« 『海よりもまだ深く』 恥ずかしさと共感と | Main | DUGのけむり草 »

June 20, 2016

『エクス・マキナ』 ロボットのエロチシズム

Exm1
Ex Machina(viewing film)

『エクス・マキナ(原題:Ex Machina。「機械仕掛けの」の意)』は脚本家アレックス・ガーランドの初監督作。過去の名作SFのいろんな要素を組み合わせながら、クールなエロチシズムを漂わせているのが面白い。ロボットの姿は『メトロポリス』から、コンピューター(人工知能)の反乱というテーマは『2001年 宇宙の旅』から、そして物語は『ブレードランナー』の前日譚といった趣になっている。

それに低予算(インディペンデントのイギリス映画で1500万ドル)だからか登場人物は4人、人里離れた研究所が舞台(ノルウェーの山岳地域でロケ)という設定が、制約を逆手にとった静謐な雰囲気を高めている。ミステリーの密室ものや猟奇殺人といったジャンル映画の要素もある。

ケイレブ(ドーナル・グリーソン)は検索エンジンの世界的企業に勤めるプログラマー。ある日、巨万の富をもち、人里離れた施設で研究する社長のネイサン(オスカー・アイザック)に呼ばれる。研究所にはネイサンと英語を解さないメイドのキョウコ(ミズノ・ソノヤ)の2人だけがいる。ケイレブはネイサンから、女性型ロボットのエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)に装着した最新型人工知能の性能を測るテストを行うよう命じられる。やがて、エヴァの性能を測るはずのケイレブが逆にエヴァの性能の実験台になっていることが分かってきて……。

ミステリーものの常道で、研究所を訪れたケイレブが少しずつ不安を高めていく。支配的なネイサンの態度。表情を変えないメイド。仕切られたガラス壁にはひび割れがある。突然の停電。監視カメラが作動しなくなった瞬間、ロボットのエヴァはケイレブに「ネイサンを信じないで」とつぶやく。

この映画がアカデミー賞視覚効果賞を取ったのは、なんといってもエヴァという女性型ロボットの造形でしょうね。人間と同じなのは顔と手のみ。頭は銀色の金属、上半身と腰は網をかぶせたグレイの物質、上半身と腰の間や脚は透明で、金属製の骨格や配線が透けて見える。エヴァが動くと透明部分の背景も移動するわけで、このあたりがVFXの見せどころなんだろう。

後半になると、ネイサンが何体もの女性型ロボットをつくっていたことが判明する。なかには人間そっくりのもある。クローゼットを開けると裸の人型ロボットが出てきたり、人肌のパーツをはがしたり装着したりのシーンは、猟奇犯罪もの映画の応用編とでもいうか。

そのことを知ったケイレブは実は自分もロボットなのではないかと疑い、自分の眼球の周囲を広げてみたり、腕にナイフを突き刺したりする。これは『ブレードランナー』で、探偵役のハリソン・フォード自身が実はレプリカントではないかと疑わせる描写があったことを踏まえてるんじゃないかな。

といった具合に色んな映画の色んなアイディアが合体され、それでいながら全体として静かでミステリアスな雰囲気に満ちているのがいいな。


|

« 『海よりもまだ深く』 恥ずかしさと共感と | Main | DUGのけむり草 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63795618

Listed below are links to weblogs that reference 『エクス・マキナ』 ロボットのエロチシズム:

» エクス・マキナ〜エデンの園を出るAI [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Ex Machina。 アレックス・ガーランド監督。ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ。「オートマタ」と双璧の人 ... [Read More]

Tracked on June 20, 2016 at 04:45 PM

» 『エクス・マキナ(Ex Machina)-原題』アレックス・ガーランド監督、アリシア・ヴィキャンデル、ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、他含めネタばれしています。『エクス・マキナ(原題)』Ex Machina監督 : アレックス・ガーランド出演 : アリシア・ヴィキャンデルドーナル・グリーソンオスカー・アイザック物語・世界最... [Read More]

Tracked on June 20, 2016 at 06:57 PM

» 【映画】アンドロイドの見る夢は?『エクス・マキナ』 [アリスのさすらい映画館]
エクス・マキナ(2015)イギリス原題:EX Machina監督:アレックス・ガーランド出演: ドーナル・グリーソン/オスカー・アイザック /アリシア・ヴィキャンデル/ソノヤ・ミズノ 日本公開:2016/6/11 【あらすじ】 検索エンジン会社に働くケイレブは抽選で社長ネイサンの自宅を訪問する権利を得る。しかしそこで待っていたのはアンドロイドの人工知能を評...... [Read More]

Tracked on June 20, 2016 at 10:12 PM

» エクス・マキナ [象のロケット]
検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”で、プログラマーとして働くケイレブ。 彼は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長ネイサンが所有する山間の別荘に、1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れた別荘に到着した彼を待っていたのは、不可思議な実験だった。 ケイレブは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された、世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力することに…。 SFスリラー。... [Read More]

Tracked on June 21, 2016 at 09:52 AM

» 映画:エクス・マキナ Ex Machina 祝:日本公開決定!  ほとんど予備知識なしでみた感想は。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
今作は海外ではかなり話題になっていたが、日本ではほぼDVDスルー状態に陥っていた。 それを救ったのは、 ・アカデミー賞で視覚効果賞受賞!(及び 脚本賞ノミネート) また、 ・主演のアリシア・ビカンダーが「リリーのすべて」でアカデミー助演女優賞を獲得! 当ブログはほとんど予備知識なしでの鑑賞時の感想として、 Ex Machina 静かな世界観で圧倒する、こちらもSF豊作年の傑作。早々の日本公開を望む! そう、望んだ日本公開が実現したのだ。 素直にウレシい! ... [Read More]

Tracked on June 21, 2016 at 05:53 PM

» 映画:極私的、SF映画 ベスト10(過去5年間 2011年5月 ~ 2016年5月) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
前から何度かアップで書いてきたが、ここ数年のSF、なかなかレベル高い!と考えている。 そこで GW を活用して、それを整理しベスト10を選出してみよう! という企画(笑) 過去5年間でアップしただけでもSFは約30本あり、それを無理やりランキングにしてみた。 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 1.インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた!(201... [Read More]

Tracked on July 15, 2016 at 12:31 AM

» 「エクス・マキナ」 人間の悪夢の始まりか? [はらやんの映画徒然草]
昨今A.I.(人工知能)が現実世界でも注目を浴びている。 昨年Googleの人工 [Read More]

Tracked on July 18, 2016 at 06:40 AM

« 『海よりもまだ深く』 恥ずかしさと共感と | Main | DUGのけむり草 »