« 『帝国の慰安婦』を読む | Main | 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 »

February 19, 2015

『はじまりのうた』 ロウワー・イースト・サイドの街角

Begin_again
Begin Again(viewing film)

ニューヨークを舞台にした音楽映画というと、たいていグリニッジ・ヴィレッジが中心になる。1950~70年代にかけて、ジャズにしろフォークにしろライブハウスはヴィレッジに集中していたから。ジャズならヴィレッジ・ヴァンガードはじめいくつものライブハウスがあるし、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』が描いたようにフォーク・リバイバルはヴィレッジを中心に盛り上がった。ビートニクもここで生まれたし、ヴィレッジは「特別な場所」(作家のローレンス・ブロック)だった。

でも『はじまりのうた(原題:Begin Again)』ではヴィレッジではなく、その東南でチャイナタウンに隣接したロウワー・イースト・サイドが主な舞台になっている。それが印象的だった。金のない若者やアーティストの生活圏がこちらに流れてきているからだろう。

もともとロウワー・イースト・サイドは貧しい移民が住んだ場所で、照明も暖房もない劣悪なかつてのアパートがテネメント博物館として保存されている。でも1990年代以降、ジェントリフィケーションと呼ばれる「高級化現象」で中流階級や若者が住むようになった。今では若者の街として、おしゃれなレストランやショップ、ライブハウスも多い。

コンドミニアムを飛び出したグレタ(キーラ・ナイトレイ)が転がりこむ売れないミュージシャンのアパートは、地下鉄エセックスSt.駅で乗り降りしているところを見るとロウワー・イーストサイドにある。グレタと音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)が初めて出会うライブハウスも、現実にこの地域にあるアーレンズ・グローサリーだ。

このライブハウスでグレタとダンが初めて会うシーンが三度繰り返される。見る者は、一度目は主人公の出会いだとしか分からないけど、二度目までにグレタのその瞬間までのいきさつが描かれ、三度目までにダンのいきさつが描かれる。

グレタの恋人であるミュージシャンのデイヴ(アダム・レヴィーン)がメジャー・デビューして売れっ子になり、他の女性のために歌をつくった彼と喧嘩して、グレタはコンドミニアムを飛び出し、ロウワー・イースト・サイドのミュージシャン仲間のアパートに転がりこむ。ダンは、自分がつくったレコード会社の共同経営者が売れ筋優先の方針を取るのと衝突して会社をクビになり、妻や娘のバイオレット(ヘイリー・スタインフェルド)ともうまくいっていない。三度目の出会いで、そういう二人であることがわかる。

ステージのグレタがギター一本で歌う場面も繰り返し出てくる。三度目のシーンでは、それを聞くダンが、グレタの歌にどんなアレンジでどんなバックをつけるか想像する音がかぶさってくる。いいシーンだ。グレタの歌にほれ込んだダンはデモをつくろうとするが、スタジオを借りる金もなく、ニューヨークの街なかで録音することを考える。

ニューヨークのランドマークであるいろんな場所でのライブ録音のシーンが、音楽をたっぷり聞かせて、なんとも気持ちいい。

エンパイア・ステート・ビルが背後にそびえるビルの屋上(ビートルズのドキュメンタリー『レット・イット・ビー』の屋上での演奏を思い出す)。ワシントン・スクエア・パーク、ロウワー・イースト・サイドの路地、ユニオン・スクエアの交差点、チャイナタウン、セントラル・パーク。パトカーのサイレンや子供たちの声やいろんな町の音も録音される。有名な場所も、名も知れぬ街角も、ダンが言うように、音楽によって「陳腐でつまらない景色が美しく輝く真珠になる」。

曲はグレッグ・アレキサンダー(ニュー・ラディカルズ)と脚本・監督のジョン・カーニーの手になる。カーニー監督はアイルランドでロック・バンドのベーシストだったそうだ。道理で音楽のツボを心得てる。キーラ・ナイトレイの歌も、いかにもフォークの感じが出てる。楽しい映画でした。 

|

« 『帝国の慰安婦』を読む | Main | 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/61136470

Listed below are links to weblogs that reference 『はじまりのうた』 ロウワー・イースト・サイドの街角:

» はじまりのうた/キーラ・ナイトレイ [カノンな日々]
『once ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督がキーラ・ナイトレイを主演に音楽が紡ぐ出会いと運命を描いた物語です。劇場予告編を初めて観た瞬間に「あ、コレはもしかしてonce ... [Read More]

Tracked on February 19, 2015 at 06:14 PM

» はじまりのうた [あーうぃ だにぇっと]
はじまりのうた [Read More]

Tracked on February 19, 2015 at 06:21 PM

» 『はじまりのうた (Begin Again)』ジョン・カーニー監督、キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、他出演 "路上の音楽" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『はじまりのうた』(Begin Again)監督・脚本 : ジョン・カーニー物語・ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたの... [Read More]

Tracked on February 19, 2015 at 07:20 PM

» はじまりのうた [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Begin Again。ジョン・カーニー監督、キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レヴィーン、ヘイリー・スタインフェルド、ジェームズ・コーデン、モス・デ ... [Read More]

Tracked on February 19, 2015 at 07:36 PM

» Lost Stars/音楽がいっぱい~『はじまりのうた』 [真紅のthinkingdays]
 BEGIN AGAIN  NYの小さなライヴハウス。英国からやってきたシンガー・ソングライターの グレタ(キーラ・ナイトレイ)は、恋人に裏切られ、行き場のない自らの胸中を 歌に託す。そこに偶然居合わせた音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファ ロ)は、彼女の歌に一条の光を見る。彼もまた、家庭と職を失い、酒に溺れ ていたのだった。  大・大・大好き...... [Read More]

Tracked on February 19, 2015 at 10:48 PM

» はじまりのうた/BEGIN AGAIN [我想一個人映画美的女人blog]
第80回アカデミー賞歌曲賞受賞で映画もヒットした「ONCE ダブリンの街角で」 から7年。ジョン・カーニー監督が、またまた音楽をテーマに舞台をニューヨークに変えてハリウッドで撮った2作目 原題の「BEGIN AGAIN」はrdquo;やり直しrdquo;の意。 これ...... [Read More]

Tracked on February 26, 2015 at 12:27 AM

» はじまりのうた [映画的・絵画的・音楽的]
 『はじまりのうた』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)久しぶりにキーラ・ナイトレイ(注1)を見てみようと思い、映画館に行きました。  本作(注2)では、ミュージシャンのグレタ(キーラ・ナイトレイ)とその恋人デイヴ(同じようにミュージシャン:アダム・レヴ...... [Read More]

Tracked on March 03, 2015 at 06:51 AM

» 映画:はじまりのうた Begin Again  音楽ネタ満載 + フル・NYロケ でたっぷり楽しめる1本。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨日アップした「ジャージー・ボーイズ」じゃないが、こちらもゴキゲンな音楽映画。 「once ダブリンの街角」で評価されたジョン・カーニー監督が引き続き音楽映画で勝負! ベースは、ミュージシャンたちとプロデューサーの成功への道程。 主演のキーラ・ナイトレイが...... [Read More]

Tracked on March 07, 2015 at 12:29 PM

« 『帝国の慰安婦』を読む | Main | 『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 »