« 『はじまりのうた』 ロウワー・イースト・サイドの街角 | Main | 『味園ユニバース』 さりげない大阪 »

February 22, 2015

『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側

Foxcatcher
Foxcatcher(viewing film)

『フォックスキャッチャー(原題:Foxcatcher)』は静かな映画だ。

静かな、という言葉には二つの意味がある。ひとつは物理的に静かな映画だということ。音楽は最小限に抑えられ、人の少ない大邸宅や農場、トレーニングセンターが舞台だから無音であることが多い。台詞も少な目だ。

もうひとつは、ロングショットと長回しを多用する映像や、人を驚かすことをしない編集など、ドラマチックに流れることを意識的に避けた静謐な演出ということ。大方のハリウッド映画とは反対を向いた静けさが映画を支配している。それだけに、静けさのなかでひそかに蓄積され、いきなり露わになる主人公の暴発が際立つ。

親子と兄弟、2組の肉親の愛情と葛藤が映画の軸となる。主人公はいずれも実在の人物。

一組は世界的な化学会社、デュポン社の御曹司である富豪のジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)と母親のジャン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)。学生時代にレスリングをやったジョンは、マイナースポーツであるレスリングのスポンサーになり、広大な邸宅と農場の一角に「フォックスキャッチャー」というクラブをつくってオリンピックの金メダルを目指している。優雅なサラブレッド飼育に夢中の母親のジャンは、レスリングなど野蛮なスポーツだと軽蔑しきっている。息子のジョンは、支配的な母親に立ち向かえないまま鬱屈と反抗を心にためこんでいる。

もう一組はロス五輪で揃って金メダルを獲得したデイヴ(マーク・ラファロ)とマーク(チャニング・テイタム)のシュルツ兄弟。弟のマークは親代わりの兄のデイヴに育てられ、レスリングでも兄に指導されている。金メダルは兄のおかげと言われ、講演も兄の代理として行き、兄の陰に隠れた存在になっている。金メダリストにもかかわらず質素な生活を送っているマークに、ジョンからフォックスキャッチャーに加わらないかと誘いがくる……。

母親に支配される息子と、兄に頼り切った弟。チームを組んだ2人には、ともに「自立」し、母と兄に自分を認めさせたいという心の欲望がひそんでいる。ジョンはレスリング協会の支援者として、マークを愛玩動物のようにパーティに連れ歩き、マークも言われるままに動く。やがてジョンはもう一人の金メダリスト、兄のデイヴもコーチとして金の力でフォックスキャッチャーに呼び寄せる。

ジョンを演ずるスティーブ・カレルの能面のような表情がすごい。実在のジョンは強迫神経症を病んでいたらしいが、映画では目に見えるような奇矯な行動や言葉を描かない。母親の前では自分がチームの指導者であるふりをし、金にまかせてシニア大会で勝つ(本人は気づかないが執事が相手を買収している)けれど、あくまで金持ちの見栄やわがままといったレベル。でも能面のようなこわばった表情が、その下でなにか異常なものが進行していることをうかがわせる。

一方のマークも、見事な肉体と精悍なマスクの下で、ジョンの支配下にあることの苦痛を蓄積させている。マークを演ずるチャニング・テイタムもまた喜怒哀楽を露わにしない無表情で、やはりその裏でなにごとかが進行しているのを感じさせる。やがて堪えがたくなったマークは試合に敗れてチームを離れ、悲劇が訪れる。

その直前、拳銃を持ったジョンが車を運転して雪の農場を走る無音のロングショットがある。静謐の底に狂気を感じさせて素晴らしい。

大富豪の殺人というテーマは『ユー・ウィル・ビー・ブラッド』を思い出させる。あれは石油王の話だったが、19世紀に設立されたデュポン社は黒色火薬を製造し、南北戦争で巨利を得た「死の商人」だった。20世紀になって化学分野に進出し、原水爆の開発にも関与している。映画はそんなことを一切語らず貴族の館のような大邸宅と広大な農園しか写しださないけれど、デュポン一族のジョンが放った銃弾の背後に、そんな血なまぐさいアメリカ史を置いてみたくなる。

|

« 『はじまりのうた』 ロウワー・イースト・サイドの街角 | Main | 『味園ユニバース』 さりげない大阪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/61168950

Listed below are links to weblogs that reference 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側:

» フォックスキャッチャー [あーうぃ だにぇっと]
フォックスキャッチャー@一ツ橋ホール [Read More]

