« 石川竜一展へ | Main | 浦和ご近所探索 再び敦煌閣 »

February 06, 2016

『ブリッジ・オブ・スパイ』 The Standing Man

Bridge_of_spies
Bridge of Spies(viewing film)

実話に基づいた『ブリッジ・オブ・スパイ(原題:Bridge of Spies)』を見ていて、スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスの組み合わせはかつてのジョン・フォードとジョン・ウェインみたいだなあと思った。映画のなかで「Standing Man(字幕は「不屈の男」だったか)」というセリフが出てきたときだ。

米ソ冷戦のさなか、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)がニューヨークで逮捕される。その直後に米軍のU2偵察機がソ連で撃墜され、パイロットが拘束される。起訴されたアベルの弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、密かに東ベルリンでソ連の当局者と2人を交換する交渉を任される。

ドノヴァンはナチス戦犯を裁くニュールンベルク裁判に関わった経歴を持つ弁護士だが、現在は保険関係の仕事をしており、事務所の都合でアベルの弁護を引き受けることになった。周囲からソ連のスパイを弁護するのかと白い目で見られ、自宅に銃弾を撃ち込まれる。それでもアベルに対して公正な態度を貫き、弁護士としてまた交渉役としての役割を果たす。そんなドノヴァンに対してアベルが言うのが「あんたはStanding Manだな」というセリフ。

Standing Manというのは、すっくと立ち尽くす男、信念を貫く男といった感じだろうか。他人に依存せず、自立して、ひとりで生きぬく男というのはアメリカ人が理想とする精神の在り方だ。ヘミングウェーの「敗れざる者(The Undefeated)」という言葉にも通ずる。

かつてのハリウッドで、そんなアメリカの独立独歩の精神を体現していたのはジョン・フォード映画のジョン・ウェインだった。『ブリッジ・オブ・スパイ』のスピルバーグとトム・ハンクスのコンビは、その21世紀版であるように見える。フォード=ウェイン組が草の根保守なのに対してスピルバーグ=ハンクス組は都会派リベラルと体質の差はあるけれど、根っこの精神は同じものだ。

ソ連のスパイを弁護するのかと詰めよる愛国者に対して法律家であるドノヴァンは、スパイであっても憲法に則って裁くのがアメリカという国だと譲らない。それを支えるのは、憲法の文言を文字どおり生きることが自分の精神だという姿勢。その不屈の生き方を、アベルはStanding Manと呼んだ。その正義派ぶりが恰好よすぎる感じもするけれど……。

映画として派手なドンパチがあるわけではないが、ソ連に加え東ドイツ当局も交えた息詰まる交渉がスリリングに描かれる。同時に惹かれたのは冷戦期の空気がよくわかること。東西ベルリンの境界に壁が築かれていく様子が同時進行で再現されているのがリアルだ。50年代のブルックリンの街も。映画としての見事さと、若干の不満(型どおりのヒューマニズムとアメリカ的正義)と、良くも悪くもスピルバーグでした。

脚本に参加しているコーエン兄弟はどういう役割だったんだろう。よく分からなかった。まさか「ソビエト社会主義共和国連邦って国名は長すぎる」とか、ジョーク担当じゃないだろうけど。


|

« 石川竜一展へ | Main | 浦和ご近所探索 再び敦煌閣 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63160682

Listed below are links to weblogs that reference 『ブリッジ・オブ・スパイ』 The Standing Man:

» 映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市...... [Read More]

Tracked on February 06, 2016 at 11:56 AM

» ブリッジ・オブ・スパイ [あーうぃ だにぇっと]
ブリッジ・オブ・スパイ@20世紀フォックス [Read More]

Tracked on February 06, 2016 at 05:16 PM

» 『ブリッジ・オブ・スパイ』 冷戦時代の知られざるヒーロー [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作。前作『リンカーン』と同じように歴史的な出来事を題材としている。また、脚本にはコーエン兄弟も名前を連ねている。  冷戦時代、アメリカとソ連は互いに核兵器で威嚇し合って身動きがとれない状態。そんなときに暗躍していたのがそれぞれのスパイたちだった。優秀な弁護士であるジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は保険分野を専門に扱っていたが、彼に持ち...... [Read More]

Tracked on February 06, 2016 at 05:53 PM

» ブリッジ・オブ・スパイ〜実はソ連側の大勝利 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ... [Read More]

Tracked on February 06, 2016 at 06:37 PM

» "Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ [Read More]

Tracked on February 06, 2016 at 09:31 PM

» 無冠詞~『ブリッジ・オブ・スパイ』 [真紅のthinkingdays]
 BRIDGE OF SPIES  1957年、東西冷戦の時代。保険が専門の弁護士、ジェームズ・ドノヴァン (ト ム・ハンクス)は、ブルックリンで諜報活動に従事していたソ連のスパイ、ルドル フ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を命じられる。  一人の民間人が、スパイの交換という国家間の最高機密における交渉人を 務めていたという、驚愕の実話の...... [Read More]

Tracked on February 07, 2016 at 12:17 AM

» ブリッジ・オブ・スパイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...... [Read More]

Tracked on February 07, 2016 at 06:04 AM

» 「ブリッジ・オブ・スパイ」 [ここなつ映画レビュー]
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴する考え方が披露される。すなわち、2件の案件をそれぞれ独立した案件として処理するのではなく、まとめて1件とする考え方だ。これが後の「スパイ交換」の際に反映される考え方である。一介の弁護士ドノバンが、アメリカ合衆国内で捕まったソ連からのスパイの弁護をせざる... [Read More]

Tracked on February 07, 2016 at 06:29 PM

» ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...... [Read More]

Tracked on February 23, 2016 at 01:09 PM

» ブリッジ・オブ・スパイ [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン・コーエン 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:トム・ハンクス      マーク・ライアンス      スコット・シェパード      エイミー・ライアン      セバスチャン・コッホ 保険専門の弁護士、ドノバンは、ソ連の スパイとして捕まったルドルフの弁護を 依頼され... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 03:53 PM

« 石川竜一展へ | Main | 浦和ご近所探索 再び敦煌閣 »