« 浦和ご近所探索 再び敦煌閣 | Main | 奥鬼怒温泉で雪見風呂 »

February 07, 2016

『消えた声が、その名を呼ぶ』 壮大な旅

The_cut
The Cut(viewing film)

『そして、私たちは愛に帰る』が記憶に鮮やかなファティ・アキン監督の新作『消えた声が、その名を呼ぶ(原題:The Cut)』がオスマン・トルコによるアルメニア人虐殺をテーマにしていると聞いたとき、アキン監督はアルメニア系かと思った。

そうではなかった。アキン監督はドイツに移民したトルコ人の両親から生まれている。虐殺の加害者側に属する。監督はこの映画についてこう語っている。「(この問題が)タブーであるという事実に興味を覚えました。……全国民が歴史家や政治家によって騙され、何世代にもわたり『そんなことは起こらなかった』と嘘をつかれていたら、国民はその事件を胸の内に閉じ込めるだけになります。それが、多くのトルコ人に起きていることです」。

トルコとアルメニアの間でいまだホットな政治問題となっているテーマを取り上げるのは、ドイツ在住とはいえ勇気とさまざまな配慮が必要だったろう。いってみればアメリカ在住の日系人監督が南京虐殺か従軍慰安婦をテーマに映画をつくるようなものだから。

映画は虐殺だけでなく、虐殺の結果として世界に散らばったアルメニア人を追う壮大な旅の映画でもあった。

主人公はトルコ東南部のアルメニア人村に住む鍛冶職人ナザレット(タハール・アキム)。第一次世界大戦のさなか、アルメニア人にオスマン・トルコ政府に反対する動きがあったことから、男たちが連行され強制労働に従事させられる。やがて男たちは虐殺され、残された家族も砂漠地帯を「死の行進」と呼ばれる過酷な移動でキャンプに移される(人数に諸説あるが、数十万のアルメニア人が殺されたという)。

この映画で印象的なのは、トルコ人が悪、アルメニア人が善、一方的な加害者と被害者という単純な二元論ではないことだ。殺す側も殺される側も、生きることと自らの倫理観のはざまでさまざまな選択を強いられる。

ナザレットは、虐殺を命じられたトルコ兵が彼を殺すことをためらったことから、喉の傷(the cut)によって声を失うが生きながらえる。行方不明になった双子の娘を探してさまようナザレットはキャンプにたどりつくが、そこは水も食料も乏しく人々は死に瀕していた。再会した兄嫁はナザレットに「殺して楽にしてほしい」と懇願し、ナザレットは彼女の首を絞める。

ナザレットはアラブ人商人に助けられる。戦争が終わり、敗北したトルコ人は町を追われる。人々はトルコ人に石を投げつけるが、ナザレットは石を投げるのをためらう。双子の娘を探す旅に出たナザレットは、ふたりがレバノンの孤児院からキューバのアルメニア人に嫁いだことを知り、キューバに向かう。ところが夫になるはずのアルメニア人は娘が脚に障害をもっていたことから結婚を断っていた。娘たちは労働者としてアメリカへ渡っていた。それを知ったナザレットは男を襲い、さらなる旅のために金を奪う。

そんなふうに善悪を超えたところでナザレットは娘を探してシリア、レバノン、キューバからアメリカへ旅する。フロリダからノースダコタへとアルメニア・コミュニティを追い、ついに娘のひとりに巡り合う。

ナザレットの旅は、虐殺の後、世界中に散ったアルメニア人の軌跡を象徴するものだ。殺されたアルメニア人、生きながらえて世界各地にさまようことになったアルメニア人のひとりひとりに、この映画と似たようなストーリーがあるのだろう。そんな歴史がこの映画を支えている。

脚本のマルディク・マーティン(『レイジング・ブル』などスコセッシ作品を書く)はアルメニア系アメリカ人。アルメニア系脚本家とトルコ人監督に、スコセッシやアルメニア系カナダ人アトム・エゴヤン監督らが協力して完成した。つくられるべくしてつくられ映画だろう。

|

« 浦和ご近所探索 再び敦煌閣 | Main | 奥鬼怒温泉で雪見風呂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63168953

