« 『悪童日記』 無垢であり邪悪である視線 | Main | 恭仁宮跡から海住山寺へ »

November 06, 2014

函館湯の川温泉へ

1411051w
a trip to Yunokawa Spa

函館の湯の川温泉に行くのは初めて。町なかの、こんなに大きな温泉だとは知らなかった。お湯はナトリウム塩化物泉。無臭透明で塩辛い。さらさらとして気持ちのいいお湯。

1411054w

市内の移動は市電で。主な観光スポットにはこれでほとんど行ける。

1411055w

乗ってるだけで懐かしくなる。

1411052w

函館に来るのは三十数年ぶり。すっかり観光都市になっているのに驚いた。朝市で定番の海鮮丼。

1411053w

活スルメイカの刺身。この後、ゲソや目玉まで切ってもらって食す。

1411056w

明治43年建築の旧函館区公会堂では、中国から来た観光客が明治の貴婦人に扮して記念写真。中国の天津からチャーター便が来ていて、中国の観光客が多い。

1411057w

港を見下ろすカフェでお茶を飲んでいたら、一瞬、港に陽が射した。

1411058w

定番中の定番、函館の夜景。満月に近い月が海面を照らす。

|

« 『悪童日記』 無垢であり邪悪である視線 | Main | 恭仁宮跡から海住山寺へ »

Comments

函館の景色、きれいですねー。

Posted by: aya | November 11, 2014 at 01:26 PM

ありがとうございます。市電の走る町はいいですね。少し前、大阪の堺でも市電に乗りましたが、復活させてもらいたいものです。

Posted by: 雄 | November 12, 2014 at 12:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/60609616

Listed below are links to weblogs that reference 函館湯の川温泉へ:

« 『悪童日記』 無垢であり邪悪である視線 | Main | 恭仁宮跡から海住山寺へ »