« 嶋津健一トリオを聞く | Main | 『キャロル』 1950年代と今日性と »

February 24, 2016

『ディーパンの闘い』 郊外の戦争

Dheepan
Dheepan(viewing film)

『ディーパンの闘い(原題:Dheepan)』の舞台はパリ近郊の都市ル・プレ・サン・ジェルヴェ。パリ北東、かつてパリ市街を囲んでいた城壁に沿って巡る環状道路の外側にある。映画で見ると、なだらかな緑のなかに工場や無機的な建築のアパートが並んでいる。住民にはアフリカ、中東、東欧、アジアから来た移民・難民がたくさんいる。その2世の若者がイスラム国などイスラム過激派に加わったことで問題になった「郊外」である。

そんな団地の管理人として、スリランカ内戦から逃れてきた元兵士ディーパン(アントニーターサン・ジェスターサン)がやってくる。郊外と難民、いまフランスのみならずヨーロッパを揺るがすテーマを取りあげて、しかもノワールの雰囲気とアクションを交えたエンタテインメントに仕立てる。ジャック・オディアール監督の見ごたえある映画だった。

ディーパンはスリランカの少数民族タミル人が組織した反政府ゲリラ「解放の虎」の元兵士。戦いに敗れ、家族を失い、見も知らぬ女性ヤリニ(カレアスワリ・スリニパサン)、孤児の少女イラヤルと3人で家族と偽り難民としてパリにやってきた。支援団体の手配で郊外団地の管理人として住み込むことになる。

団地はドラッグ密売組織が人の出入りを管理し、夜は組織の若者が武器をもってたむろする無法地帯になっている。「妻」のヤリニは団地の寝たきり老人の世話をすることになるが、老人の甥は密売組織のリーダーで部屋には怪しげな人間がたむろしている。

外では家族としてふるまう3人だが、家のなかでは他人。管理人として仕事に励むディーパンと、親戚のいるイギリスへ渡りたいヤリニは、ことあるごとに言い争いになる。イラヤルは学校になじめない。それでも少しずつフランス語を覚え、ディーパンとヤリニもやがて心を通わせるようになる。ある日、ヤリニとイラヤルは密売組織同士の銃撃戦に巻き込まれる……。

タミル語とフランス語、英語が飛びかう。主役の3人はアジア人(3人とも映画初出演)。もし日本でこういう映画をつくれば必ず主役を助ける日本人を登場させるところだが、この映画でフランス人はギャングとしてしか出てこない。というか、そもそもこういう設定、外国人主役でこの国で映画がつくれるかどうか。年に20万人の移民を受け入れ、いまや多民族国家であるフランスの現実を反映しているんだろうけど、こういう映画が成り立つこと自体フランス映画の成熟というものだろう。

ディーパン役のジェスターサンは実際に「解放の虎」の元兵士で、現在はフランスで作家として活動している。映画出演は初めて。ヤリニ役のスルニパサンはインドの演劇畑の役者。2人のごつごつした存在感が、見知らぬ土地で暮らす難民がぶつかる困難とシンクロして映画をリアルにしている。2人の控えめなラブシーンも素敵だ。

望遠系のレンズで撮ったスリランカの森のざわめきと象の眼のショットが何度か挟まれる。広角系のクールな映像ではなく望遠系を多用したショットが、ディーパンの思いとともに監督の熱い血を感じさせる。

最後、ディーパンが立ちあがるところは東映任侠映画のカタルシスに似るけど、それもまたよし。


|

« 嶋津健一トリオを聞く | Main | 『キャロル』 1950年代と今日性と »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63256485

Listed below are links to weblogs that reference 『ディーパンの闘い』 郊外の戦争:

» ディーパンの闘い [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:洋画 「ディーパンの闘い」 原題:Dheepan 監督:ジャック・オーディアール 2015年 フランス映画 115分 キャスト:アントニーターサン・ジェマターサン      カレアスワリ・スリニバサン      カラウタニ・ビサシタビ      バンサン・ロティエ 内戦終結後のスリランカから、ディーパンは移住許可 を取りやすくするため、1人の女性と少女を家族として 申請し、フランスへ出国する。彼らは平穏な暮らしを 求めるのだったが。 <... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 03:48 PM

» ディーパンの闘い〜移民の中でも少数派 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。フランス映画。原題:Dheepan。ジャック・オーディアール監督。アントニーターサン・ジェスターサン、カレアスワリ・スリニバサン、カラウタヤニ・ヴィナシタンビ、ヴァ ... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 05:13 PM

» 『ディーパンの闘い』 内に秘めた暴力が爆発するとき [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『真夜中のピアニスト』『預言者』『君と歩く世界』などのジャック・オーディアール監督の最新作。  カンヌ国際映画祭では、グランプリを受賞した『サウルの息子』や評判の高かった『キャロル』などを抑えてパルム・ドール(最高賞)を受賞した。  内戦にあったスリランカから逃れるため、元兵士ディーパン(アントニーターサン・ジェスターサン)は赤の他人と家族を装ってフランスに入国する。パリ郊...... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 07:00 PM

» 『ディーパンの闘い』 [こねたみっくす]
戦場を知る者は平和に憧れ、戦場を知らぬ者は戦争に憧れる。 第68回カンヌ国際映画祭にてパルムドールに輝いたジャック・オディアール監督の最新作は、スリランカから逃れてきた偽 ... [Read More]

Tracked on February 24, 2016 at 10:54 PM

» ディーパンの闘い [象のロケット]
内戦が続くスリランカの難民キャンプ。 単身よりも海外への移住許可が下りやすいため、元兵士のディーパン、若い女ヤリニ、両親を亡くした少女イラヤルの3人は、偽装家族となって出国した。 何とか難民審査をパスした彼らは、フランス・パリ郊外の集合住宅に住むことに。 しかし、そこは何をやっているのかわからない若者たちがたむろする、荒れた団地だった…。 社会派ヒューマンドラマ。... [Read More]

Tracked on February 25, 2016 at 10:28 AM

» ディーパンの闘い [映画的・絵画的・音楽的]
 フランス映画『ディーパンの闘い』を日比谷のTOHOシネマズ・シャンテで見ました。 (1)本年度カンヌ国際映画祭(注1)でパルムドール(最高賞)を受賞した作品(注2)だというので映画館に行ってきました。  本作(注3)の冒頭の舞台は、スリランカのジャングルの中。...... [Read More]

Tracked on March 08, 2016 at 06:11 AM

» ディーパンの闘い [とりあえず、コメントです]
昨年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したヒューマンドラマです。 予告編を観て、主人公にどんな闘いが待っているのだろうと、ずっと気になっていました。 ようやく観ることが出来た作品には、無残な内戦と一筋縄では行かない生活の様子が描かれていました。 ... [Read More]

Tracked on March 19, 2016 at 10:05 AM

« 嶋津健一トリオを聞く | Main | 『キャロル』 1950年代と今日性と »