« 大正大学で写真展と観音堂 | Main | ラグビーが盛り上がってる »

October 09, 2015

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 荒廃した風景

_a_most_violent_year
A Most Violent Year(viewing film)

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償(原題:A Most Violent Year)』の舞台は1981年のニューヨーク。石油危機による経済の停滞、移民流入による人種間対立の激化、犯罪の多発によって、ニューヨークがいちばん荒れていた時代だ。90年代にニューヨーク市長になり治安を劇的に向上させたジュリアーニは、このころニューヨーク州担当の連邦検事としてマフィア撲滅を陣頭指揮していた。映画にもアフリカ系の連邦検事が出てくるが、そのキャラクターにはジュリアーニが投影されているかもしれない。

野心的な移民が起業してのしあがろうとするこの物語が最も力を注いでいるのは、1980年前後の荒んだニューヨークを再現することだ。マンハッタンではなく、いろんなエスニック集団が入り乱れて暮らすブルックリンやクイーンズが舞台になっている。

ヒスパニック移民のアベル(オスカー・アイザック。彼自身はグアテマラ系)は、何台ものタンクローリーと貯蔵タンクを抱えた灯油販売会社を起こし、既存の会社の市場を奪ってのしあがりつつある。妻のアナ(ジェシカ・チャスティン)はブルックリンのギャングの娘で、会計を一手に引き受けている。

アベルの会社のタンクローリーが何者かに襲撃され車と灯油を奪われる事件が立て続けに起こっている。アナや運転手組合の委員長は運転手に銃を持たせることを勧めるが、アベルはうんと言わない。一方、連邦検事(デヴィッド・オイェロウォ)がアベルの会社を脱税容疑で調査している。そんななか、アベルは事業拡大のためイースト・リバー沿いの土地を買う契約を結び、手持ちの全財産を手付金として払う。残金の支払いは1カ月後だが、連邦検事の調査を知った銀行が融資を断ってくる……。

アベルは運転手が違法な銃で武装することを拒み、妻の実家であるギャングとも関係を持たず、クリーンなビジネスを志している。でも襲撃を恐れた運転手のヒスパニック青年がひそかに銃を持ち、襲われて銃撃戦になってしまう。会計を仕切るアナはアベルに告げず密かに裏金をプールしていた。アベルは否応なくそうした事態に巻き込まれてゆく。襲撃犯を追い詰めたアベルは、奪った銃を手に犯人を脅す。

家族、アベルの片腕の弁護士や検事、エスニックのコミュニティ、同業者、アベルを巡るさまざまな人間関係が愛と友情と対立に彩られながら進んでゆく。派手なアクションはないし、劇的な成功や挫折といったドラマチックな結末が用意されてるわけでもないけど、画面は冒頭から最後まで緊張感にあふれている。最後のアベルと検事の会話は、これからどうなるのかいろんな想像ができて陰影深い。脚本・監督のJ.C.チャンダーの腕だろう。

クイーンズの工場地帯からイースト・リバーごしにマンハッタンのエンパイア・ステート・ビルとクライスラー・ビルを望むショットはニューヨークを象徴する風景としていろんな映画に登場するけど、ここでも主人公の野心を照らしだすように何度も登場してくる。イースト・リバーにかかるクイーンズボロ橋とすぐ脇にある火力発電所の4本煙突もいくつもの映画でお目かかった構図で、この映画でも橋上の銃撃戦で出てくる。

廃工場地帯での追跡劇は、今もブルックリンかクイーンズにこういう風景が残っているんだろうか。エンドロールを見るとデトロイトでロケしているから、デトロイトだろうか。いまやこんな荒廃した風景は、ニューヨークでなくデトロイトのものかもしれない。僕の知る限り、ウィリアムズバーグやレッド・フックといったブルックリンの廃工場地帯は、今ではジェントリフィケーション(高級化)によってお洒落な地域に変貌しつつある。ついでに言うと、主人公の土地売買の契約相手は黒ずくめの服装に身を固めたユダヤ教超正統派で、ウィリアムズバーグには超正統派のユダヤ教徒が固まって住む一角がある。