Tracked on February 22, 2015 at 04:35 PM

» フォックスキャッチャー〜富豪の孤独 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Foxcatcher。ベネット・ミラー監督。スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、シエナ・ミラー、アンソニー・マ ... [Read More]

Tracked on February 22, 2015 at 05:16 PM

» 『フォックスキャッチャー』 (2014) [相木悟の映画評]
突き刺すように冷たい戦慄の実録ドラマ! 震えるほど恐ろしい、人間の底知れぬ闇を覗き込む一級品であった。 本作のメガホンをとったのは、『カポーティ』(05)、『マネーボール』(11)と通好みな高品質作をハズレなしで生み出しているベネット・ミラー監督。第...... [Read More]

Tracked on February 22, 2015 at 07:48 PM

» 「フォックスキャッチャー」 母の呪縛 [はらやんの映画徒然草]
大財閥の御曹司が、元オリンピックの金メダリストを射殺してしまう。 かなりセンセー [Read More]

Tracked on February 22, 2015 at 10:38 PM

» 『フォックスキャッチャー』 [ラムの大通り]
(原題:FOXCATCHER) ----『フォックスキャッチャー』って“キツネ狩り”のことだよね。 そんな歌、なかったけ? 「中島みゆきだね。 しかし、変なこと知っているなあ。 この映画のそれは、レスリングチームの名前」 ----レスリング・チーム? 「うん。 野球で言えば球団名...... [Read More]

Tracked on February 23, 2015 at 10:31 AM

» 『フォックスキャッチャー(FOXCATCHER)』ベネット・ミラー監督、マーク・ラファロ、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『フォックスキャッチャー』FOXCATCHER監督 : ベネット・ミラー物語・大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は給... [Read More]

Tracked on February 26, 2015 at 02:00 AM

» フォックスキャッチャー (Foxcatcher) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベネット・ミラー 主演 スティーヴ・カレル 2014年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★★ 「ないものはしょうがない!」って考える方なので、“ないものねだり”って性質ではないと自負している私。でも、女房なんかに言わせると「あるものねだりがすごい…... [Read More]

Tracked on March 03, 2015 at 01:02 PM

» 「フォックスキャッチャー」 [ここなつ映画レビュー]
あまりにも息を詰めて観ていたため、肩がこりっこりになってしまった。凄かった。本当に息詰まる、緊張感に溢れる作品。レスリングというスポーツのハードさや、とある貴族の異常性だけが凄かったのではない。勝ちたい、とか、栄誉を得たい、とかいう、人間の欲望だけが凄かったのではない。越えられない壁、埋まらない溝。マーク(チャニング・テイタム)の兄を越えたいという切望、ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)の母親に認められたいという渇望。そう、私はこの作品を観終わって、実はこれは家族の、ひいては血の抱える問題を描い... [Read More]

Tracked on March 06, 2015 at 12:47 PM

» フォックスキャッチャー [映画的・絵画的・音楽的]
 『フォックスキャッチャー』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)昨年のカンヌ国際映画祭で監督のベネット・ミラー(注1)が監督賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、多数の猟犬を従えて馬に乗ってキツネ狩りをするシーンが描か...... [Read More]

Tracked on March 06, 2015 at 09:09 PM

» キツネ狩り~『フォックスキャッチャー』 [真紅のthinkingdays]
 FOXCATCHER  1987年。3年前のロス五輪で金メダルを獲得したマーク・シュルツ(チャニ ング・テイタム)は、レスリングというマイナー競技ゆえの辛酸をなめていた。 生活は苦しく、同じく金メダリストで練習パートナーの兄デイヴ(マーク・ラファ ロ)は家庭を持ち、妻子優先。そんな孤独と焦燥の日々を送るマークの元 に、アメリカ有数の財閥の御曹司、ジョン...... [Read More]

Tracked on March 08, 2015 at 02:52 PM

» 映画:フォックスキャッチャー Foxcatcher カレルの狂気演技が最大の見物! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
スポーツで食っていくのは大変。 それが例え、オリンピックのメダリストだろうと… レスラーで、ロスオリンピック1984でメダルを獲得した主人公(写真:左)は、超リッチな富豪からの招待を受ける。 申し出は、自分の広大な土地内の、昔は狐狩りをしていた施設を改造...... [Read More]

Tracked on March 14, 2015 at 07:47 AM

« 『はじまりのうた』 ロウワー・イースト・サイドの街角 | Main | 『味園ユニバース』 さりげない大阪 »