« 劉震雲『盗みは人のためならず』を読む | Main | 嶋津健一トリオを聞く »

February 23, 2016

『俳優 亀岡拓次』 下品にならない匂い

Photo
The Actor Kameoka Takuji(viewing film)

冒頭、仕事を終えた亀岡拓次(安田顕)が行きつけのスナックのトイレで盛大におならをぶっ放す。この映画、ほかにもゲップとか嘔吐とか紙おむつとか、亀岡が彼の身体から排出するものが物語の重要な鍵になっている。亀岡が発する身体の匂いがこの映画を染めあげている。そういう映画は得てしてこてこてのテイストになってしまいがちだけど、『俳優 亀岡拓次』はそこを下品にならないぎりぎりで処理して、(たぶん若い女性にも)気持ち悪さを感じさせない。

それは監督の横浜聡子が女性だからなのか、若い世代(38歳)だからなのか。その両方なのか。濃い(濃すぎる)日本映画をたくさん見てきた世代からすれば、それが不満でもあり、でも今の感覚からすればこのあっさり加減がいいのかな、と思ったり。

脇役専門の役者、亀岡拓次は37歳、独身。撮影現場の仕事が終われば、脇役仲間と酒を飲むだけの日々。仕事と自分の生活がのんべんだらりとつながっていて、二日酔いで時代劇の現場に行き刀の柄が腹に入って思わず吐いたり。そのリアルを思いがけず監督に称賛されたり。キャバクラのシーンで素人女性とのからみでは「本物の酒でやります」と場を盛り上げたり。殴られるシーンでは白目を飛び出すように剥く特技をもっていたり。珍しく演劇に出て大女優(三田佳子)の乳をもみ、褒められたのか貶されたのか分からない言葉をかけられたり。

全体をつなぐのは、ロケ先の諏訪で入った居酒屋を手伝う安曇さん(麻生久美子)への淡い恋。そのとき店のテレビでは、アメリカの女性宇宙飛行士が不倫に決着をつけるため紙おむつをはいて大陸を車で横断したというニュースが流れている(このニュースは僕も覚えている)。亀岡は「今度は紙おむつをはいて会いにきますよ」と安曇さんに言い、実際に東京から諏訪まで紙おむつをはいてバイク(ちゃんとしたバイクでなくてカブ。スクリーン・プロセスが懐しい)で会いに行く。

亀岡が安曇さんに紙おむつをはいてと言うシーン、原作では安曇さんが「私が替えてあげますよ」と応ずるらしいが、映画では笑っているだけ。原作通りなら、そこでがらりと空気が変わってしまうだろう。そのセリフは楚々とした麻生久美子に似合わない。ただ広大なアメリカ大陸でなく東京から諏訪なので、トイレに行く時間も惜しんで車を飛ばすその面白味がいまいち伝わらなかったのが惜しい。

安田顕は芝居の世界では名のある人らしいけど、脇役専門という設定どおり何本かの映画で顔は知っているけど名前は知らなかった。これで覚えましたね。いくつもの撮影現場の監督が新井浩文、染谷将太、山崎努と主役級の役者が脇に回り、安田顕を主役にするキャストもこの映画にふさわしい。

|

« 劉震雲『盗みは人のためならず』を読む | Main | 嶋津健一トリオを聞く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63223393

Listed below are links to weblogs that reference 『俳優 亀岡拓次』 下品にならない匂い:

» 俳優 亀岡拓次 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
脇役一筋の地味な俳優に訪れる突然のチャンスを、演劇ユニットTEAM NACSのメンバーであり『龍三と七人の子分たち』などの安田顕が演じたコメディー。オファーがあればどんな役でも演じ、私生活では酒を楽しみとする主人公の慎ましい人生を、業界でありがちな出来事をちり...... [Read More]

Tracked on February 23, 2016 at 01:07 PM

» 俳優 亀岡拓次〜カメオになれないカメオ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。戌井昭人原作・出演、横浜聡子監督。安田顕、麻生久美子、宇野祥平、新井浩文、染谷将太、浅香航大、杉田かおる、工藤夕貴、大森立嗣、野嵜好美、不破万作、三田佳子 ... [Read More]

Tracked on February 23, 2016 at 02:50 PM

» 「俳優 亀岡拓次」:安田顕を味わう映画 [大江戸時夫の東京温度]
映画『俳優 亀岡拓次』は、今乗ノリにノっている安田顕の初主演映画(ですよね?)。 [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 12:03 AM

» 『俳優 亀岡拓次』 [beatitude]
俳優の亀岡拓次(安田顕)は37歳の独身。次から次へと現場を渡り歩いては小さな役をこつこつと演じていき、スタッフからの信頼は厚い。彼に回ってくるのは主役ではなく脇役ばかりではあるものの、極力不平不満を口に出さず、撮影現場と酒場を行き来する地味な毎日を過ごして...... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 03:15 AM

» 俳優 亀岡拓次 [映画的・絵画的・音楽的]
 『俳優 亀岡拓次』をテアトル新宿で見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、映画の撮影現場。  パトカーの音が聞こえる中、男(浅香航大)が振り向きながら歩いています。  男は、ガードに入っていき、反対側から来た...... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 06:39 AM

» 俳優 亀岡拓次 [あーうぃ だにぇっと]
俳優 亀岡拓次 [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 11:39 AM

» 『俳優 亀岡拓次』 [こねたみっくす]
安田顕という俳優がますます好きになる。ただその安田顕の魅力に頼り切っただけになっているのは残念無念。 これは俳優・亀岡拓次を描いた作品であると同時に、俳優・安田顕を描 ... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 10:56 PM

« 劉震雲『盗みは人のためならず』を読む | Main | 嶋津健一トリオを聞く »