« 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 | Main | 梅がようやく »

February 25, 2015

『味園ユニバース』 さりげない大阪

Photo
Misono Universe(viewing film)

30年以上前、4年ほど大阪で暮らしたことがある。たまに仕事で行く以外ほとんど知らない土地だったので、ヒマをみつけては町を歩いた。ミナミや新世界といった有名な場所に通った後は、環状線に乗って降りたことのない駅で降りて歩くことにした。

大阪の環状線は高架になっている区間が多い。高所を走る電車の窓に映る環状線外側の景色は、ぽつんぽつんと4、5階建てのビルがあるだけで、あとは一面に黒ずんだ木造住宅が果てしなくつづいているように見えた。それは昭和30年代前半、東京近郊の工場地帯で育ったガキのころ見た「戦後」の風景に似ていた。

歩いて面白かったのは鶴橋、桃谷といった環状線東側の住宅密集地帯と、西側では大正、弁天町、西九条といった湾岸の工場地帯。湾岸には木津川、尻無川、安治川が流れていて、少し歩くと必ず川のある風景にぶつかる。それは、大阪がもともと淀川がつくった無数の砂州や島々のうえにできあがった都市であることを思い出させる。

『味園ユニバース』はそんな30年前に見た大阪の記憶、昭和の匂いと川のある風景を彷彿させてくれた。道頓堀や通天閣といった誰にでもわかるランドマークでなく、コンクリート堤の川と周辺の工場、倉庫街。鉄橋を渡る環状線の電車。そんなさりげない、それでいて、ああ大阪だなと感じさせる風景のなかに、一匹の野良犬がまぎれこんでくるところから映画が始まる。

恵美須町夏祭りのアトラクションでバンド「赤犬」が演奏しているところに、いきなりひとりの男(渋谷すばる)が入ってきて歌いだす。素晴らしく伸びのある声にメンバーも客も驚くが、男は直後に失神する。バンドのマネジャー格のカスミ(二階堂ふみ)が男を家に連れ帰る。男は記憶喪失していて、カスミは男を「ポチ男」と呼んで貸スタジオの自宅に住まわせる……。

ポチ男は自分が何者かわからない。でも歌は見事で、たちまちバンドのボーカルになる。和田アキ子の「古い日記」が繰り返し歌われる。〽あのころは ふたりして… 渋谷すばるの歌と存在は、まるで抜き身で放り出された刃物みたい。ギラリと光る鋭さがある。これは渋谷のための映画だ。

大阪を舞台にした音楽映画だから、関ジャニ∞の渋谷はじめバンドもすべて大阪。赤犬は山下敦弘監督の大阪芸術大学時代の先輩がつくった13人編成のバンドだ。メンバーが山下監督の『ばかのハコ船』や『どんてん生活』の映画音楽を担当している。僕はこの映画で初めて聞いたけど、コンサート会場に「全日本赤犬歌謡祭」なんて看板が掲げられていたから浪花のクレイジー・ケン・バンドみたいな感じなんだろうか。映画では、ご近所で寄り集まった中年バンドという設定になってる。

オシリペンペンズというユニークなロックバンドも出てくる。ボーカル石井モタコの亡くなった父親は、僕のかつての仕事仲間だった。「歌謡祭」の会場は千日前の味園ユニバース。元キャバレーで、今はライブ会場として使われているらしい。

カスミが、服のネームを手がかりにポチ男のことを調べはじめると、犯罪にからんで服役していたことがわかってくる。でもカスミには、ポチ男が誰なのかを知りたい気持ちの一方で、それを知りたくない、過去のないポチ男のままでいてほしいという願望もあるようだ。それは死んだ父親の貸スタジオを継いだカスミの、辛い過去をふり捨てたい願望とも重なっているらしい。そのあたりが映画の陰影になっている。

ポチ男の逃走、そして復帰と、音楽映画の常道を踏んで最後は味園ユニバースでのクライマックスになる。『リンダ リンダ リンダ』もそうだったけど、音楽映画をつくるときの山下敦弘のリズムは肩の力が抜けて心地よい。こてこてでなく、さりげない大阪への愛も。


|

« 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 | Main | 梅がようやく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/61180654

Listed below are links to weblogs that reference 『味園ユニバース』 さりげない大阪:

