼い頃のトラウマから解放されるべく、家族の秘密を探る主人公がたどりついた場所とは。フランス映画らしい濃密な雰囲気は楽しめますが、愛がすべてなのかという気もしてしまいました。  作品情報 2015年フランス映画 監督:フランソワ・ファヴラ 出演:ロラン・ラ…... [Read More]

Tracked on August 27, 2016 at 08:56 PM

» ミモザの島に消えた母 [象のロケット]
冬にミモザの花が咲き乱れることから「ミモザの島」と呼ばれる、フランスの避暑地ノアールムーティエ島。 幼い頃、ここで母を亡くした兄アントワーヌと妹アガットは、久々に島を訪れる。 母の死に疑問を抱いたアントワーヌは、家族の周辺を調べることに。 30年間タブーとなっていた母の話題を持ち出したことで、彼は再婚した父や祖母、妹と対立していく…。 サスペンス・ドラマ。... [Read More]

Tracked on August 28, 2016 at 10:17 AM

« 作並温泉から立石寺へ | Main | 『イレブン・ミニッツ』 カタストロフの予兆 »