« 高湯温泉につかる | Main | 新宿へ »

July 11, 2015

『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』 最高のアクション映画

Madmax2
Mad Max :Fury Road(viewing film)

これは時代を画する、と感ずるエンタテインメントにぶつかったときには興奮する。その映画を見て以後は、同じジャンルのどんな作品を見てもその映画と比較してしまうことになる。古いものなら『007 ロシアより愛をこめて』とか『荒野の1ドル銀貨』、『スターウォーズ』第1作、『ジョーズ』『エイリアン』『ターミネーター』といったあたり。

『マッド・マックス 怒りのデス・ロード(原題:Mad Max :Fury Road)』も時代を画するアクション映画になるのではないか。そんな感覚を覚えて興奮した。しかもこの映画、CGを駆使したヴィジュアル・エフェクト(VFX)全盛時代に、「90%はプラクティカル・エフェクト(実際に人間や物を配して撮影する)」(ジョージ・ミラー監督)でつくられている。

エンドロールではVFXのスタッフの名前が流れる前に、スタントとして150人ほどの名前が、次に映画の中で活躍する十数台の改造車をつくったスタッフの名前が延々と流れる。この映画のスタンスを明らかにしていて、思わず「いいね」とつぶやきたくなる。

映画は荒野でなく砂漠を舞台に、馬でなく車が疾走する西部劇だ。冒頭は、元警官の流れ者マックス(トム・ハーディ)がおんぼろの改造車を降り、丘の上から砂漠を見渡すショット。西部劇オープニングの定番ですね。核戦争後の世界というのも、おなじみの設定。

石油や水が貴重品である荒廃の地をイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)が支配していて、マックスはジョーの戦士に捕らわれる。一方、大隊長フュリオサ(シャーリーズ・セロン)はジョーに反旗を翻し、ジョーに捕らわれ子供を産むことを命じられた5人の女たちとともに改造トレーラーで故郷に帰ろうとする。ジョーの軍団がフュリオサを追い、改造車と改造車の戦闘。生き残ったマックスはフュリオサに合流し、ジョーの軍団に対する逃亡と復讐戦が始まる……。

僕は車好きではないけれど、ビザールな改造車の群れに目は釘づけされた。『エイリアン』をデザインしたギーガーと一脈通ずる感覚の改造車の数々は、ピーター・パウンドがこの映画のために描いたコンセプト・アートが元になっている。その改造車や、放射能汚染で生まれた異形の人間たちといったグロテスクな映像感覚と全編に流れるパンク・ロックが黙示録的な映画を貫いている。昔の『マッド・マックス』にもそのテイストは流れていたと記憶する。

戦闘シーンは息つく間もなくすさまじい。映画の大部分がカーチェイスと改造車同士の戦闘。南アフリカのナミブ砂漠で、実際につくられた改造車とスタント(サーカス団員やオリンピック選手もいたそうだ)で撮影したというけれど、砂漠を突っ走る改造車の衝突とか、トレーラー上で戦う戦士とか、CGでは絶対に再現できないリアリティと迫力。デジタルの映画用カメラ(アレクサ)だけでなくキヤノンEOS 5DsやオリンパスPEN E-P5sといった小型スチール・カメラも(むろん動画機能で)使われている。

それ以上にこの映画ですごいのは、セリフが少ないこと。監督はマックスにもフュリオサにも必要最小限しかしゃべらせない。彼らの感情は、セリフや表情でなくアクションで表現される。黙って行動するマックスやフュリオサから、決然とした意志や悲しみが匂ってくる。

もともと映画はmotion pictureとかmovieと呼ぶように、19世紀末に人や物の驚異的なアクションで観客を魅了する見世物として出発した。むろんサイレントで、セリフはない。『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』は、そんな映画の原点に意識的に還ろうとしているように見える。

髪を切って義手をはめ、顔をオイルで黒く塗りたくったシャーリーズ・セロンにしびれる。『サイダーハウス・ルール』や『あの日、欲望の大地で』といったシリアスな映画の印象しかないけど、この映画でアクション映画のヒロインとしても記憶に残るだろう。トム・ハーディも筋肉むきむきのタイプではないけど、流れ者の雰囲気がよく出てた。21世紀最高のアクション映画と言ってみたくなる。


|

« 高湯温泉につかる | Main | 新宿へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/61867044

Listed below are links to weblogs that reference 『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』 最高のアクション映画:

» マッドマックス 怒りのデス・ロード [あーうぃ だにぇっと]
マッドマックス 怒りのデス・ロード@ワーナーブラザース映画試写室 [Read More]

