« 元旦の空 | Main | 庭のジョウビタキ »

January 08, 2015

『ゴーン・ガール』 完璧なブロンド美女

Gone_girl
Gone Girl(viewing film)

『ゴーン・ガール(Gone Girl)』は、デヴィッド・フィンチャーの映画らしくプロットが二転三転して行き着く先が読めない。しかも二転三転するごとに映画のテイストが変わって、いわゆるジャンル映画を横断するようになっているのが面白い。出だしは正統派のミステリー、それが社会派ふうに展開していたと思うと、途中から女性のロードムービーに変わり、一転して密室の監禁サスペンス、最後はひねりのきいた恐怖映画みたいになって終わる。

ミズーリ州の田舎町で暮らすニック(ベン・アフレック)の妻・エイミー(ロザムンド・パイク)が失踪する。エイミーはベストセラー『アメージング・エイミー(完璧な少女エイミー)』を書いた父の娘で、本のモデルだった。両親を中心にワイドショーも利用した公開捜査が過熱し、アリバイがあやふやで愛人の存在が発覚したニックに疑いがかけられる。ニックは殺人容疑で逮捕されるが、画面は一転、失踪したエイミーが車で移動し身を隠していることを映し出す。

前半はニックの視点で物語が進むけれど、やがてエイミーこそ真の主役であることがわかってくる。エイミーはニューヨークのセレブである両親の「作品」で、彼女自身もそれを演じていた。金も教養もある美女が実は……というのが後半の面白さ。

原作の小説は、アメリカで実際にあった事件に基づいている。「完璧な夫婦」の妻が失踪して殺され、夫が殺人罪で逮捕・起訴され有罪になった「スコット・ピーターソン事件」。原作を読んでないけど、映画と同じだとすれば、実際の事件を途中から上下左右引っくりかえしてみせたんじゃないかな。映画はそうなってる。

そこが見どころで、ヒッチコック好みのブロンド、ロザムンド・パイクが美しくも恐ろしい。と書けばネタバレだからついでに言えば、『氷の微笑』のシャロン・ストーンより魅力的だ。最大の見せどころは、ベッドの上のロザムンドにどばっと大量の血が飛びちるシーン。そこから映画は一挙にサイコ・ホラーというか、コメディ・ホラーというか、仮面をかぶった夫婦の化かしあいになる。

ちょっとだけ不満を言えば、エイミーが裕福な高校時代のボーイフレンドに助けを求め、豪邸に体よく監禁されるプロットがもっと突っ込んで描かれれば、血がどばっのショットがもっとショッキングだったろう。昔のイギリス映画『コレクター』のように、とまでは言わないが。

フィンチャーの映画にはいつもリアリズムというよりゲーム感覚がついて回るけど、この映画も同じ。それが好きかどうかは好みが分かれるところだ(実は僕はあまり好きではない)。でも面白さは抜群。

この映画、最初はカミさんと見に行く予定だったけど、一緒に行かなくて、ああ、よかった。


|

« 元旦の空 | Main | 庭のジョウビタキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/60923366

Listed below are links to weblogs that reference 『ゴーン・ガール』 完璧なブロンド美女:

» ゴーン・ガール [だらだら無気力ブログ!]
その辺のホラーより怖いわ〜。 [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 12:08 PM

» 『ゴーン・ガール』 (2014) [相木悟の映画評]
二転三転、驚愕のサイコロジカル・スリラー! どんより暗くなる身も蓋もない内容ながら、めちゃくちゃ面白いサスペンスであった。 本作は、今やハズれるイメージのわかない名匠となったデヴィッド・フィンチャー監督作。ギリアン・フリンの同名ベストセラー小説の映画...... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 12:16 PM

» 『ゴーン・ガール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月20日...... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 12:18 PM

» ゴーン・ガール [あーうぃ だにぇっと]
ゴーン・ガール@新宿明治安田生命ホール [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 12:53 PM

» 『ゴーン・ガール(Gone Girl)』デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 02:47 PM

» 『ゴーン・ガール』 (2014) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: Gone Girl 監督: デビッド・フィンチャー 出演: ベン・アフレック 、ロザムンド・パイク 、ニール・パトリック・ハリス 、タイラー・ペリー 、キム・ディケンズ 公式サイトはこちら。 幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周年...... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 04:22 PM

» ゴーン・ガール/ベン・アフレック [カノンな日々]
劇場予告編で流れる「She」にまんまとすっかりやられてしまいましたが、『ノッティングヒルの恋人』のようなロマンチックストーリーというわけではなさそうです。『ソーシャル・ネ ... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 04:33 PM

» ゴーン・ガール〜イカれた女 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ギリアン・フリン原作、デヴィッド・フィンチャー監督。ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、 ... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 05:43 PM

» ゴーン・ガール [映画的・絵画的・音楽的]
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか、...... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 09:03 PM

» 「ゴーン・ガール」 [或る日の出来事]
妻が行方不明になる映画と聞いていたけど、こんな展開になるなんて、おもしろすぎ! [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 10:00 PM

» 映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあまり...... [Read More]

Tracked on January 08, 2015 at 11:22 PM

» 「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・ [はらやんの映画徒然草]
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と [Read More]

Tracked on January 09, 2015 at 06:23 PM

» 『ゴーン・ガール(Gone Girl)』デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容について触れています。『ゴーン・ガール』(Gone Girl)監督 : デヴィッド・フィンチャー出演 : ベン・アフレック、ロザムンド・パイクニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリーキム・... [Read More]

Tracked on January 09, 2015 at 07:24 PM

» ゴーン・ガール (Gone Girl) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実…... [Read More]

Tracked on January 31, 2015 at 09:55 AM

» 「ゴーン・ガール」 [ここなつ映画レビュー]
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているのか、などのミステリー仕立てになっているが、途中から加速度的にスリラーになっていく。アカデミー賞のノミネート(主演女優賞)もされたこの作品。面白かったし、すごいな、とは思ったけれど…。何かを深く考えさせられたり、衝撃を受けたりする事はない。ちらっと人の業... [Read More]

Tracked on February 04, 2015 at 01:05 PM

« 元旦の空 | Main | 庭のジョウビタキ »