« 浦和ご近所探索 台湾茶芸 | Main | 「戦後日本住宅伝説」展 »

July 24, 2014

『複製された男』 グレーの快感

Enemy
Enemy(viewing film)

『複製された男(原題:Enemy)』の冒頭、“Chaos is order yet undeciphered.(カオスとは未解読の秩序である)”という言葉が映し出される。見終わってみると、確かにその通りだと思う。カオスそのもののような映画。見る者はカオスを解読することを強いられるけれど、一本道の明快な解読ができるわけではない。解読しようとした末に、再びカオスのなかに放り出される。それが映画的快感になる。

大学の歴史教師アダム(ジェイク・ギレンホール)が映画のなかで自分そっくりな役者を発見し、その男が何者なのかに執着して、彼を探し始める。その男がアンソニー(ジェイクの二役)という役者であることをつきとめ、ホテルの一室で会うことになる。二人は声や顔がまったく同じであるばかりでなく、成人後にできた体の傷まで一緒であることに衝撃を受ける。アンソニーは、アダムと入れ替わってアダムの恋人メアリー(メラニー・ロラン)と一夜を共にすることをアダムに強要する。アンソニーの求めに屈したアダムは、アンソニーの妊娠中の妻ヘレン(サラ・ガドン)がいる彼のマンションを訪れる……(映画の最後になってほのめかされるが、実はこの二人が実在する本来のカップルかもしれない)。

映画の原題はEnemyだが、アダムにとってもアンソニーにとっても、敵とは自分とまったく同じ「もうひとりの自分」だ。自分と自分が敵対する物語。だからこれは全体がアダム(あるいはアンソニー)の脳内で語られた物語であるかもしれない。英語版のポスターはそれをビジュアル化しているとも取れる。ドッペルゲンガーものは小説でも映画でも数多いけど、これは古典的な謎解きや解釈を求めていないようなつくりに感じられる。とはいいつつ……。

心理的に自分が自分に敵対するのは、存在がなんらかの不安に苛まれている場合だろう。現実の自分を、心のなかの自分が受け入れがたい状況。それを暗示する、いくつかの鍵が散りばめられている。アダムは大学で教えているけれど、日本でいえば非常勤講師のように見え、そのことに満足しているようには見えない。アンソニーもまた妻が妊娠したこと、子供(ここにも、もうひとりの自分)ができることを喜んでいるようには見えない。またそのことで性的不満があるのか、怪しげな秘密クラブに出入りしている。

そうした不安を強調するように、映画のなかで何度か蜘蛛が出てくる。一度目は秘密クラブで、セクシーな女が運んできた皿の蓋をあけると、そこに蜘蛛がいる。女の赤いハイヒールが、それを踏みつぶそうとする。二度目は唐突に、ゴジラかモスラのように巨大な蜘蛛が都会の高層ビル群を踏みしだくショットが挿入される。さらに……。

もっとも、蜘蛛をアダムあるいはアンソニーが抱える不安の象徴などと解釈するのは野暮というもの。蜘蛛は蜘蛛である。そのいきなりの出現にぎょっとさせられ、揺さぶられればそれでいい。

蜘蛛以上に魅力的なのは、映画の舞台である都市そのものの風景だ。カナダのトロントで撮影されているらしいけど、オンタリオ湖を望む高層ビルの遠景や直線的なデザインの高層アパート群、NYや東京に比べれば人けの少ない街路の風景、脳内の神経のようにも見える市電の電線などが、グレーを基調とした単色の映像で捉えられている。どうやら撮影後にデジタルで色彩調整されているようだ。上のポスターにも再現されている、蜘蛛が高層ビルの間にいるショットなどを見ると、映画の主役は都市そのものかもしれないとも思う。

グレー基調の画面にふさわしく、タッチはクールそのもの。弦楽による音楽が導入部でサスペンスを盛り上げるが、後半になるとむしろ無音か、都市のかすかな騒音のみになってくる。それがまた快感だ。

クールなサスペンス、性的なものへのこだわり、不条理好み。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は同じカナダ出身のデヴィッド・クローネンバーグに通ずる資質をもっているみたい。この映画の後、ハリウッドに呼ばれて『プリズナーズ』をつくった(日本では公開が逆になったが)。これからも目が離せない。楽しみがまた増えた。

|

« 浦和ご近所探索 台湾茶芸 | Main | 「戦後日本住宅伝説」展 »

Comments

実は『プリズナーズ』ってそんなにハマれなかったんですよね。こちらの方が断然好みです。
『しゃくたま』に似てるからなんだろうとは思うけど。

蜘蛛がわかんない、っていう方が多いようですけど、私はそんなに気にはならなかったです。
あれはあれとして、象徴なんですよね。自分の心の。びっくりはしましたけど(笑)ああいうどす黒さが人にはあるっていう象徴ですよね。

