« 『神様なんかくそくらえ』 ストリート・キッズの世界 | Main | 『米軍が見た東京1945秋』を読む »

January 18, 2016

『007 スペクター』 女優2人もお楽しみ

Spectre
Spectre(viewing film)

ダニエル・クレイグになってからの007はシリーズのお約束を盛り込みながら、しっかりしたドラマをつくり、しかもアクション映画としての完成度も高い。前作『スカイフォール』は『ロシアより愛をこめて』以来の傑作だと思うけど、『007 スペクター(原題:Spectre)』はその続編。『スカイフォール』がボンドと「母」をめぐる映画だとしたら、『スペクター』は「父」をめぐる映画になっている。

『スカイフォール』の敵役ハビエル・バルデムは殺しのナンバー00をもつ元英国諜報部員。ボンドが「マム」と呼ぶジュディ・デンチのMに裏切られて彼女に復讐しようとし、ボンドが「マム」を守ろうとするのがドラマの骨格だった。今回の『スペクター』の敵役オーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)はスペクターの影のボス。オーベルハウザーの父親はかつて孤児になったボンドの父親代わりを務めていた。父の愛をボンドに奪われたオーベルハウザーは父を殺し、自らは死んだと偽装して名前を変え、スペクターの首領としてボンドに復讐の機会を狙っていた。だから映画は「父」を奪われたオーベルハウザーのボンドへの復讐譚になっている。

とはいえ、そんな物語が映画の前面に出ているわけではなく、いわば隠し味。もともと荒唐無稽で古風なスパイ小説(中学時代、愛読しました)を現代にリアリティあるものにする役割を果たしている。映画としてはあくまでアクションとボンド・ガールとシリーズのお約束である車の新兵器とか、常連マネーペニーやQとの会話が楽しいエンタテインメント。

この映画では2人のボンド・ガールを楽しんだ。何を隠そうレア・セドゥとモニカ・ベルッチはご贔屓の女優なんですね。

レア・セドゥはスペクターを裏切った男の娘役。医者の白衣からドレスまで衣装をとっかえひっかえオーストリア、モロッコ、ロンドンとボンドと行動を共にする。ちょっと斜に構えて冷たい視線で男を見つめる表情が魅力的。レアを初めて見たのは『イングロリアス・バスターズ』だけど、印象に残ってない。いいなあと思ったのは『ミッドナイト・イン・パリ』でちょっと出たのと、『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』の女殺し屋。大胆な『アデル ブルーは熱い色』では、短髪を青く染めててまた別の魅力があった。

モニカ・ベルッチはボンドが殺したギャングの未亡人役。出番はわずかだけど、さすがの貫禄。彼女の映画を思い出すと、なんといっても『マレーナ』がよかった。去年見た『サイの季節』のような社会派映画にも出るけど、『ダニエラという女』とか『シューテム・アップ』とかB級映画の色っぽい役が素敵だ。

なんてことを考えながら女優を楽しみ、アクションと会話を楽しみ、長い映画だけどまったく飽きさせないのはさすが。この1年、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』にしても『ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション』にしても面白いアクション映画を見た。それらに比べたとき007シリーズの特徴はなにかといえば、しっかりしたドラマづくりはもちろんとして、もうひとつ上品さじゃないだろうか。アクションにしても会話にしてもお色気にしても、ぐりぐり尖がらず寸止めして品よく収める。やっぱりイギリス映画だなあと感ずる。

脚本では『ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)以来の2人、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドがシリーズの一貫性を支え、前作から加わったジョン・ローガン(『アビエイター』『ヒューゴ』)がドラマ部分を組立ててるんだろう。やはり前作からのサム・メンデス監督と、撮影はホイテ・ヴァン・ホイテマ(『裏切りのサーカス』『インターステラー』)。これだけのスタッフを揃えれば面白い映画ができないわけながい。

|

« 『神様なんかくそくらえ』 ストリート・キッズの世界 | Main | 『米軍が見た東京1945秋』を読む »

