« 梅ジャム梅シロップづくり | Main | 三種のアジサイ »

June 06, 2016

『ヘイル、シーザー!』 笑えないコーエン兄弟

Hail_caesar
Hail,Caesar!(viewing film)

『ヘイル、シーザー!(原題:Hail,Caesar!)』はコーエン兄弟流の50年代ハリウッド・グラフィティーなんですね。

1950年代ハリウッドはローマ帝国映画やミュージカル、西部劇の全盛時代。ロバート・テイラーを思わせる人気俳優ベアード(ジョージ・クルーニー)がキリスト受難劇映画の撮影中、コミュニストの脚本家グループに誘拐され洗脳される。ミュージカルのトップスターでジーン・ケリーを思わせるバート(チャニング・テイタム)はコミュニスト・グループの一員で、ソ連に亡命を試みる。西部劇のスター、ホビー(アルデン・エーレンライク)はシリアスなドラマに起用されるが、強烈な南部訛りで監督(レイフ・ファインズ)を困らせる。人気上昇中の女優・ディアナ(スカーレット・ヨハンソン)は、子供がいることをマスコミに悟られないよう四苦八苦している。

そんな俳優たちのトラブルを一手に引き受けるのがスタジオの何でも屋エディ(ジョシュ・ブローリン)。そのエディを狂言回しに、エゴイストでかっこつけたがりの俳優たちのドタバタがコメディ・タッチで描かれる。エディ自身にはロッキード社への転職話が進行しているけれど、最後には高給を蹴ってスタジオに残ることで映画への愛が貫かれる仕組み。

50年代ハリウッドのいろんな出来事をヒントに、『ベン・ハー』ふうだったり『雨に唄えば』ふうだったりファム・ファタールふうだったりと、色んな映画のそれらしいシーンを頂戴して飽きさせない。

でもこの映画、見ていて能天気に笑ってすます気にならない部分もあったなあ。

言葉の訛りを笑いのネタにすることもそうだけど、いちばん気になったのはこの映画がハリウッドの赤狩りを背景にしているところ。赤狩りは、米議会の非米活動委員会がハリウッドに共産主義者がいるとして19人の監督・脚本家・プロデューサー・俳優を喚問した出来事。19人のうち聴聞会への出席を拒否した10人は「ハリウッド・テン」と呼ばれ映画界から追放された。「テン」のひとりドルトン・トランボは投獄され、「テン」ではなかったがジョセフ・ロージーやチャールズ・チャップリンもハリウッドを追われ活動の場をヨーロッパへ移した。

今となってみれば赤狩りは第二次大戦後の冷戦時代に、ソ連と共産主義への恐怖・不安を背景にした集団ヒステリーによる魔女狩りだった(9.11後のアメリカのような)。トランボもロージーもチャップリンもコミュニストではなかったが、米国への愛国的な忠誠を拒んだためスケープゴートにされた。ソ連と共産主義の影におびえた国民心理が、ありもしない「敵」をつくりあげたというに近い。

『ヘイル、シーザー!』では、コミュニストの脚本家たちが「ザ・フューチャー」というグループを組織している。「マルクーゼ教授」というイデオローグも出てくる(UCLA教授だったヘルベルト・マルクーゼ? 彼は左翼ではあってもソ連共産主義批判の本を書いているから共産党とは無縁だと思うが)。誘拐されたベアードは洗脳され、帰って来てエディに左翼かぶれの言葉を吐き、顔面を張られて正気に戻る。ミュージカル・スターのバートは、LA沖に現れたソ連潜水艦に「雨に唄えば」ふうな振りで得意満面で乗り込む(ちなみにジーン・ケリーは赤狩りに抗議し、「ハリウッド・テン」を支持する署名をしたひとり)。

コーエン兄弟のお遊びに目クジラ立てるのも野暮だけど、影に怯えて魔女をでっちあげた当時のアメリカ人の心理をきれいさっぱり忘れ、ソ連崇拝のこんなお間抜け集団があったんですよと言わんばかりのギャグにはどうにも笑えない。コーエン兄弟は別に彼らの思想を云々するわけじゃなく、単にチャニング・テイタムが「雨に唄えば」ふうにソ連潜水艦に乗り込むシーンや、ジョージ・クルーニーがローマ帝国将軍の恰好をして洗脳されるシーンを撮りたかったんだろう、とは思う。でも、その笑いは歴史をきれいに忘れたからこそ成り立つものじゃないかな。フィクションでコメディであるからこそ、アメリカ国民の無意識が露出しているような気もする。

