« 浦和ご近所探索 鰻 | Main | 熟れたゴーヤ »

August 21, 2014

『友よ、さらばと言おう』 ノワール的アクション

Photo
Mea Culpa(viewing film)

元刑事のシモン(ヴァンサン・ランドン)がマフィアに息子の命を狙われ、復讐を決意する。勝手知ったるトゥーロン警察の武器庫から拳銃を盗み出し、外へ出ると車が1台、闇のなかに停まっている。運転席にいるのは元相棒の刑事フランク(ジル・ルルーシュ)。彼は言葉少なにシモンに言う。「お前ひとりでは無理だ」。まるで、耐えに耐えた末に殴り込みに出かける高倉健に、ドスを持った池辺良が無言ですっと寄り添う東映任侠映画のようなシーン。二人の横顔を陰影深くアップで捉えた映像に、かつての東映ファンはぞくぞくしてしまう。

東映任侠映画は様式美の世界だったけど、そこにアクションとスピードを持ち込んだのは『仁義なき戦い』の深作欣二だった。ジョゼ・ジョバンニに代表されるかつてのフレンチ・ノワールも派手なアクションは少なく、主人公の熱い情動をじっくり追うタイプの映画が多かった(もう一方にメルヴィルのクールで寡黙なノワールもあったけど)。

最近のオリヴィエ・マルシャル監督の『友よ、静かに死ね』など一連の映画はそんなフレンチ・ノワール正統派、心情の映画の伝統を継いでいる。似たようなタイトルだけど、『友よ、さらばと言おう(原題:Mea Culpa)』は深作欣二がやったようにフレンチ・ノワールにアクションとスピードを持ち込んだ。

シモンと、現役刑事でありながらシモンとともに行動するフランクの友情、そして二人に秘められた過去は、短いけれど陰影に富んだショットで描かれる。必要以上に長い心情描写をせず、すばやい場面転換とアクションに乗せられて、最後まで見てしまう。『CSI』などアメリカの警察ものテレビ映画の感触に近い。

この映画の原題「Mea Culpa」はラテン語で「わが罪」という意味だそうだ。エディット・ピアフが同名の曲を歌っているからフランス人にはなじみがあり、ある種の宗教的な感情を引き起こす言葉なんだろう。ここでもフランクのシモンに対する倫理的な罪が、ふたりの現在に影を投げかけている。だからこそ、フランクは現役の刑事でありながらシモンの個人的復讐に加担する。

もっとも、「わが罪」にしても「えーっ」と思うような設定だし、オートバイと子供の追いかけっこや、TGVの線路上での殴り合いとか、後で考えると無理筋が目につく。でも見ている間はそれを意識させないだけのスピード感が、フレッド・カヴェイエ監督の持ち味なんだろう。新作ではハリウッドへ進出するらしい。デビュー作『すべて彼女のために』はハリウッドでポール・ハギス監督が『スリーデイズ』にリメイクしたけれど、ポール・ハギスのような優れた脚本家に巡り合えば面白い映画をつくるんじゃないかな。楽しみだ


|

« 浦和ご近所探索 鰻 | Main | 熟れたゴーヤ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/60170906

Listed below are links to weblogs that reference 『友よ、さらばと言おう』 ノワール的アクション:

» 『友よ、さらばと言おう』 [ラムの大通り]
(原題:Mea Culpa) ----このタイトル、 ニャんだか、歌謡曲にあったような。 あれ?それともフランス映画だったかな? 「おおっ。 いい線、ついているね。 森田健作の歌に『さらば涙と言おう』というのがあったし、 アラン・ドロン=チャールズ・ブロンソンの映画には ...... [Read More]

Tracked on August 21, 2014 at 11:36 PM

» 友よ、さらばと言おう [映画的・絵画的・音楽的]
 『友よ、さらばと言おう』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)これは、『クイーン・オブ・ベルサイユ』を見ようとして映画館に行ったものの、公開直後の休日のためか上映1時間前ですでに立ち見席のために諦めて、代わりの映画として見たものです。  本作(注1)の舞台は...... [Read More]

Tracked on August 27, 2014 at 08:39 PM

« 浦和ご近所探索 鰻 | Main | 熟れたゴーヤ »