Comments

こんにちは!TBをありがとうございました!
レア・セドゥーは、本当にいくつもの顔を持つ女優さんなのだと思います。
大人の男女の大人な作品でした。

Posted by: ここなつ | January 19, 2016 at 07:04 PM

レアは青春ものもいいし、『美女と野獣』みたいな正統派の映画にも出るし、『アデル』の大胆さには驚きました。

「大人」というのは007シリーズのキーワードかもしれないですね。ショーン・コネリーからダニエル・クレイグまで。

Posted by: 雄 | January 19, 2016 at 10:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/63040854

Listed below are links to weblogs that reference 『007 スペクター』 女優2人もお楽しみ:

» 007 スペクター〜失われた時を求めて [佐藤秀の徒然幻視録]
もはやアクション映画というより芸術映画 公式サイト。原題:Spectre。サム・メンデス監督。ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、クリストフ・ヴァルツ、レイフ・ファインズ、ベン・ウ ... [Read More]

Tracked on January 18, 2016 at 06:56 PM

» 007 スペクター Spectre さよならクレイグ・ボンド。 次作でのシリーズ・リセットを、静かに、待つ… [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
007新作「スペクター」 を先行公開の初日に 鑑賞。 実は「スカイフォール」 も初日にみた。 前々作「007 慰めの報酬」は、予告編でやや期待が高まり過ぎた結果か、いい印象がなかった(ちょっと悩ましい新作。2009年01月24日アップ) このため、事前情報を極限までデ...... [Read More]

Tracked on January 18, 2016 at 07:26 PM

» 007 スペクター [あーうぃ だにぇっと]
007 スペクター@ユナイテッドシネマ豊洲 [Read More]

Tracked on January 18, 2016 at 08:00 PM

» 『007 スペクター(Spectre)』サム・メンデス監督、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ、ベン・ウィショー、レイフ・ファインズ、クリストフ・ヴァルツ、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『007 スペクター』Spectre監督 : サム・メンデス出演 : ダニエル・クレイグ、ベン・ウィショーレア・セドゥ、モニカ・ベルッチクリストフ・ヴァルツレイフ・ファイ... [Read More]

Tracked on January 19, 2016 at 04:03 AM

» 「007 スペクター」 [ここなつ映画レビュー]
新年の最初に観た作品は、コレ。家族揃って観られる作品をチョイスしようと思って昨年末の公開から取っておいた。面白かったけれど、長かった。長かったけれど面白かった、というのとは違う所が微妙な所だ。ダニエル・クレイグの様式美さえ観られれば満足、の私でさえそう思ったのだから、他の家族は推して知るべし。とりあえずあの挿入歌は要らなかったな。そうだ、常々思ってたんだけど、「007」はもはや様式美の塊で、新しい物は何もないんだなぁ。古臭いというのとはこれまた違うんだけど。スーツやタキシードを決めた肉食系が、組織と... [Read More]

Tracked on January 19, 2016 at 07:04 PM

» 鉄板~『007 スペクター』 [真紅のthinkingdays]
 SPECTRE  英国MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、「死 者の日」 で賑わうメキシコシティにいた。ヘリコプター内での乱闘で街を混乱 に陥れたボンドは、上司M(レイフ・ファインズ)に呼び出され、活動停止の処 分を受けるのだが・・・。  皆さんお待ちかね、ダニエル・クレイグ版ボンドシリーズ第4弾。これでもか、 ...... [Read More]

Tracked on January 20, 2016 at 01:00 PM

» 007 スペクター/SPECTRE [我想一個人映画美的女人blog]
ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド4作目、007シリーズ24作目 監督は、前作同様 ケイト・ウィンスレット元旦那のサム・メンデス。 今回の悪役にはヴァルツさん てことで、わたしお気に入りのこの二人の対決、楽しみにしてました〜 先行上映にて。 ...... [Read More]

Tracked on January 22, 2016 at 01:02 AM

« 『神様なんかくそくらえ』 ストリート・キッズの世界 | Main | 『米軍が見た東京1945秋』を読む »