« 砂町銀座へ | Main | 山手線を半周して »

November 28, 2014

『0.5ミリ』 さすらいのヘルパー

05
0.5mm(viewing film)

高齢化の進むこの国で介護が大問題であることは誰も異存がないだろう。でもそれをどんなふうに映画にしたらいいのか。テーマがテーマだけに、正面から取り組めばやけに真面目で深刻なものになってしまいそうだ。

『0.5ミリ』は、主人公のヘルパーを言ってみれば流れ者のガンマンに見立て、ヒーローがさすらうロードムービーにすることでめっぽう面白い映画になった。196分の長丁場に、まったく飽きず引き込まれる。安藤桃子監督と、妹で主演の安藤サクラが組んだ快作だ。全編高知でロケした地方都市の風景も重要な舞台装置になっている。

ヘルパーのサワ(安藤サクラ)は、派遣先で「おじいちゃんの冥途の土産に一緒に寝てあげてくれない?」と娘の雪子(木内みどり)に頼まれる。その夜、雪子は首を吊り、おまけに火事を出して、サワは職と住処を失って路頭に迷う。

サワは、スーパーの駐輪場で自転車のタイヤに穴をあけている元自動車整備工の茂(坂田利夫)や、本屋で万引きする元教師の義男(津川雅彦)の弱みにつけこんで自宅に入り込む。といって財産を狙うのでなく、住まわせてくれるかわりに押しかけヘルパーになって孤独な老人に寄り添うのだ。

サワは茂が金融詐欺で財産を取られそうになるのを助け、義男の妻(草笛光子)が寝たきりになっているのを介護し、茂も義男も徐々にサワに心を開いてゆく。彼らは、過去の人生をサワに語りはじめる。「0.5ミリ」というのは、人と人がほんのちょっとだけ距離を詰めれば世の中も変わってくるのに、という監督の思いを表しているだろう。でもそれが10センチや1メートルでなく距離を詰めすぎないところが、サワという主人公の身のこなしの軽やかさや笑いになっている。義男の姪(浅田美代子)に財産目当てと誤解されそうになると、サワはさっと身を引いて家を出る。

家を出たサワは雪子の息子、マコト(土屋希望)と出会い、マコトが同居している父(柄本明)の家にころがりこむ。マコトは性同一障害らしく、誰とも口をきかない。それを感じたサワは、マコトに死んだ母のワンピースを着せて一緒に家を出る。ロードムービーらしく、ラストは2人を乗せた車が海辺を走るロングショット。

海と山があり、市電も走る地方都市の風情がいいなあ。変哲もない裏通りや古い旧家のたたずまいが心にしみる(撮影は灰原隆裕)。

それ以上に素晴らしいのは安藤サクラ。『愛のむきだし』で変な女優が出てきたなと思い、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で個性がくっきりし、『かぞくのくに』が圧巻だった。

この映画でも時に少女のようで、時に女っぽく、時に優しく、時に強面に。軽々と七変化を見せる。一瞬、どきっとするほどの美しい表情。小さいころから一緒だった姉だからこそ、その魅力をよくわかっている。女優として、姉が「あの人は化け物ですよ」と評するのもうなずける。安藤桃子とサクラの姉妹、とんでもなく強力なチームになりそうだ。


|

« 砂町銀座へ | Main | 山手線を半周して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/60726751

Listed below are links to weblogs that reference 『0.5ミリ』 さすらいのヘルパー:

» 0.5ミリ〜安藤サクラのはまり役 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。奥田瑛二製作総指揮、安藤桃子原作・監督。安藤サクラ、織本順吉、木内みどり、坂田利夫、津川雅彦、土屋希望、井上竜夫、東出昌大、ベンガル、角替和枝、浅田美代子 ... [Read More]

Tracked on November 28, 2014 at 06:19 PM

» 0.5ミリ [映画的・絵画的・音楽的]
 『0.5ミリ』を有楽町スバル座で見てきました。 (1)この映画については、先般同じ映画館で『太陽の坐る場所』を見た際、ロビーに置いてあるチラシで知りました。  その後、フジテレビの『ボクらの時代』(この動画)、BS朝日の『ザ・インタビュー』、テレビ朝日の『徹...... [Read More]

Tracked on December 01, 2014 at 09:12 PM

» 「0.5ミリ」:女版「寅さん」か? [大江戸時夫の東京温度]
映画『0.5ミリ』は安藤一家のファミリー・ピクチャーでありながら3時間16分の大 [Read More]

Tracked on December 01, 2014 at 10:43 PM

» 0.5ミリ [象のロケット]
介護ヘルパー山岸サワは、寝たきり老人・片岡昭三の娘・雪子から、一晩、父親に添い寝して欲しいと頼まれる。 ところが、その夜事件が起こり、サワは「家ナシ、金ナシ、仕事ナシ。」状態になってしまう。 行く当てのないサワは、家出してきた康夫、駐輪場で自転車をパンクさせている茂、女子高生の写真集を万引きする真壁など、様々な老人たちに、強引に近づいてゆく…。 ロードムービー。 ≪死ぬまで 生きよう、どうせだもん。≫... [Read More]

Tracked on December 02, 2014 at 01:56 PM

» 0.5ミリ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
この世界は、人生のモザイク。 流浪の押しかけヘルパー、山岸サワの人生の冒険を描く、上映時間実に197分に及ぶ大長編。 監督・脚本は安藤桃子、主演は妹の安藤サクラ、父親の奥田瑛二がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、劇中に出てくる美味しそうな料理の数々は母親の安藤和津が担当と、安藤家総動員のファミリー・ムービーでもある。 はたして「0.5ミリ」という奇妙なタイトルの意味するところは...... [Read More]

Tracked on December 02, 2014 at 09:49 PM

« 砂町銀座へ | Main | 山手線を半周して »