« 戊辰戦争の野戦病院旗 | Main | 最後の花見 »

March 31, 2016

『インサイダーズ/内部者たち』 可愛げのある男

Photo
Insiders(viewing film)

僕は韓国映画が好きだけど、キム・ギドクとかパク・チャヌクとかどちらかといえば異端好みで、いわゆる韓流スターが主演するメインストリームの映画はほとんど見ない。だからイ・ビョンホンの映画を見るのは彼を有名にした『JSA』以来、十数年ぶり。堂々たる役者になっていた。

ビョンホンが演ずるのは、カネもコネも教養もなく暴力だけでのしあがった男。人前で屁をひりゲップをし、下手な冗談を飛ばしながらためらうことなく暴力をふるう。それでいながら可愛げのある男を主人公にした政治アクション劇。ウ・ミンホ監督は、キム・ギドクやパク・チャヌクみたいな強烈なスタイルや情念の結晶はないけれど、最後に勝つのは誰か、はらはらさせるエンタテインメントに仕立てている。

アン(イ・ビョンホン)は、新聞のオーナーで政界を裏であやつるガンヒ(ペク・ユンシク)の子分。財閥の自動車会社が大統領候補の政治家に裏金を渡したファイルを手に入れ、財閥会長を脅そうとするが失敗して右腕を切り落とされる。裏金事件の捜査を担当した検事のウ(チョ・スンウ)は、この事件を解決してのしあがろうとするが失敗して左遷され、アンと組む……。

政界財界マスコミの権力者トライアングル対インサイダーになることに失敗したチンピラ・検事2人組。青瓦台(大統領官邸)や汝矣島の国会議事堂が権力の象徴として繰り返し画面に登場する。夜は財閥会長の邸宅で政治家とガンヒが招かれ裸の女性たちを侍らせた宴会。型どおりといえば型どおりだけど、退屈はしない。斧やのこぎりで手を切り落としたり、残酷描写はパク・チャヌクばり。

題材からすれば反体制的な怨念にあふれたものになりそうだけど、そうはならず男の友情ものに落ち着くのはイ・ビョンホンの映画だからか。とはいえ十分に楽しめました。

|

« 戊辰戦争の野戦病院旗 | Main | 最後の花見 »

Comments

雄さん、おはようございます。TBありがとうございました。
私も、韓国映画はじめアジア映画も大好きです。
雄さんは心強い先輩です(笑)。
来月、侯孝賢の初期作品のリバイバルがあるようですね。
大阪でも観られるといいのですが。

Posted by: 真紅 | April 01, 2016 at 10:26 AM

韓国、中国、台湾、どこもいい映画がありますよね。ホウ・シャオシェンは『恋恋風塵』と『冬冬の夏休み』でしたか。初期の傑作ですね。『恋恋風塵』は私的には恋愛映画のベスト1です。

Posted by: 雄 | April 01, 2016 at 07:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63397557

Listed below are links to weblogs that reference 『インサイダーズ/内部者たち』 可愛げのある男:

» 虎の穴~『インサイダーズ/内部者たち』 [真紅のthinkingdays]
 INSIDE MEN  裏社会で権力者たちの闇仕事を請け負っていたアン・サング(イ・ビョンホン) は、義兄弟と慕っていた祖国日報の主筆イ・ガンヒ(チョ・スンウ)に裏切られる。 復讐を誓ったサングに、検事のウ・ジャンフン(チョ・スンウ)が近づく。  いや~、面白かった! R指定作品としては韓国歴代1位のヒット作というこ とを鑑賞後に知り、めっちゃ納得...... [Read More]

Tracked on April 01, 2016 at 10:18 AM

» 「インサイダーズー内部者たちー」 [ここなつ映画レビュー]
イ・ビョンホンには華がある。だからたとえゴロツキの役でも華は消えない。イ・ビョンホンのゴロツキは不敵で素敵だ。財閥と国家権力の癒着をネタに財閥を強請ろうと目論んでいたアン・サング(イ・ビョンホン)だったが、逆に捕らえられ拷問によって右手首から先を失ってしまう。一方、コネ無しにも関わらず上昇志向の強い気鋭の検事ウ・ジャンフン(チョン・ウンスク)は、やはり財閥と国家権力の癒着を探っていたが、証拠を巡ってサングと騙し騙されのバトルを繰り広げることになる。財閥=巨悪の根源、という図式が韓国映画でここまで明確... [Read More]

Tracked on April 05, 2016 at 12:41 PM

» インサイダーズ 内部者たち★★★ [パピとママ映画のblog]
2015年に「友へ チング」の記録を塗り替え、R指定(青少年観覧不可)作品の韓国歴代No.1ヒット作となったイ・ビョンホン主演のサスペンス・アクション。陰謀渦巻く韓国政財界を舞台に、政界を揺るがす裏金事件を巡って欲望に取り憑かれた3人の男たちの思惑が交錯し、激...... [Read More]

Tracked on April 19, 2016 at 01:31 PM

« 戊辰戦争の野戦病院旗 | Main | 最後の花見 »