« 今年最後のミントの葉 | Main | 平塚市美術館から国会前へ »

August 20, 2015

『ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション』 合言葉はコルトレーン 

Mission_impossible_rogue
Mission Impossible:Rogue Nation(viewing film)

シリーズ化されたアクション映画はむずかしいこと言わずに楽しめるのがいいとこ。だけど、バットマンも007もここ数作は気鋭の監督が起用されたため作家的な匂いのある映画になり、完成度も高くなった。

それはそれでいいけれど、やはりお気楽に見られるのもほしい。その点、『ミッション・インポッシブル』シリーズはエンタテインメントに徹している。しかもCGをできるだけ排し、トム・クルーズが相変わらず身体を張っているのがいい。

予告で大宣伝している飛行機にぶら下がるシーンは、本筋とは関係ないイントロ。滑走するA400Mの翼から機体に飛び移ったり、空中1500メートルで扉にぶら下がったり。ほかに、定番(?)のバイク追跡劇や、水中で3分潜りっぱなしのシーン(潜水のトレーニングを受け、ぶっつけ本番で撮影した)など、50歳を過ぎたというのに元気だなあ。

ウィーン、カサブランカ、ロンドンと、世界各地を巡りながらのアクションも定石どおり。なかでウィーン国立オペラ座で、プッチーニの「トゥーランドット」が上演されている舞台裏でトム・クルーズと2人の暗殺者三つ巴のアクションを繰り広げるシーンがヒッチコックばりで楽しめた。オペラ座内部の撮影はセットを組んだんだろうけど、屋上からロープで飛び降りるシーンは実際にオペラ座で撮影されている。

ヒロインに抜擢されたレベッカ・ファーガソンも、アクションの切れがいい。いかにもスウェーデン出身らしい美人だし、魅力的。名前を憶えておくことにしよう。

監督は『ゴースト・プロトコル』に続いてクリストファー・マッカリー。いい雰囲気だった『アウトロー』でもトムと組んでいるし、トム・クルーズを魅力的に見せる術を知っている。

冒頭、お馴染みのミッションを伝えられるシーンでにやりとした。中古レコード店。トムと女店員が合言葉を確認する会話。「なにかレアなものはないかな」「コルトレーン」「モンク」「ドラムはシャドウ・ウィルソン」。で、トムが買ってプレイヤーにかけると、音楽ではなく例のミッションが伝えらえるという趣向。

ジャケットは映らないが、この3人が一緒に演奏しているアルバムは2枚ある。「セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン」(ジャズランド)と「セロニアス・モンク・カルテット・ウィズ・ジョン・コルトレーン・アト・カーネギーホール」(ブルーノート)。どちらも1957年、新鋭コルトレーンが短期間モンクのグループにいたときの貴重な録音だ。コルトレーンがモンクと共演することで大きく飛躍したと言われる伝説のカルテット。ブルーノート盤は長らく眠っていた音源を2007年に発売したものだから、「レアもの」と言うここはジャズランド盤だ。


|

« 今年最後のミントの葉 | Main | 平塚市美術館から国会前へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/62119501

Listed below are links to weblogs that reference 『ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション』 合言葉はコルトレーン :

» 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」☆本物の迫力 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
話題の飛行機や、失踪するバイクのトムちん本人の、口あんぐりアクションの凄さも予想以上で~~もう最高!! 「スタントなしの本物のアクション」をウリにするだけのことはあって、トムちんの身の安全を考えたら本当にヒヤヒヤもの。 反面スパイものにありがちなややこしいあれやこれやが、そのアクションの勢いを削いでしまって、改めてイーサン・ハントがスパイであったことを思い出させる作品になっていたwa... [Read More]

Tracked on August 20, 2015 at 04:36 PM

» 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トム・クルーズは不死身か? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 トム・クルーズのライフワークみたいなものにもなってきた『ミッション:インポッシブル』シリーズの第5弾。  監督・脚本は『アウトロー』のクリストファー・マッカリーで、『ユージュアル・サスペクツ』なんかの脚本にも参加していた人とのこと。  タイトルの「ローグ・ネイション」とは「ならず者国家」で、今回の敵となるシンジケートのこと。    タイトル前のごあいさつ代わりのアクションが...... [Read More]

Tracked on August 20, 2015 at 10:39 PM

» ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション/MISSION IMPOSSIBLE ROGUE NATION [我想一個人映画美的女人blog]
ミッションシリーズにハズレなし トムちんが不可能なミッションに挑む「ミッション インポッシブル」シリーズ第5弾 今回メガホンをとったのは「アウトロー」で監督、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「ワルキューレ」 「ユージュアル・サスペクツ」脚本で、ト...... [Read More]

Tracked on August 20, 2015 at 11:10 PM

» 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」 手に汗握る進化 [はらやんの映画徒然草]
「ミッション:インポッシブル」シリーズもすでに5作目となります。コンスタントに作 [Read More]

Tracked on August 22, 2015 at 12:31 AM

« 今年最後のミントの葉 | Main | 平塚市美術館から国会前へ »