まあ、僕が若い頃見たジョセフ・ロージーのひりひりしたヨーロッパでの諸作品や、小物だったため追放されなかったがハリウッドに残って骨太なエンタテインメントをつくりつづけたロバート・アルドリッチの映画が忘れられないから、この映画の設定やギャグに過剰反応したんだろうけど。コーエン兄弟のコメディ・タッチの映画は単純なお笑いでなく、いつもひねくれエッジの効いた笑いを取るけれど、この新作に関しては笑おうとして凍りつく瞬間があった。


|

« 梅ジャム梅シロップづくり | Main | 三種のアジサイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63729088

Listed below are links to weblogs that reference 『ヘイル、シーザー!』 笑えないコーエン兄弟:

» 『ヘイル、シーザー!』 ハリウッド万歳なの? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作。  ハリウッド超大作「ヘイル、シーザー!」の撮影中、現場からスター俳優ベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。スタジオの“何でも屋”のエディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)はスター俳優を取り戻して撮影を続行させるべく動き出す。  一応は誘拐事件の解決というプロットはあるものの、コーエン兄弟はそれをネタにして...... [Read More]

Tracked on June 06, 2016 at 10:46 PM

» ヘイル、シーザー!〜モンローみたいなスカちゃん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Hail, Caesar!(カエサル万歳!)。ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ ... [Read More]

Tracked on June 06, 2016 at 11:39 PM

» 『ヘイル、シーザー!(HAIL,CAESAR!)』ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン監督、ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、チャニング・テイタム、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ヘイル、シーザー!』HAIL,CAESAR! 監督 : ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン出演 : ジョシュ・ブローリンジョージ・クルーニーチャニング・テイタム、レイフ・ファインズスカーレット・... [Read More]

Tracked on June 07, 2016 at 12:20 AM

» 映画万歳!~『ヘイル、シーザー!』 [真紅のthinkingdays]
 HAIL, CAESAR  1950年代のハリウッド。エディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は、映画撮影 スタジオで起こる様々な揉め事や困り事を調停するフィクサーとして、多忙な日 々を送っていた。ある日、大作映画 「ヘイル、シーザー!」 の撮影中、主演 俳優のベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。早速解決 に乗り出すマニ...... [Read More]

Tracked on June 07, 2016 at 05:27 AM

» ヘイル、シーザー!/HAIL, CAESAR! [我想一個人映画美的女人blog]
イーサンコーエン&ジョエルコーエン監督最新作 コーエン兄弟のは、わたしの中でも作品ごとでかなり好みに分かれる。 これまで数多く観てきたけどその中でも、めちゃつまんないと思うのもあれば好きなのも。 「赤ちゃん泥棒」「未来は今」「ビッグリボウスキ」「ノ...... [Read More]

Tracked on June 08, 2016 at 11:37 AM

» 「ヘイル、シーザー!」 [ここなつ映画レビュー]
もう今週はバタバタでぐちゃぐちゃで疲れ果ててて、だからと言って来週の事も見えなくて、もうどーでもいーから週末位はノー残業(死語)で何もかも忘れてさくっと映画でも観てやる!明日の事は明日考えるんだもんね!などという気持ちになった金曜日の夜などにはちょうどいい作品。つまり、可もなく不可もなく、という娯楽作品である。しかし、しかーし!本当は深〜いのかもしれない。当時のアメリカでは(って正確にいつの時代設定だかは知らないけど)赤狩りの嵐が吹き荒れ、その影響がハリウッドにまで及んでいる頃だった筈だから。「何で... [Read More]

Tracked on June 10, 2016 at 08:59 PM

» ヘイル、シーザー! [象のロケット]
1950年代のハリウッド。 超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中、世界的大スターで主演俳優のウィットロックが誘拐されてしまう。 事件解決を任されたのは、スタジオのあらゆるトラブルを解決する“何でも屋”エディ・マニックス。 彼は密かに身代金の準備をするが、スクープ屋の耳に入ったのか、既に事件は周囲に知られていた。 そんな中、ウィットロックは海辺のとある“家”で目を覚ます…。 ミステリー。... [Read More]

Tracked on June 11, 2016 at 09:07 PM

» ヘイル、シーザー! [映画的・絵画的・音楽的]
『ヘイル、シーザー!』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)ジョージ・クルーニーの出演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、キリストの像が大きく映し出された後、主役のマニックス(ジェシュ・ブローリン)が、教会の告解室で神父に告白をして...... [Read More]

Tracked on June 15, 2016 at 05:47 AM

» コーエン流 50sハリウッド [笑う社会人の生活]
1日のことですが、映画「ヘイル、シーザー!」を鑑賞しました。 1950年代のハリウッド メジャースタジオの命運を賭けた大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中 主演俳優のスター ウィットロックが何者かに誘拐される 事態の収拾を任された何でも屋が解決に向けて動いて...... [Read More]

Tracked on June 30, 2016 at 07:49 AM

« 梅ジャム梅シロップづくり | Main | 三種のアジサイ »