« 『グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃』を読む | Main | 万座の森 »

July 18, 2014

一年ぶりの万座温泉

1407141w
visiting Manza Spa

一年ぶりに万座温泉にやってきた。

家人のリハビリのためで、散歩する以外は日に三度、温泉につかり、ごろりと横になってひたすら小説を読む。今回持ってきたのは桐野夏生『優しいおとな』、藤沢周平『義民が駆ける』、吉田修一『横道世之介』。三人のはたいてい読んでいるけど、読み落としていたもの。うーん、快楽ってこういうことなんだろうなという四日間。

1407142w

深夜、露天風呂につかる。白濁した硫黄泉につかり闇につつまれていると、心がゆるゆるとほぐれていくのがわかる。

1407143w

歩いて30ほど、万座峠まで散歩。この日は晴れ、俄か雨の予報で、雲が次々に湧いてくる。

1407144w


|

« 『グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃』を読む | Main | 万座の森 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/60003791

Listed below are links to weblogs that reference 一年ぶりの万座温泉:

« 『グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃』を読む | Main | 万座の森 »