« 酒場でドイツ歌曲を | Main | 新京極の地蔵尊 »

February 10, 2015

重森三玲の庭

1502081w
Japanese Karesansui garden by Shigemori Mirei

ボランティアの用事で大阪へ行った翌日、京都へ回って昭和の庭園家、重森三玲(みれい)の庭を見てまわった。まずは東福寺へ。この寺の方丈庭園は重森三玲の代表作といわれる。

南庭は210坪の枯山水庭園。白砂の海原に浮かぶ、仙人が住む蓬莱島を表しているという。

1502082w

同じ南庭の反対側。五つの築山があり、白砂と苔は直線で区切られている。

重森三玲(1896~1975)は日本画を学び、勅使河原蒼風らと新興いけばな創作研究にかかわった後、独学で作庭家になった。

1502083w

西庭。三玲が東福寺の庭をつくることになったとき、ただひとつ「旧本坊内にあった材料をひとつも廃棄せず再利用すること」という条件をつけられた。その制約が、三玲にさまざまな工夫をうながした。

旧本坊にあった敷石の縁石を利用してつくられた市松模様。四角い縁石のなかにサツキが植えられている。庭ができた当時はサツキの高さは3センチほどだったというから、今よりずっとすっきりした市松模様に見えたろう。

1502084w

北庭。旧本坊に敷かれていた切石を使った、やはり市松模様の「小市松の庭園」。

1502085w

東福寺にはもうひとつ、三玲がつくった庭がある。いつもは非公開の龍吟庵の庭だけど、この日は特別公開で見ることができた。

龍吟庵の名にちなんで、龍が海中から昇天する姿をかたちどった石組みの庭。白砂は海を、黒砂は黒雲を表しているそうだ。

1502086w

龍吟庵は室町時代初期に建てられた、現存する最古の方丈建築(国宝)。三玲の庭は1964年に作られた。

1502087w

京阪電車で東福寺から出町柳へ。京大正門前から吉田神社近くの重森三玲庭園美術館まで歩く。雨が落ちてきそうな空模様だったけど、そんなに寒くない。

ここはもともと吉田神社の社家だったものを、戦争中に三玲が譲り受け、庭をつくった。建物は江戸期のもの。書院から庭を見る。

1502089w

元の庭の植木を生かした枯山水。三玲の庭は、モダン・デザインのセンスを生かした枯山水とでも言ったらいいのかな。

1502088w

三玲が設計した茶室。ここにも市松模様が。

|

« 酒場でドイツ歌曲を | Main | 新京極の地蔵尊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/61110246

Listed below are links to weblogs that reference 重森三玲の庭:

« 酒場でドイツ歌曲を | Main | 新京極の地蔵尊 »