« 三種のアジサイ | Main | ハーブの収穫 »

June 10, 2016

『ディストラクション・ベイビーズ』 純粋破壊衝動

Photo
Destruction Babies(viewing film)

自主映画の世界で評価の高い真利子哲也監督の商業映画デビュー作『ディストラクション・ベイビーズ』は、ひたすら暴力を描く。そのシンプルさと、主役を演ずる柳楽優弥が全身から発する気味悪さによって、映画全体が不穏な気配に満ちている。

暴力といっても、強い者が弱い者に一方的にふるう暴力ではない。泰良(柳楽優弥)は路上で強そうな男や集団をみると、いきなりなぐりかかる。相手はやくざだったり集団だったりするから、たいていぶちのめされ、顔面から血を流して倒れる。それでもこりない。そのしつこさに、最後には男たちも辟易して逃げていく。そして肝心なことは、泰良がなぜ殴りかかるのか、その理由はいっさい説明されないことだろう。泰良自身もほとんど言葉を発せず、「楽しけりゃええけん」とつぶやくのみ。

そんな泰良に裕也(菅田将暉)がまとわりつき、一緒に行動するようになる。もっとも裕也は勝てそうな相手にしか喧嘩をふっかけない。いわゆるチャラ男というやつ。喧嘩に勝って相手の車を奪うと、車内にいたキャバクラ嬢・那奈(小松菜奈)をトランクに押し込めて郊外に車を走らせる。事故を起こし、男を死なせてしまう。泰良、裕也、那奈の3人に共犯意識が漂う。とはいえ、警察に事情を聞かれた那奈はあくまで被害者を装う。

もうひとり、泰良の弟・将太(村上虹郎)がいる。将太は普通の高校生で、家を出て町を放浪する兄の泰良を探し回る。映画のはじめと終わりで2度ほど、将太のショットの後、男が歩くのを後ろから捉えるショットがつづく。パーカーのような似た服を着ているので、それが兄なのか弟なのか観客はとまどう。そのとまどいは、画面がその顔を捉えた瞬間、それが弟で、しかも兄のような暴力をふるう男に豹変するのではないかという不安に変わる。

愛媛県松山の市街と港の三津浜でオールロケされている。泰良たちの暴力のかたわら、神輿と神輿をぶつけあう三津浜の喧嘩祭のシーンが対置される。こちらは、人間の破壊衝動を共同体が祭に昇華させている。泰良たちの暴力は、共同体が薄くなった、あるいは壊れた結果だというふうにも読める。

ラストシーンは、泰良という一人の殺人者──社会から見れば理由なき殺人鬼──が誕生したことを告げる。柳楽優弥の面構えは、『復讐するは我にあり』の緒方拳を思い出させる。

|

« 三種のアジサイ | Main | ハーブの収穫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63749554

Listed below are links to weblogs that reference 『ディストラクション・ベイビーズ』 純粋破壊衝動:

» 破壊の申し子~『ディストラクション・ベイビーズ』 [真紅のthinkingdays]
 松山市西部の港町・三津浜。そこでケンカに明け暮れていた泰良(柳楽優弥) は、ある日突然姿を消す。弟の将太(村上虹郎)は兄を探して、松山の繁華街へ と向かう。  「楽しければええけん」  街を彷徨い、とり憑かれたように殴り殴られ、血を流しても、倒れても何度で も喧嘩を吹っ掛ける。そこには大義名分どころか、言葉も理由もない。ただ殴り、 ただ殴られるだけ。そんな怪物のよう...... [Read More]

Tracked on June 10, 2016 at 12:53 PM

» ディストラクション・ベイビーズ〜今様坊っちゃん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。真利子哲也監督。柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮、北村匠海、岩瀬亮、三浦誠己、でんでん。舞台が愛媛県松山市だからという訳ではないけれど、夏 ... [Read More]

Tracked on June 10, 2016 at 02:44 PM

» 「ディストラクション・ベイビーズ」:時代を写した問題作ですが・・・ [大江戸時夫の東京温度]
映画『ディストラクション・ベイビーズ』は、なかなかの問題作として位置づけられるで [Read More]

Tracked on June 10, 2016 at 04:28 PM

» 『ディストラクション・ベイビーズ』 共感はできないけれど、目を離すこともできない [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督はこの作品がメジャーデビュー作となる真利子哲也。  暴力的な衝動がモチーフになっているところからも推測されるように、タイトルは村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』を意識しているようだ。そして、“ディストラクション”とはDistraction(気晴らし、動揺)とDestruction(破壊)という似た発音の言葉から発想されたものだとか。  泰良(柳楽優弥)は最初から最後ま...... [Read More]

Tracked on June 11, 2016 at 12:03 AM

» ディストラクション・ベイビーズ [象のロケット]
愛媛県松山市の小さな港町・三津浜。 海沿いのプレハブ小屋で弟・将太と2人きりで暮らす少年・芦原泰良は、日々、喧嘩に明け暮れていた。 一人で松山の中心街へ出た後も、意味もなく喧嘩を仕掛けてばかりの泰良。 そんな彼に興味を持った高校生・北原裕也が、「オレとおもしろいことしようや」と声をかけ、二人の危険な遊びが始まる。 その頃、将太は松山市内で兄を捜していた…。 バイオレンス・アクション。 R-15 ≪目をそむけるな≫... [Read More]

Tracked on June 11, 2016 at 09:10 PM

« 三種のアジサイ | Main | ハーブの収穫 »