« 『さよなら歌舞伎町』 抱きしめたい | Main | 重森三玲の庭 »

January 31, 2015

酒場でドイツ歌曲を

1501312w
German lieder in a bar

友人の作曲家、淡海悟郎がピアノを弾き、ソプラノの室井綾子が歌う「酒場でドイツ・リート(歌曲)」を聞きに、東中野の酒場マ・ヤンへ。シューマン、ワーグナー、シューベルト、リヒャルト・シュトラウスの歌曲をたっぷりと。

淡海君は母上の介護に専念していたこともあり、ピアノを弾くのは3年半ぶり。終わった後は友人たちと二次会で盛り上がった。

1501311w

東中野駅前のこの一角は昭和の香りただよう小路。ところがここに30階建て高層マンションの計画が持ち上がり、地上げ業者が入っているという。マ・ヤンのオーナーが中心になった「昭和の街を保存する会」の呼びかけに一同で署名する。こういう雰囲気の酒場、小路はいちど壊してしまえば二度とつくれない。

|

« 『さよなら歌舞伎町』 抱きしめたい | Main | 重森三玲の庭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/61064391

Listed below are links to weblogs that reference 酒場でドイツ歌曲を:

« 『さよなら歌舞伎町』 抱きしめたい | Main | 重森三玲の庭 »