Tracked on July 11, 2015 at 03:52 PM

» 女たちのジハード~『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【3D・字幕版】 [真紅のthinkingdays]
 MAD MAX: FURY ROAD  What a lovely day!  核戦争後、汚染され荒廃した世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は家族 を失い、彷徨うように一人で生きていた。そんな彼がある日、水や石油を独占し、 残された人々を支配するイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)一味に捕 えられる。   「これは、サバイバルの...... [Read More]

Tracked on July 11, 2015 at 05:28 PM

» マッドマックス 怒りのデス・ロード [佐藤秀の徒然幻視録]
実はセレブの美女ロード(load) 公式サイト。オーストラリア映画、原題:Mad Max: Fury Road。ジョージ・ミラー監督。トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・ ... [Read More]

Tracked on July 11, 2015 at 05:49 PM

» マッドマックス 怒りのデス・ロード (Mad Max: Fury Road) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョージ・ミラー 主演 トム・ハーディ 2015年 オーストラリア/アメリカ映画 120分 アクション 採点★★★★★ “マッドマックス”シリーズの第4弾として2003年頃からプロジェクトがスタートするも、ロケ地ナミビアの情勢不安定による治安の悪化や、当然の如…... [Read More]

Tracked on July 11, 2015 at 09:14 PM

» 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」:壮大な「チキチキマシン猛レース」 [大江戸時夫の東京温度]
映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は奇天烈な改造車が列をなして爆走しなが [Read More]

Tracked on July 11, 2015 at 11:49 PM

» マッドマックス 怒りのデス・ロード [だらだら無気力ブログ!]
あっという間の2時間で面白かった。 [Read More]

Tracked on July 13, 2015 at 12:31 AM

» 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 [ラムの大通り]
(原題:Mad Max : Fury Road) ----おっ。いよいよだニャ。 フォーンが知っている限り、 えいが、これなででもっとも興奮していた映画。 Twitterでもいろいろ喋っていたでしょ。 「そうなんだ。 この映画は、これまでここで話してきた作品のどれとも違う。 観る前に、す...... [Read More]

Tracked on July 14, 2015 at 12:28 AM

» 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」☆やっぱり大好き! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
長い事『歴史に残る傑作』と思っていた「マッドマックス サンダードーム」 その後見返してみると、サンダードーム以外はただ走るだけだなぁ・・・と思っていたのが、過去3部作と同じジョージ・ミラー監督の手によって、3部作を合わせたメガ傑作となって戻ってきた!!... [Read More]

Tracked on July 14, 2015 at 09:49 PM

» 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」□監督・脚本 ジョージ・ミラー□キャスト トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース=バーン■鑑賞日 7月1日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...... [Read More]

Tracked on July 21, 2015 at 09:47 AM

» マッドマックス―怒りのデス・ロード [映画的・絵画的・音楽的]
 『マッドマックス―怒りのデス・ロード』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)大変な評判作ということなので、ミーハーとして覗いてみたくなって、遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のマックス(トム・ハーディ)の声で、「俺の...... [Read More]

Tracked on July 21, 2015 at 08:52 PM

» マッドマックス 怒りのデス・ロード [Akira's VOICE]
アドレナリンが吹き出す活走まつり!   [Read More]

Tracked on July 23, 2015 at 05:54 PM

» [3観目なので3Dで『マッドマックス 怒りのデスロード』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・いやはや、ちょっと3Dを見直した。  映画が違った印象になりました。  で、吹き替え版でもあったので、セリフの表現の違いが、これまた新鮮でした。  人喰い男爵が、着ていたスーツの胸だけを、ロリコンAVのスク水の胸元をくりぬいて乳首を見せているのと...... [Read More]

Tracked on July 29, 2015 at 11:47 AM

» 映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『マッドマックス 怒りのデス・ロード(2D・日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 水や石油などの資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した近未来。元警察官のマックスは、妻子を殺され絶望し、ただ荒野を彷徨っていたところを、資源を独占し市民...... [Read More]

Tracked on July 29, 2015 at 03:32 PM

» 「MAD MAX 怒りのデス・ロード」 [ここなつ映画レビュー]
MADがMAXで、怒りを抱えて死の道をひた走るのである。なんのこっちゃ。観始めた時にはこの世界観についていけるのかな?と。だけど全然オッケーだった。いや、むしろ好きかも。誰にも感情移入しなくて済むのも、心と身体が疲れ果てている時にはある種の利点だ。ただ、ついていけない人は結構多いのではないかと推測される。荒廃しきった世界の壮絶な追いかけっこ。石油と水(と女)を求めるバトル。そう、言ってしまえばただそれだけの話なのだが、そこにグロテスクという彩りを加え、普通にはあまりない作品になっている。ジョージ・ミ... [Read More]

Tracked on August 04, 2015 at 05:47 PM

« 高湯温泉につかる | Main | 新宿へ »