襲撃犯を追跡するシーンでは、落書きだらけで汚れた地下鉄が再現される。ブルックリンからマンハッタンを通ってブロンクスを結ぶBライン。50丁目、62丁目といったブルックリン(Dライン)の駅が登場する。荒んだ風景の中をアルマーニのロングコートを着てアベルが走りまわる。

この時代、裕福な白人はニューヨークから郊外の高級住宅地へと住まいを移していた。主人公の豪邸も、緑が多く、雪が積もり、アップダウンもあるから、郊外に設定されているようだ。ロングアイランドかウェストチェスターで撮影されたらしい。

そんなこんなで、ブルックリンに住んだことのある僕には楽しみの多い映画だった。僕が暮らした2007年には一部を除いてきれいな街になっていたけれど、この映画の設定の4年後、1985年に初めてニューヨークに行ったときには、地下鉄もバワリーあたりの街路もこの映画みたいなざらざらした感触があった。

予算2000万ドルの映画なのに回収できたのは600万ドルと興行的には失敗作みたいだ(wikipedia)。映画の評価は高く映画賞にいろいろノミネートされたけど地味な映画だからなあ。才能あるJ.C.チャンダー監督が次回作もつくれるよう祈ろう。

|

« 大正大学で写真展と観音堂 | Main | ラグビーが盛り上がってる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/62430182

Listed below are links to weblogs that reference 『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 荒廃した風景:

» 『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 強くてクリーンな人物でも…… [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督・脚本は『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』のJ・C・チャンダー。  原題は「A MOST VIOLENT YEAR」。  出演は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』のオスカー・アイザック、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインなど。  1981年のニューヨークは史上最も犯罪件数が多かった年とされる。主人公のアベル(オスカー・アイザック...... [Read More]

Tracked on October 09, 2015 at 07:04 PM

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [象のロケット]
1981年、アメリカ・ニューヨーク。 一代でオイルカンパニーを築いた移民のアベルと妻アナ。 ところが、土地購入の手付金として全財産を投入した直後から、次々にトラブルがのしかかってきた。 地方検事からは告発すると言われ、銀行からは融資を断られ、妻との間にも亀裂が走る。 30日以内に残金を支払わなければ全てを失う。 孤立無援のアベルは金策に追われるが…。 社会派ヒューマンドラマ。 ≪登るときは一歩ずつ、落ちる時は一瞬≫... [Read More]

Tracked on October 12, 2015 at 09:05 AM

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [to Heart]
原題 A MOST VIOLENT YEAR 上映時間 125分 映倫 PG12 監督 J・C・チャンダー 出演 オスカー・アイザック/ジェシカ・チャステイン/デヴィッド・オイェロウォ/アレッサンドロ・ニヴォラ/アルバート・ブルックス 1981年のニューヨーク。モラルを無視したつぶし合いが平然と...... [Read More]

Tracked on October 22, 2015 at 09:24 PM

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [映画好きパパの鑑賞日記]
 スタンダードオイルってロックフェラーの会社だから、実話をもとにした物語かと思ったら違いました。正義とは何かを考えさせられる作品だけど、背景の説明とかをもう少し描いたほうがわかりやすかったなあ。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:J・C・チャンダー…... [Read More]

Tracked on October 24, 2015 at 06:27 AM

» その危険な年、守るべきこと [笑う社会人の生活]
7日のことですが、映画「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」を鑑賞しました。 1981年ニューヨーク アベルと妻アナはクリーンなビジネスを信条に石油業界に乗りこみ会社を立ち上げる。 しかし、全財産をつぎ込んだ土地購入取引直後、石油が強奪されるという事態が発生、...... [Read More]

Tracked on October 29, 2015 at 07:51 AM

» アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [佐藤秀の徒然幻視録]
結局、石油の一滴は血の一滴より濃い 公式サイト。原題:A Most Violent Year。J・C・チャンダー監督。オスカー・アイザック、ジェシカ・チャステイン、デヴィッド・オイェロウォ、エリス ... [Read More]

Tracked on November 04, 2015 at 09:46 PM

« 大正大学で写真展と観音堂 | Main | ラグビーが盛り上がってる »