Listed below are links to weblogs that reference 『消えた声が、その名を呼ぶ』 壮大な旅:

» 愛しい人~『消えた声が、その名を呼ぶ』 [真紅のthinkingdays]
 THE CUT  1915年、オスマン帝国。アルメニア人鍛冶職人のナザレット(タハール・ラヒ ム)は、妻と双子の娘を愛し、幸せに暮らしていた。しかしある夜更け、憲兵が 彼を強制連行する。妻子と引き離され、過酷な肉体労働に従事させられたナ ザレットは・・・。  トルコ系ドイツ人監督、ファティ・アキンの新作。トルコの歴史の暗部である アルメニア人...... [Read More]

Tracked on February 07, 2016 at 12:17 AM

» 『消えた声が、その名を呼ぶ』 アルメニア人の苦難の歴史をトルコ系監督が描く [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『愛より強く』(ベルリン国際映画祭金熊賞)などのファティ・アキンの最新作。  原題の「THE CUT」は主人公が負うことになる傷のことだろうか。  この映画は歴史上のある出来事に関して描いている。この出来事はウィキペディアでは「アルメニア人虐殺」という項目として記されている。第一次世界大戦中のオスマン・トルコ帝国によるアルメニア人の計画的で組織的な虐殺というのが一般的な見方...... [Read More]

Tracked on February 07, 2016 at 10:19 AM

» 「消えた声が、その名を呼ぶ」 [ここなつ映画レビュー]
命をかけてこの道をゆく 君たちに再び会うためにこの作品の当時、オスマン帝国は中世からの大繁栄からは打って変わって領土を失い、黒海の下方に位置するのみの「瀕死の病人」状態であった。敵国ロシアに対する攻防を続けたのち、第一次世界大戦に参戦する。そして歴史的には1922年、帝国は滅亡する。これは、第一次世界大戦時に起こった、歴史に残るアルメニア人大虐殺(一説にはヒトラーのユダヤ人ホロコーストは、これを参考にしたとされている)に翻弄されたある男の物語である。1915年、第一次世界大戦が始まった翌年、まだ戦争... [Read More]

Tracked on February 07, 2016 at 06:16 PM

» 消えた声が、その名を呼ぶ [象のロケット]
1915年、オスマン・トルコ、マルディン。 少数民族アルメニア人の鍛冶職人ナザレットは、双子の娘ルシネとアルシネ、そして妻ラケルと幸せに暮らしていた。 ところがある夜、憲兵によって強制連行されたナザレットらアルメニア人の男たちは、灼熱の砂漠で奴隷のように働かされた後、喉をナイフで切られ殺されることに。 数時間後、ナザレットは意識を取り戻すが、声が出なくなっていた…。 社会派ヒューマンドラマ。 ... [Read More]

Tracked on February 08, 2016 at 05:28 PM

» 消えた声が、その名を呼ぶ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
砂漠に消えた、愛を探して。 第一次大戦中のオスマン・トルコ帝国による、アルメニア人のジェノサイドをモチーフとした、壮大な映像叙事詩。 声を失いながらも、この世の地獄を生き残った主人公は、何処かへと消えた家族を探して、いつ果てるとも知れない苦難の旅に出る。 監督はトルコ系ドイツ人のファティ・アキンで、彼の「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」に続く「愛、死、悪に関する三部作」の最...... [Read More]

Tracked on February 10, 2016 at 11:02 PM

» 消えた声が、その名を呼ぶ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」のトルコ系ドイツ人監督ファティ・アキンが、トルコのアルメニア人大虐殺をモチーフに、虐殺を生き延びた男が、生き別れた2人の娘を捜して繰り広げる壮大な旅の行方を描いたドラマ。主演は「預言者」「ある過去の行方」のタハ...... [Read More]

Tracked on February 15, 2016 at 04:45 PM

« 浦和ご近所探索 再び敦煌閣 | Main | 奥鬼怒温泉で雪見風呂 »