« チャンビ写真展がすごい | Main | 『あゝ新宿』展とシンポジウム »

July 06, 2016

『クリーピー 偽りの隣人』 凶悪な緑

Photo
Creepy(viewing film)

黒沢清のホラーでは、こうなったからこうなるという因果関係の説明なしに、いきなり恐怖が始まる。その予兆として、なんでもない風景が禍々しく見えてくるショットが挿入されることが多い。

『クリーピー 偽りの隣人』では、犯罪心理学者・高島(西島秀俊)と妻・康子(竹内結子)が引っ越してきた家の隣家のショット。シネスコ画面手前にフェンスで囲まれた空地があり、日陰になっている。その向こうに隣家がある。画面の奥左半分はここも日陰の家屋、右半分が庭で、そこにだけ強い太陽の光が当たっている。庭は手入れされていないらしく、雑草が高く伸びている。にわかに風が吹き、ゆらぐ緑が強烈なコントラストのなかで凶悪な色に見えてくる。その数秒のショットがすごい。

東京の稲城市でロケされているようだ。稲城は多摩丘陵にあり、アップダウンと緑の多い新興住宅地。丘の上から自宅や不審な隣家を見下ろす。隣人の西野(香川照之)と康子がトンネルと傾斜のある道で出会う(脇には緑の雑草)。自宅と隣家を真上から見下ろすショットがある。そんな具合に、見上げたり見下ろしたりする視線と凶悪な緑色、トンネルの闇がドラマに影を落としている。撮影は黒沢と組んできた芦澤明子。

元刑事の高島は、かつての同僚(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。調べると、失踪した一家の隣に住んでいた隣人の存在が浮かびあがる。引っ越した高島夫妻は、隣家の西野の言動に不審を感ずる……。

殺人の動機から方法から背後の人間関係からすべて言葉で説明しなければ気がすまないテレビの2時間ドラマを見慣れた目には、黒沢清のホラーは説明もなく、唐突で、そのうえ観客をびっくりさせる脅しもないから、奇妙な映画に見えるだろう。よく分からないけど、怖い。

香川照之は、こういうのがはまり役でまたかとも思うけれど、うまいし怖いから仕方ない。彼なしでは成り立たない映画かもしれない。西島秀俊はところどころ偏執的なところがほの見えて、香川照之とコインの表裏のような役どころ。

もうひとつ、気になったショット。なかほどで、トンネル手前で香川照之と竹内結子の姿かたちがほとんどひとつに重なっている奇妙な画面。その後、手をつないでいたらしい二人が手を放して別れる。しばらくして竹内結子の腕に注射痕のあるのが写され、そこではじめてそのショットの意味が分かる。竹内結子が香川照之に引き込まれてゆく過程はほとんど描写されないが、竹内結子が自宅でぼんやりしているショットでそれが暗示される。

隣家の内側へカメラが入ってからは、いかにも黒沢清好みの装置と展開になる。『岸辺の旅』も悪くないけど、やっぱり黒沢清の本領はこっちだなあ。


|

« チャンビ写真展がすごい | Main | 『あゝ新宿』展とシンポジウム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『クリーピー 偽りの隣人』 凶悪な緑:

» 「クリーピー 偽りの隣人」 [ここなつ映画レビュー]
とにかく怖い。こっっえ〜!のである。香川照之が異常者で西島秀俊が過去に傷を持つ有能な犯罪心理学者であるという、ステレオタイプな配役だったとしても、だ。ラストのクライマックスに至るまでの展開は壮絶な心理戦であるにもかかわらず、香川照之が異常過ぎて怖過ぎて、それが見えてこない程に。そしてこの2人は生物学的な立ち位置が全く違うジャンルに位置しているようにさえ見えるのに(あ、つまりイケメンかそうでないかということも含めてね)、息がぴったりと合っていて、実は同じジャンルの出自なのではないかと思わせる。竹内結子... [Read More]

Tracked on July 06, 2016 04:24 PM

» クリーピー 偽りの隣人 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。前川裕原作、黒沢清監督。西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之、藤野涼子、戸田昌宏、馬場徹、最所美咲、池田道枝、佐藤直子、笹野高史。何と言うか、 ... [Read More]

Tracked on July 06, 2016 05:42 PM

» クリーピー 偽りの隣人 [映画的・絵画的・音楽的]
 『クリーピー 偽りの隣人』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)黒沢清監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、窓に鉄格子がはめられている取調室。  連続殺人事件の容疑者の松岡(馬場徹)が、歩き回りながら、「俺は、やりもしないで諦...... [Read More]

Tracked on July 06, 2016 06:48 PM

» 『クリーピー 偽りの隣人』 境界に危ないものが棲みつく [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 黒沢清監督の最新作。  原作は日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説『クリーピー』だが、かなり改変されている模様。  「クリーピー」とは「ぞっとする」とか「身の毛がよだつ」という意味。  犯罪心理学を学んでいた刑事・高倉(西島秀俊)は、犯人の気持ちを理解しているつもりになって大きな失敗をしてしまう。その後、高倉は犯罪心理学者として大学で教鞭をとることになり、妻・...... [Read More]

Tracked on July 06, 2016 08:44 PM

» 「クリーピー 偽りの隣人」:不気味で不穏で、ツッコめます [大江戸時夫の東京温度]
映画『クリーピー 偽りの隣人』は、かなりいや~な感じの心理ホラー。終映後のロビー [Read More]

Tracked on July 06, 2016 10:32 PM

» クリーピー 偽りの隣人 [象のロケット]
元刑事で犯罪心理学者の高倉は、6年前に発生した「日野市一家行方不明事件」に興味を持ち、事件現場を訪れた際、一家の中でただひとり残された女性・早紀と出会う。 一方、新居へ引っ越した挨拶のため近所を回っていた高倉の妻・康子は、隣家・西野家の主人の不躾な態度に唖然とする。 西野家との近所付き合いが始まってからしばらくして、高倉は西野の娘・澪から「あの人、お父さんじゃありません。 全然知らない人です。」と告げられる…。 サスペンス・スリラー。... [Read More]

Tracked on July 08, 2016 08:52 AM

« チャンビ写真展がすごい | Main | 『あゝ新宿』展とシンポジウム »