« 『ディーパンの闘い』 郊外の戦争 | Main | 『火の山のマリア』 命を宿す山 »

March 08, 2016

『キャロル』 1950年代と今日性と

Carol
Carol(viewing film)

1950年代のニューヨークを舞台に二人の女性が惹かれあっていく『キャロル(原題:Carol)』、主演のケイト・ブランシェットとルーニー・マーラがひたすら美しい。僕は映画を選ぶとき、たいていは監督で選び、たまに女優で選ぶ。この映画はトッド・ヘインズ監督ということで見にいったのだが、最初から最後まで二人の女優に見惚れた。

1950年代というところがキモだろう。戦後、アメリカが超大国として君臨し、いちばん豊かだった時代。資産家の妻キャロル(ケイト・ブランシェット)は夫と別居して郊外の邸宅に娘と住む。カメラマン志望の若いテレーズ(ルーニー・マーラ)はマンハッタンの百貨店で売り子をしている。

クリスマス商戦で赤い帽子をかぶったテレーズが、娘へのプレゼントを探しているキャロルに気づき、その美しさに見入る。キャロルはローレン・バコールふうの髪にクリムゾン色の帽子とスカーフを合わせベージュの毛皮と、50年代のシックな富裕階級を絵に描いたような装い。テレーズはアーティスト志望の娘らしく短い髪にニットのモスグリーンのセーター。こちらはオードリー・ヘップバーンのイメージか。

ここから映画は、テレーズがキャロルを見、キャロルがテレーズを見るといった具合に、2人が互いに見る見られるショットを重ねて結びつきの深まりを描いていく。なかでも車に乗ったキャロルがウィンドー越しに街を歩くテレーズを見、テレーズが同様にキャロルを見るショットは、ウィンドーが雨滴に濡れたり曇っていたりして、それぞれの思いを伝えてくれる。

ヘインズ監督は50年代ハリウッドのメロドラマのスタイルを踏襲しながら、当時のニューヨークの街、車、ファッションを再現してみせる。アメリカ人観客なら良き時代にため息が出ることだろう。僕ら団塊の世代にとっても、はじめてアメリカを身近に感じたのはテレビ放送が始まって見た50~60年代アメリカのホームドラマだから、その懐かしさはわかる。

それだけならただの懐メロ映画になってしまうところを、ヘインズ監督は『エデンより彼方に』でも白人主婦と黒人庭師の愛を描いたように、この時代にはまだタブーだった同性愛をテーマにして今日性をもたせている。娘の養育権を巡る協議の場でキャロルは自分の同性愛をカミングアウトし、自分でも働きはじめるなど、「夫のお飾り」から自立した女性へと変貌を遂げる。テレーズもニューヨーク・タイムズでカメラマンとして仕事をはじめる。テレーズがキャノンで撮ったキャロルの動きのあるスナップが現像液の中で揺れているショットがいい。

2人は別れることを余儀なくされるが互いに思いは断ち切れない。ラストショット、ホテルのレストランで談笑するキャロルのもとへ戻って来たテレーズを見て、キャロルがなんとも複雑な笑みを浮かべる。余韻の残る映画でした。

スーパー16ミリで撮影され、35ミリにブローアップされている。そのためか独特の色彩と、狭い車内撮影などの密室感がこの映画にぴったり。


|

« 『ディーパンの闘い』 郊外の戦争 | Main | 『火の山のマリア』 命を宿す山 »

Comments

またまたすっかり遅くなってしまいました。

>1950年代
この当時のことですから、それはそれはカミングアウトも難しかったと思います。
あのラストの後、どうしたんでしょうね。きっと美しい映像になると思いました。

Posted by: rose_chocolat | April 02, 2016 at 11:44 AM

あのケイト・ブランシェットの笑みは、なんとも複雑な表情でしたね(さすが)。「お帰りなさい。やっぱり戻ってきたのね」から、ひょっとしたら「もう遅いわよ」まで、いろんな解釈ができそうです。

Posted by: 雄 | April 03, 2016 at 05:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63265861

Listed below are links to weblogs that reference 『キャロル』 1950年代と今日性と:

» 『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195... [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 12:27 PM

» キャロル〜←クリスマス [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ... [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 01:00 PM

» キャロル [あーうぃ だにぇっと]
キャロル@ユーロライブ [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 05:14 PM

» 『キャロル』 テレーズのまだ見ぬ世界は…… [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ベルベット・ゴールドマイン』『エデンより彼方に』などのトッド・ヘインズの最新作。  原作は『リプリー』『殺意の迷宮』(映画版は『ギリシャに消えた嘘』)などのパトリシア・ハイスミス。  舞台は50年代のニューヨーク。高級百貨店でアルバイトとして働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、お客として現れたキャロル(ケイト・ブランシェット)に目を奪われる。キャロルもその視線に気づき、ふ...... [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 06:22 PM

» 映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 ! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな...... [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 07:27 PM

» キャロル [映画的・絵画的・音楽的]
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ...... [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 09:04 PM

» 私の天使~『キャロル』 [真紅のthinkingdays]
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブランシェットと、ルーニー・マーラが恋に落ちる。原作はパ トリシア・ハイスミス、監督は 『アイム・ノット・ゼア』 ...... [Read More]

Tracked on March 09, 2016 at 07:57 AM

» キャロル [象のロケット]
1952年、ニューヨーク。 高級百貨店の女性アルバイト店員テレーズは、密かに写真家に憧れているが、恋人からは結婚を迫られていた。 ある日、売り場にキャロルというエレガントな女性が、6歳の娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れる。 ひょんなことから、テレーズはキャロルの屋敷に招待され、心を通わせていくが…。 ラブ・ストーリー。 ≪このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。 あなたが私を変えた。≫... [Read More]

Tracked on April 01, 2016 at 01:15 PM

» 『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方 [Nice One!! @goo]
原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャ...... [Read More]

Tracked on April 02, 2016 at 11:38 AM

« 『ディーパンの闘い』 郊外の戦争 | Main | 『火の山のマリア』 命を宿す山 »