Posted by: rose_chocolat | July 30, 2014 at 07:38 AM

僕はハリウッドのミステリーやフィルム・ノワール大好きなので、『プリズナーズ』はそういうものとして、とても良くできてると思いました。ハリウッド映画ですから因果関係や謎解きはきっちりしてますが、説明しすぎないタッチの繊細さはヴィルヌーヴならでは。もちろんroseさんのおっしゃることは、よく分かります。

Posted by: | July 30, 2014 at 03:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/60032189

Listed below are links to weblogs that reference 『複製された男』 グレーの快感:

» 複製された男/ENEMY [我想一個人映画美的女人blog]
世の中には自分によく似た人間が、3人いる。なんて話があるけれどーーー。 「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作。 ノーベル賞作家、故、ジョゼ・サラマーゴの小説「複製された男」を映画化したミステリー...... [Read More]

Tracked on July 24, 2014 at 11:11 PM

» 『複製された男』 (2013) [相木悟の映画評]
観る者を惑わす不可思議ワールドを堪能せよ! 観ている間は、「?」の蓄積に脳はフル回転。観終わった直後に、ついもう一回観直したくなることうけあいの魅惑の一本であった。 本作は、『灼熱の魂』(10)で世界的な評価を得て、ハリウッド進出作『プリズナーズ』(...... [Read More]

Tracked on July 24, 2014 at 11:47 PM

» 複製された男 [風に吹かれて]
疑問符で当然? 公式サイト http://fukusei-movie.com 原作: 複製された男 (ジョゼ・サラマーゴ著/彩流社)監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱も魂」 「プリズナーズ」 大学 [Read More]

Tracked on July 25, 2014 at 05:37 PM

» 映画:複製された男 Enemy  原作ものを映画化する場合に陥るワナ [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
期待していた一作。 というのは監督が、かなりポイント高い「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ。 そして「プリズナーズ」に続き、ジェイク・ギレンホール主演。 ところが... 物語の基本プロットである、 自分とそっくりの人物登場で陥るワナ(写真...... [Read More]

Tracked on July 25, 2014 at 06:05 PM

» 「複製された男」 [ここなつ映画レビュー]
「映画祭」などで上映されるべき作品。だと思う。「灼熱の魂」「プリズナーズ」などで私のハートを揺さぶった(表現古し)ドゥニ・ビルヌーブ監督作品なので、いやが上にも期待が膨らむ。そして出演作にハズレのないジェイク・ギレンホールが主演だし、大好きな女優メラニー・ロランも出ているのに…途中不覚にも寝落ちしそうになってしまった。すみませんが。やぁっぱ、ノーベル文学賞受賞作家の作品が原作じゃあ難しっかぁ…とかいう問題ではなく、うん、問題ではないよ。前衛的なはずなのにこの圧倒的な既視感。何故なんでしょうか?アグレ... [Read More]

Tracked on July 25, 2014 at 07:10 PM

» 『複製された男』 (2013) / カナダ・スペイン [Nice One!! @goo]
原題: Enemy 監督: ドゥニ・ビルヌーブ 出演: ジェイク・ギレンホール 、メラニー・ロラン 、サラ・ガドン 、イザベラ・ロッセリーニ 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映...... [Read More]

Tracked on July 30, 2014 at 07:34 AM

» 『複製された男(Enemy)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ジェイク・ギレンホール、サラ・ガドン、メラニー・ロラン、イザベラ・ロッセリーニ [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『複製された男』Enemy監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ原作 : ジョゼ・サラマーゴ(原題 : The Double)ジェイク・ギレンホール、サラ・ガドンメラニー・ロラン、イザベラ・ロッセリーニ物語・ [Read More]

Tracked on August 04, 2014 at 12:20 AM

» 「複製された男」:驚愕のラスト!世紀の怪作! [大江戸時夫の東京温度]
(多少のネタバレあり) 映画『複製された男』のラストには、心底驚きました。あまり [Read More]

Tracked on August 09, 2014 at 10:59 PM

» 複製された男 [映画的・絵画的・音楽的]
 『複製された男』を新宿シネマカリテで見ました。 (1)『プリズナーズ』に出演したジェイク・ギレンホールの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はカナダのトロント。  主人公・アダム(ジェイク・ギレンホール)は、大学で古代ローマ帝...... [Read More]

Tracked on August 11, 2014 at 06:24 AM

» 「複製された男」 うーむ、歯が立ちません [はらやんの映画徒然草]
最近まで公開していた「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督作品。 この監督の作 [Read More]

Tracked on August 14, 2014 at 10:41 PM

« 浦和ご近所探索 台湾茶芸 | Main | 「戦後日本住宅伝説」展 »