» 味園ユニバース〜観る方も記憶喪失? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。英題:La La La at Rock Bottom。山下敦弘監督。渋谷すばる、二階堂ふみ、鈴木紗理奈、川原克己、松岡依都美、宇野祥平、松澤匠、野口貴史、康すおん、赤犬。ポチ男(渋谷すば ... [Read More]

Tracked on February 25, 2015 at 12:20 PM

» 『味園ユニバース』 渋谷すばるを堪能せよ! [映画のブログ]
 その瞳に狂気をたたえ、猫背気味にステージに突っ立って、突き放したようにシャウトする。若かりし日の甲本ヒロトを彷彿とさせる男。  『味園(みその)ユニバース』で渋谷すばるさんが演じたポチ男(ポチオ)は強烈だった。  あまりテレビを見ない私が芸能人を知る機会は少ない。映画出演ではじめて知る人が多い。  同じ関ジャニ∞(エイト)のメンバーでも、『ちょんまげぷりん』の錦戸亮さんのように映...... [Read More]

Tracked on February 25, 2015 at 05:25 PM

» 『味園ユニバース』 (2015) [相木悟の映画評]
過去に向き合い、未来に突き進む熱唱! 定番の再生ストーリーながら、コテコテの浪花節が身に沁みる快作であった。 本作は、前田敦子、“乃木坂46”と最近アイドルづいている奇才、山下敦弘監督作。今回主演に迎えるのは男性アイドルグループ、“関ジャニ∞”の渋谷すばる...... [Read More]

Tracked on February 25, 2015 at 06:32 PM

» 『味園ユニバース』山下敦弘監督、渋谷すばる、二階堂ふみ主演 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容と台詞に触れています。『味園ユニバース』監督 : 山下敦弘物語・大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響い... [Read More]

Tracked on February 25, 2015 at 11:00 PM

» 『味園ユニバース』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「味園ユニバース」□監督 山下敦弘□脚本 菅野友恵□キャスト 渋谷すばる、二階堂ふみ、鈴木紗理奈、川原克己、松岡依都美■鑑賞日 2月15日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  今...... [Read More]

Tracked on February 26, 2015 at 07:40 AM

» 味園ユニバース [象のロケット]
大阪の公園でバンド“赤犬”のライブが盛り上がっていたその時、傷だらけの男がマイクを奪いいきなり歌い始める。 どうやら男は記憶喪失らしい。 その歌唱力に惚れ込んだ赤犬マネージャーのカスミは彼を“ポチ男”と名付け、自宅兼スタジオの雑用係として住まわせることに。 ケガをした赤犬ボーカルの代理で歌うことになったポチ男だったが、誰かの歌声が脳裏に響きステージ上で硬直してしまう…。 音楽ヒューマンドラマ。... [Read More]

Tracked on March 02, 2015 at 12:14 PM

» ディープ大阪~『味園ユニバース』 [真紅のthinkingdays]
 大阪、夏の公園。バンド 「赤犬」 の歌謡ショーに、一人の男が乱入する。ア カペラで 「古い日記」 を絶唱し倒れたその男は、歌以外全ての記憶を失って いた。赤犬のマネージャー・かすみ(二階堂ふみ)は、その男を 「ポチ男」 と 名付け、祖父と二人で暮らす自宅に居候させる。  山下敦弘(のぶひろ)監督の新作は、全編大阪ロケの音楽映画。主演はジャニ ーズですが、決してアイドル映画...... [Read More]

Tracked on March 06, 2015 at 01:16 PM

» 味園ユニバース [単館系]
味園ユニバース MOVIXさいたま 2015/2/14公開 大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が 舞台に乱入し歌を披露する。 ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。 彼の才能に興味を抱いたバンドとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は 「ポチ男」とあだ名を付け、スタジオで働いてもらうことにする。 やがてバンドのボー...... [Read More]

Tracked on March 06, 2015 at 09:00 PM

» 味園ユニバース  監督/山下 敦弘 [西京極 紫の館]
【出演】  渋谷 すばる  二階堂 ふみ  鈴木 紗理奈 【ストーリー】 大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。彼の才能に興味を抱いたバンドとマネ...... [Read More]

Tracked on March 06, 2015 at 09:05 PM

« 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 | Main | 梅がようやく »